【4/9】慢性疲労症候群とはどんな病気か

LINEで送る
Pocket

性疲労症候群(CFS)とはどんな病気なのか、複数の専門家と患者の話から説明するニュースがありました。

東京新聞:原因不明の発熱、脱力感が続く 働き盛りに多発 慢性疲労症候群:健康(TOKYO Web)はてなブックマーク - 東京新聞:原因不明の発熱、脱力感が続く 働き盛りに多発 慢性疲労症候群:健康(TOKYO Web)

 

つなごう医療 中日メディカルサイト | 原因不明の発熱、脱力感が続く 慢性疲労症候群

スポンサーリンク

症状:

ある日突然、全身の倦怠(けんたい)感に襲われ、疲労や微熱が続く。働き盛りの二十代~四十代で発症する例が多い。激しいだるさや脱力感、微熱が続き、筋肉や関節が痛むだけでなく、不眠や思考力、集中力の低下などの症状もある。

ex)東京都内の女性。

三九度の熱が出て以来、頭がボーッとして会話の内容が理解できなくなり、少し動くだけで息切れし、次第に鍋がつかめないほどになった。シングルマザーだが、ほとんど寝たきりで、移動には電動車いすを使い、子どもたちが身の回りの世話をしている。

治療:

病気を知らなかったり、認めなかったりする医師もいて、「(CFSとは)診断できない。処置できない」といわれることも。

患者の血液を調べると、何らかのウイルスが見つかることがある。血液中の活性酸素が通常より高いことが特徴で、活性酸素を減らす薬を出すこともある。 漢方薬やマッサージで少し楽なることもある。

専門家の話:

関西福祉科学大教授の倉恒弘彦先生

倉恒 弘彦 教授・保健室長(学校医) | 教員紹介 | 健康科学科 | 関西福祉科学大学はてなブックマーク - 倉恒 弘彦 教授・保健室長(学校医) | 教員紹介 | 健康科学科 | 関西福祉科学大学

CFSの患者は働き盛りの二十代~四十代に多く、女性の割合が高い

疲れを感じたら休息し、それでも改善しなければ、まずは専門医に相談を

 

池袋内科の井上幹紀親先生

池袋内科 線維筋痛症外来はてなブックマーク - 池袋内科 線維筋痛症外来

うつ病との区別が難しく、病院を渡り歩く患者も多い

 

関町内科クリニックの申偉秀(@wshin77)先生

練馬区医師会はてなブックマーク - 練馬区医師会

病名の『疲労』という言葉は実態を正しく表していない。誤解を与え、社会保障を受けられない一因になっているのでは

重症者には、優先的に福祉サービスを受けられるようにしてほしい

慢性疲労症候群(CFS)を診ている病院について詳しくは以下の記事もご覧ください。

small慢性疲労症候群(CFS)を診察できる病院を探すならはてなブックマーク - 慢性疲労症候群(CFS)を診察できる病院を探すなら
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク