【4/8】アスタキサンチン+亜鉛で睡眠が改善

LINEで送る
Pocket

スタキサンチンと亜鉛を同時に摂取すると睡眠が改善されるという研究結果が報道されていました。「アスタキサンチンと亜鉛が、視床下部や脳幹など、脳内の睡眠をつかさどる領域に何らかの作用をしている結果ではないか」と考えられています。

富士フイルム、「アスタキサンチン」と「亜鉛」の摂取による睡眠改善効果を確認│日経プレスリリースはてなブックマーク - 日経プレスリリース
▼関連ニュース

「アスタキサンチン」と「亜鉛」の摂取による睡眠改善効果を確認 : ニュースリリース | 富士フイルム

抗酸化成分の「アスタキサンチン」と「亜鉛」で睡眠改善効果を確認 富士フイルム : J-CASTモノウォッチ

富士フイルム、アスタキサンチンと亜鉛の摂取で睡眠改善効果を確認 2013/04/08(月) 16:54:09 [サーチナ]

「アスタキサンチン」と「亜鉛」の摂取による睡眠改善効果を確認(富士フイルム株式会社 プレスリリース)

アスタキサンチンと亜鉛の同時摂取で睡眠が改善できる -富士フイルムが確認 | 開発・SE | マイナビニュース

富士フイルム、「アスタキサンチン」と「亜鉛」摂取による睡眠改善効果を確認

スポンサーリンク

ノンレム睡眠が長くなる

マウスで実験したところ、亜鉛単独だと、ノンレム睡眠時間が通常の約2倍になり、亜鉛とアスタキサンチンをセットで服用させると3倍以上になったそうです。マウスだけでなく、ヒトへの体感試験でも「よく眠れる、寝覚めが良い」という体感が多く得られているそうです。

アスタキサンチンは、自然界に広く分布している天然由来の抗酸化成分で、コエンザイムQ10の約1000倍の一重項酸素消去速度を有するそうです。

亜鉛は活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれる活性酸素除去酵素の構成成分だと書かれています。

ただ先日の三島先生のインタビューでは、ノンレム睡眠のうち最も深い徐波睡眠が増えても、睡眠の質の向上には直結しないことが書かれていました。

また間違いだらけの疲労の常識 だから、あなたは疲れている! によると、強力な抗酸化成分が色々あるなかでイミダゾールジペプチドが注目されたのは、酸化ストレスが生じている箇所(脳の中枢)にピンポイントで効くドラッグデリバリーシステム(DDS)があったからでした。(p121)

現時点では亜鉛とアスタキサンチンにどれほどの効果があるのかよくわかりませんが、この研究を読む限りでは、脳に作用し、寝覚めも良くなると書かれているので、睡眠に関係のある成分として覚えておきたいと思います。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク