目標を定めるーCFSのもとでも生き生きと過ごすために(上)

LINEで送る
Pocket

130104目標「目指す港を知らぬ者にとっては、いかなる風も順風になりえない」。

そう述べたのはローマの哲学者ルキウス・アンナエウス・セネカです。

年の始めのこの時期になると、「一年の計は元旦にあり」の言葉通り、各所で、目標を持とう!という主旨の記事が更新されます。必ずしも年の始めにこだわらなくても良いはずですが、やはり分かりやすい区切りの時期であることは確かです。

しかしながら、慢性疲労症候群をはじめ、重い病気を抱える人にとっては、目標を持つことは難しく思えるかもしれません。時間と体力を割いて目標を定めておくことには本当に価値があるでしょうか。少し考えてみました。

スポンサーリンク

なぜ目標を定めるのが難しい

困難な病気を抱える人にとって、目標を持つのが難しく思える理由はたくさんあります。

例えば、一日一日、生き抜くだけでも重労働なので、先のことなど考えられないように思えるかもしれません。また、元気なころの自分や、周りの同世代の友人と比べてしまって、できることがあまりにも少なくて気落ちしてしまうかもしれません。

特に、慢性疲労症候群(CFS)の症状は、しばしば老化と比較されます。書籍脳と疲労 ―慢性疲労とそのメカニズム には「慢性疲労症候群でよく見られる症状は加齢現象と大部分が重複しています」と書かれています。

年齢を重ねて、生活のペースを落とさざるを得なくなった人にとって、過去を振り返らず未来に目を向けるのは容易ではありません。同じように、CFSのもとで目標を定めて生き生きと生活するのは簡単ではありません。それでも目標を持つことには意味があるのでしょうか。

CFSのもとでも目標を持つべきか

CFSを患う方の中には病気になって、今まで抱いていた目標をあきらめざるを得なくなった、と感じる人もいることでしょう。だれでも、山のような障害に直面すると、圧倒されて悲観的になってしまうものです。しかし、有名なマイケル・ジョーダンはこう言いました。

「壁にぶち当たっても止まる必要は無い。振り向かず、あきらめるな。その壁を登る方法を考えるか、潜り抜けるか、迂回する方法を探し出せ」。

障害があるならそれを分析し、工夫して乗り越えればいいという考えです。

たとえば、突然の雪で路面が凍結したとき、それまでどおり走り続けるのは危険です。けれども目的地へ進むのをあきらめる必要はありません。タイヤをスタッドレスに交換したり、ほかのルートを探したりして工夫すれば、なお目的地へと進み続けることができます。

同じように、わたしは、CFSになったからといって目標をあきらめる必要はないと思っています。去年、ブログ名の由来について書いたとおり、CFSのもとでもできることはいろいろあると考えているからです。

「病気の今からはじめる」という考え方―ブログ名の由来

それに、もし目標を控えめに制限するなら、思わぬ害が生じてしまうかもしれません。社会心理学でいうところの、自己成就予言となってしまう可能性があります。

自己成就予言とは、例えば、40を過ぎたらもう脳は衰えていくばかりだ、という思い込みが、頭脳活動を敬遠する行動につながり、実際に脳が衰えていくというような現象です。しかし本当は脳は死ぬまで5-10%しか衰えないのだそうです。

慢性疲労症候群(CFS)だから自分にはできない、と決め込んでしまうと、それが自己成就予言となり、実際に自分の可能性の幅を狭めてしまうかもしれません。ですから、目標を持つことは、病気に対処するためにも、病気を悪化させないためにも大切だと言えます。

CFSのもとでも目標を達成できるのか

それにしても、目標を立てたところで、CFSのもとでもそれを達成できるのでしょうか。工夫すればよいとは言っても、現実的に考えるなら、とても達成できない、と思えるかもしれません。

しかし、興味深いことに、人間を含め、自然界の生きものには、自分で考える以上の適応能力が備わっていることが知られています。

例えば最近、国際宇宙ステーション(ISS)に送られたシロイヌナズナについて興味深いニュースがありました。これまで植物の根の成長には重力が不可欠だと思われていましたが、シロイヌナズナは宇宙空間でも問題なく成長したそうです。

ニュース - 科学&宇宙 - 無重力下の植物、根の成長は地上と同じ(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

フロリダ大学の植物遺伝学者アンナ・リサ・ポールは「要するに、植物は自分が新規な環境に置かれたことを“知って”いても、問題なく成長できるということだ」と述べています。

もちろん人間の場合も例外ではありません。NASAの教育者であり、宇宙飛行士でもあるドッティー・メトカーフ-リンデンバーグに関連してこのように書かれています。

宇宙環境に対する身体・脳の順応 NASA | レスポンス

人は初めて宇宙空間に身を置いた時、体の軽さを感じると共に、体の中の水分が頭に向かって移動するのを感じる。これは勿論、普通の地上生活で感じることはできない現象である。

…しかし1日もすると、脳が新しい環境を受け入れ始め、普段の感覚に戻るという驚くべき順応力を発揮する。

 

宇宙に行くというのは、もっとも普通でない環境、日常にありえないような過酷な環境に置かれるということです。それでも、自然界の生物は、常識を覆す適応能力を発揮できるのです。

それにしてもなぜ人間はそれほどの適応力を発揮できるのでしょうか。神経科学史における偉業のひとつは、人間の脳には生涯を通して成長しつづける能力、つまり可塑性があると分かったことです。

心の視力―脳神経科医と失われた知覚の世界の著者であるコロンビア大学の神経学者オリヴァー・サックスは脳の可塑性についてこう述べました。

 

視力を失うと触覚や聴覚が発達する不思議――自身も右目を失明したオリヴァー・サックス医師が語る、人間の脳の驚くべき能力|World Voiceプレミアム|ダイヤモンド・オンライン

「まず、再構成する能力があるということです。今あなたが目隠しをされると、90分以内に触感が向上します。解剖学的には何の変化もありませんが、生理学的には変化しているのです。それを続けていると、ニューロンが回線を変えるのです。かなり高度なレベルまで回線を変えます」。

何らかの障害を負っても、脳にはそれを補い、問題なく成長するだけの柔軟性があることがわかります。たとえば、目や耳が損なわれた人は、脳の別の領域がその機能を代替するそうです。

慢性疲労症候群も脳機能の障害と言われていますが、その障害は可逆のもので、回復しうるとされています。慢性疲労症候群(CFS)に効果があるとされる認知行動療法(CBT)は脳の可塑性を引き出す手段のひとつです。

英国の教育者トニー・ブザンが言うには、脳は目標を立てると、無意識の内にも、実現へと向かって働き続けるそうです。時間はかかるかもしれませんが、CFSのような重い病気でも目標を達成することは可能だ、という希望がもてます。慢性疲労症候群(CFS)だからといって目標をあきらめる必要はないのです。

もちろん、目標を立てるにしても、どんな目標でも良いというわけではありません。自分の能力や置かれた状況を分析し、現実的な目標を立てる必要があります。

そうした目標をどのようにして定めることができるでしょうか。後半の記事では、最近読んだ他のブロガーの方たちのエントリから、目標を定める具体的なヒントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク