【11/15-29】シックハウス・化学物質過敏症周辺ニュースまとめ

LINEで送る
Pocket

11月に報道されたシックハウス症候群・化学物質過敏症についての小さなニュースを集めました。土壁、畳、漆喰、有機・無農薬野菜についてです。

スポンサーリンク

【11/15中日 11/27西日本】土壁について

中日新聞:飛騨の左官の技術 作品でPR:岐阜(CHUNICHI Web)(リンク切れ)

  飛騨の左官組合が「手間やコストが掛かり、新しい建築様式に押されて左官による土壁の家が少なくなる中、作品を通じて伝統の技術をPRしている」というニュースです。

「土壁は天然素材のためシックハウス症候群などに悩む人たちから注文が入るが、コストが掛かり、市場は縮小して」います。しかし、「技能講習会を開き、伝統技術を確かめるとともに新しい試みに挑戦」しているそうです。

木造の価値見直そう 鹿島市で民家フォーラム / 西日本新聞

 「第15回民家フォーラム2012 in 佐賀」において、「木造の価値を見直すことをテーマに、初日は有識者による講演や意見交換」が行われました。

『土壁について「塗り直せば半永久的に再利用することができる」と省資源の観点から木造の価値を強調。またシックハウス症候群にも言及し、「化学建材が多く使われるようになったことと関係している」と指摘した』と書かれています。

【11/15 信州】漆喰について

街かどExpress 有限会社 近藤材木店(飯田市) | トピックス | 信州・長野県のイベント観光情報や話題が満載!信州Liveonはてなブックマーク - 街かどExpress 有限会社 近藤材木店(飯田市) | トピックス | 信州・長野県のイベント観光情報や話題が満載!信州Liveon

  「瀬戸漆喰は、広島産のカキ殻から抽出したカルシウムを配合した天然素材の漆喰。強度と調湿性・通気性に優れ、カビを防ぐ効果、シックハウスの原因物質を吸着する効果なども備えて」いるとのことです。

【11/23 毎日】畳について

畳:進化! 縁なし、樹脂素材で人気- 毎日jp(毎日新聞)(リンク切れ)

 

 

「イグサは吸湿力が高く、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどを吸着する効果がある一方、毛羽立ちやダニ、カビの発生が気になる」と書かれています。

それでフチ無しの畳やカラー畳、「ダニがすんだり産卵したりする心配がない」化学素材の畳が紹介されていますが、化学物質過敏症の人には本末転倒に思えます。

【11/24 東京】無農薬・有機栽培について

東京新聞:2012衆院選ちば TPP、有機農家の不安 健康、守れるかどうか:千葉(TOKYO Web)東京新聞:2012衆院選ちば TPP、有機農家の不安 健康、守れるかどうか:千葉(TOKYO Web)はてなブックマーク - 東京新聞:2012衆院選ちば TPP、有機農家の不安 健康、守れるかどうか:千葉(TOKYO Web)(リンク切れ)

 

 

八街市で園山農園を営む有機農家の園山満也さんが、「化学物質を避けた食べ物を提供する使命感」によって、「完全無農薬、有機栽培」に携わっていることが書かれています。「家族が化学物質過敏症になったという友人の元に、米と野菜を届けている」そうです。

しかし環太平洋連携協定(TPP)の参加問題について、「作物の輸出では収穫後に大量の農薬をまく。米国では日本の四倍近くもの種類の食品添加物の使用が認められている」「TPPで無条件に(外国作物が)入ってくるのは健康上、危ない」と懸念されています。

【11/29 ゲンダイ】書籍の紹介

「住宅による健康被害で特に問題なのが、シックハウス症候群だ。建材に含まれる化学物質によって、呼吸器疾患やめまいなどが表れる」として、「住む人の健康を第一に考えた、安心・安全な住宅造りを考えていく」住む人が健康になる「本物の家」の建て方 (小学館101新書)が紹介されています。

アマゾンで非常に評判が高く、わたしも興味を惹かれました。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク