脚以外もむずむずする「レストレスレッグス症候群」とは?(上)7つの症状とその原因

LINEで送る
Pocket

をはじめ、全身のさまざまな部分に、次のような形容しがたい不快感を感じることがありますか?

むずむずする:じっとしていられない、足踏みしていたい、虫が張っているような感じ
かゆい:手を入れてかき回したい、引きつっている、電流が流れている
痛い:うずく、ズキズキする、足を切ってしまいたい
熱い:ほてる、ちりちりする、泡立っている

これらはむずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群:RLS)の患者が口にする表現の一部に過ぎません。その不快感は非常に言葉で言い表しにくいのです。

はてなブックマーク - 寝ている時に体が「ビクッ」となるのは疲れているサイン : ライフハッカー[日本版]むずむず脚症候群の人の中には、慢性的な疲労感や、痛みを感じる人もいます。それらは慢性疲労症候群や線維筋痛症と関連していることもあります。

このエントリでは二冊の専門書から情報をまとめています。脚がむずむずしたら読む本―眠れない…イライラする…からの引用の場合、ページ数は黒字、むずむず脚のカラクリ-ウィリス・エクボム病の登場からの引用の場合はページ数は赤字で記しています。

前半ではレストレスレッグス症候群の症状や原因をとりあげます。治療法が先に知りたいという方は後半の記事へどうぞ。

スポンサーリンク

むずむず脚症候群とは

一般にむずむず脚症候群として知られていこの病気は、正式にはレストレスレッグス症候群(RLS)、または下肢静止不能症候群と呼ばれています。レストレスレッグスとは「落ち着かない」「脚」という意味です。

むずむず脚症候群というと、それほど深刻な病気には聞こえませんが、生活の質(QOL:Quality Of Life)は糖尿病と同じ程度まで低くなるとされています。

日本では200万人以上の患者がいるとされていて、決してまれな病気ではなく、多くの人の生活の質を低下させていることが明らかになっています。

むずむず脚症候群は、決して最近提唱された病気ではありません。文献をたどると、次のように研究の歴史をさかのぼれます。(P124)

1658年:イギリスのウィリス博士が4大症状と貧血を指摘
1923年:ドイツのオッペンハイム博士が遺伝性を指摘
1945年:スウェーデンのエクボム博士がレストレスレッグス症候群と名づける
1960年代後半:腎透析の導入とともに日本で注目されはじめる

レストレスレッグスは歴史の浅い、単なる不定愁訴ではないのです。

アメリカでは、レストレスレッグス症候群という病名では、程度が軽いように思え、誤解を招くとして、患者団体と専門家たちの協力により、2011年9月、発見者たちの名にちなんでウィリス・エクボム病という新しい病名変更されることが発表されました。 (p22)

この独特な病気には、どんな症状が表れるのでしょうか。

レストレスレッグス症候群の症状

レストレスレッグス症候群には次の四大症状が必ず見られます。(P7-9)

1.独特の不快感

記事の冒頭で取り上げたようなさまざまな不快感が表れます。この症状は次のような点で独特です。

第一に、不快感を感じるのは、体の表面ではなく内部・あるいは深部です。つまり手で触れられないところです。もし体の表面に不快感を感じているなら、それはRLSではなく神経障害や皮膚の病気です。(p146,148)

第二に、非常に重要なこととして、レストレスレッグスという名前がついているものの、不快感を感じる場所は脚だけではありません

ふくらはぎ>太もも>足首>全身さまざま という順で症状の頻度が高く、全身さまざまの不快感を訴える人は10%ほどです。中には、顔の不快感が主体という人もいます。しかし最初に症状が現れるのはほとんどの場合脚からで、その後他の場所へと広がるようです。

第三に、独特の不快感の中心は、じっとしていられない、“運動促迫”と呼ばれる症状です。疲れているのに休めなかったり、集中して座っていられなかったりします。

2.安静時に症状が出る

症状はいつもひどいわけではありません。じっと立っているとき、イスに座っているとき、ベッドに寝ているときなど、安静時にひどくなります。だからこそ、休みたいときに休めず、生活の質(QOL)に深刻な影響が及ぶのです。(P24)

もしも、安静時だけでなく、常に症状が出ているとしたら、それはRLSではなく、ヘルニアなどで神経が圧迫されている可能性があります。(p145)

3.動かす、叩く、マッサージなどで軽くなる

二番目の点とは逆に、動いていると症状は和らぎます。休みたいのに不快感のためにじっとしていられず、動きまわるしかないので、疲労がたまるいっぽうです。(P24)

4.夕方から夜に悪化する

原因と考えられているドーパミンの日内変動や深部体温の低下により、夜になると症状が悪化する傾向があります。これもまた眠れないという苦痛につながります。(P26)

以上がレストレスレッグス症候群の四大症状です。そのほかにも、人によって次のような症状が現れることがあります。

5.周期性四肢運動障害(PLM)

睡眠中、本人が気づいていない間に、周期的に足の指がそりかえって開いたり、膝や股関節が折れ曲がったりします。結果として深い眠りが妨げられます。レストレスレッグス症候群の80%に合併するそうです。(P29)

疲れているときに足がビクンと動くジャーキング現象が非常に極端になった状態といえるかもしれません。

6.季節変動

起立性調節障害(OD)と同じ理由、つまり血管が拡張するために、夏に悪化することがあります。(P35)

7.他の病気の合併

心血管疾患やうつを合併することがあります。

多くの研究が一致して示すところによれば、むずむず脚症候群の人は、脳梗塞や心筋梗塞などの心血管疾患になるリスクが2倍以上の確率になります。理由ははっきりわかっていませんが、夜間に交感神経が興奮して睡眠の質が悪くなるからかもしれません。(p198)

また、睡眠が取れず疲労がたまり、うつなどの精神神経症状を合併する人もいます。しかしうつ病や統合失調症に用いられる薬で症状が悪化することがあるので注意が必要です。(P50,108)

薬の副作用によって起こる脚がむずむずする感覚は、「アカシジア」と呼ばれており、レストレスレッグス症候群とは別のものです。どちらかというと、アカシジアのむずむず感は上半身に多い傾向があるそうです。アカシジアが生じている場合は薬の処方の見直しが必要です。(p150)

レストレスレッグス症候群のメカニズム

むずむず脚症候群の不快感はなぜ生じるのでしょうか。

確かなメカニズムはまだわかっていませんが脳のA11領域にあるドーパミン神経に異常が生じている可能性があります。A11領域は不快刺激(不必要な刺激)や脊髄の周期的な刺激をブロックする場所です。

本来、鉄分がドーパミン合成を助け、ドーパミンがA11領域の働きを助け、不必要な刺激が認識されなくなります。ところが、その過程がうまくいっていないことから、鉄分やドーパミンが不足しているのではないかと考えられます。

ドーパミンが関係しているという点で、レストレスレッグス症候群とパーキンソン病は似ています。しかし、レストレスレッグス症候群ではドーパミン神経細胞が減らないことから、直接関係のある病気ではないと考えられています。(P48,52-56)

また鉄分が不足しているといっても、鉄が不足するメカニズムにもいろいろあります。妊娠などで鉄が不足してむずむず脚症候群になる人もいれば、摂取した鉄を脳に運搬する機能が弱いために、鉄分を十分摂取していてもむずむず脚症候群になる人がいます。

レストレスレッグス症候群の2つのタイプ

レストレスレッグス症候群には二つのタイプがあり、原因が異なります。(P45-47)

特発性(一次性)のタイプ

大規模なゲノム研究により、レストレスレッグス症候群に関係する遺伝子が多数見つかっています。遺伝が関係している場合、家族に複数の患者がいることもしばしばです。

このタイプは遺伝により、鉄運搬機能の障害があり、比較的若くして発症します。子どもの場合は独特な症状を言葉にできず、他の病気と間違われることがあります。

またADHDとの関わりが深く、いま、小児科医に必要な実践臨床小児睡眠医学によると、ADHDの約4割がレストレスレッグス症候群(PLM)を併存していて、約6割が周期性四肢運動障害(PLM)を併発しているといいます。逆にレストレスレッグス症候群と診断された人の約3割がADHDとも診断されるそうです。

ADHDの不器用さに関係する遺伝子を調べたところ、レストレスレッグス症候群との関係が深い遺伝子であるMAP2K5の多型が見つかっているそうです。(p86-87)

ただし、ADHDの治療をしてもむずむず脚には効果がありません。逆にむずむず脚の治療をすると、ADHDの多動と思われていた症状が和らぐ場合があります。

続発性(二次性)のタイプ

このタイプは別の病気の影響で発症します。45歳以降に多いタイプです。腰痛や鉄欠乏、腎不全による透析療法、パーキンソン病に伴うことが知られています。妊婦の場合も、脊髄圧迫による腰痛や鉄欠乏が生じるので、10%にレストレスレッグスが発症します。

前述のように、薬の副作用として生じるタイプは「アカシジア」と呼ばれます。SSRIなどの抗うつ薬や、ドーパミン阻害薬、吐き気止め、抗ヒスタミン薬で発症することがあるようです。

パーキンソン病にともなうむずむず脚症候群は、パーキンソン病の病理と直接関係しているわけではなく、後述するパーキンソン病の薬の副作用「オーグメンテーション」により、ドーパミン受容体が減少してしまうために起こると考えられています。(p183)

単に脚がむずむずするだけではない

ここまで、レストレスレッグス症候群のおもな症状やメカニズムを見てきました。レストレスレッグス症候群は、「むずむず脚」という名前では表現できないほど生活の質に影響する厄介な病気であり、脳の複雑な機能異常が関係しています。

後半のエントリでは、むずむず脚症候群の検査法や治療法、そして気になる慢性疲労や慢性疼痛との関係について書きたいと思います。

small脚以外もむずむずする「レストレスレッグス症候群」とは?(下)検査法と薬物治療、痛みや疲労との関係| いつも空が見えるから はてなブックマーク - 脚以外もむずむずする「レストレスレッグス症候群」にどう対処するか(下)| いつも空が見えるから

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク