【11/27】揺るがなかった信念ー脳脊髄液減少症の医者たち

LINEで送る
Pocket

今、脳脊髄液減少症は学会で標準で扱われたり、厚生労働省から通達が出されたりするまでになり、社会的に認められるようになりました。

その根底には、「暴論」と非難されても「実際に治療を経験しさえすれば、この病気のことを必ず分かってもらえる」と揺るがなかった少数の医者たちの信念があったことが書かれています。

Cafe:揺るがなかった信念- 毎日jp(毎日新聞)

類似している病気である慢性疲労症候群(CFS)は、脳脊髄液減少症のように裁判にならないからか、なかなか注目されることがありませんが、脳脊髄液減少症の医師と患者の姿勢には見倣うべきものが多くあると感じます。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク