小児CFSの本「フクロウ症候群を克服する―不登校児の生体リズム障害」(上)

LINEで送る
Pocket

全身の疲れがひどく、家のなかではゴロゴロと横になっていることがほとんどです。何をするにもおっくうで、お風呂にもあまり入りたがりません。部屋のなかは片づかず散らかったままです。できることは横になってテレビをみる、マンガを読む、テレビゲームをすることだけです。

食欲も低下し、起きる時間が昼近いこともあって朝食は食べません。昼もほんの一口、二口ですませてしまい、夜にはいつもの半分ほどの量を食べるだけになりました。学校での友人関係は問題なく、いじめられたことはないと本人は話しています。(p98-99)

れはフクロウ症候群を克服する―不登校児の生体リズム障害 (健康ライブラリー)という本に載せられている、慢性疲労症候群の子どもの典型例です。

まるで自分のことのようだ、と思う人もいれば、うちの子どもそのままだと感じる親もいるかもしれません。

この本では、慢性疲労症候群は便宜的にフクロウ症候群と呼ばれています。フクロウ症候群とは何でしょうか。育ちざかりの子どもが、日常生活もままならないほどひどい疲労感に苛まれるようになる原因はいったいどこにあるのでしょうか。

3回に分けて、フクロウ症候群を克服する―不登校児の生体リズム障害を紹介したいと思います。

▼シリーズ記事「小児CFSの本」

小児CFSの本では、子どもの慢性疲労症候群に直接言及している本を紹介しています。

スポンサーリンク

これはどんな本?

この本の著者、三池輝久先生は、筋ジストロフィーを中心に研究し、臨床では発達障害や痙攣性疾患を中心に診察してきた小児神経科医です。(p1)

三池先生は、20年以上前に、外来を訪れる子どもたちの中に、全身倦怠感と昼夜逆転のために学校に行けない子どもたちが存在することに気づくようになりました。

彼らは通常の検査で異常が認められないことから、「未熟なこころの問題をもっており、学校嫌いの怠け者で集団生活に適応できない、親の育て方に問題のある子どもたち」と評価されていました。(p2)

本当にそうなのでしょうか。三池先生は、そのような子どもたちは目に見えない領域、すなわち脳の機能にダメージを負っていると考え、研究の成果を学校過労死―不登校状態の子供の身体には何が起こっているかという本にまとめました。

小児CFSの本「学校過労死―不登校状態の子供の身体には何が起こっているか」(上)小児CFSの本「学校過労死―不登校状態の子供の身体には何が起こっているか」(上)

そして学校過労死をもう少し読みやすくしようと考えて、本書が生まれたそうです。

フクロウ症候群とは何か?

この本で慢性疲労症候群(CFS)の子どもたちは「フクロウ症候群」と呼ばれています。子どもの心身症ガイドブックという本によると、当初は、CFSが第二のエイズと呼ばれていたため、不登校の子どもをCCFSと呼ぶことにためらいがあったそうです。(p165)

しかしウイルス説だけでなく、中枢神経説方面からの研究が進み、「CCFS:不登校」が成人の「CFS」とほぼ共通の病態だと明らかになりました。「フクロウ症候群」は、現在では国際診断基準による小児慢性疲労症候群(ME/CCFS)と呼ばれています。

ですからフクロウ症候群=慢性疲労症候群とみなして差し支えありません。それにしても、一時的に用いられたフクロウ症候群という言葉には、どのような意図があったのでしょうか。

望まざる夜型生活

わたしたちの睡眠リズムは生まれつき決まっていると言われ、朝型はヒバリ型、夜型はフクロウ型(実際にフクロウの網膜では、夜眠くなる物質であるメラトニンが作られないそうです)と呼ばれます。(p17)

ヒバリ型もフクロウ型も、どちらが良いというものではありません。たとえば夜の静けさの中で活動する有能な作家や研究者はフクロウ型ですが、自分のリズムを保っているのであって、生活に支障はありません。(p29)

慢性疲労症候群の子どもたちも、極端な昼夜逆転を抱えるという特徴があります。そのため一見するとフクロウ型のように思えます。ところが、自分で生活をコントロールすることができなくなっている点に大きな違いがあります。

自分で望まない昼夜逆転生活を強いられ、そこから抜け出せなくなっているので、この本ではフクロウ症候群という言葉が使われているのです。

ちなみに疲労の医学(からだの科学primary選書2)という本によると、いつ眠り、いつ起きているかわからないような人たちは「ネコ型」と呼ばれています。

猫の睡眠時間は14~20時間。起きている時間の方が短いそうですが、フクロウ症候群の子どもたちも過眠があるので、あえて言えばネコ型に近い気がします。

自分で問題だと自覚していない

不思議なことに、慢性疲労症候群の子どもたちは、この望まざる昼夜逆転生活を送っていながら、それを問題とは考えていないそうです。朝起きられないことは怠けであり、努力の不足だと考え、不甲斐なく思っているのかもしれません。(p33,56)

著者は慢性疲労症候群の子どもを多数診察した感想をこう述べています。

以上のような、極めて重大な異常が、心身の活動性を日常生活が満足にできないほどに損ねているわけですが、外からみるかぎりではどこに異常があるのか、まったく見わけがつきません。

なぜなら、フクロウ症候群に陥っている彼ら自身が、自分のことを「怠け者」だと思っていることが多く、人前では意識して元気に振る舞うことが多いからです。(p87)

時差ぼけとは似て非なるもの

フクロウ症候群の状態は、生体リズムが完全に混乱していて、いわば日本からアメリカまで旅をした場合の時差ぼけに似ているといいます。しかし「フクロウ症候群の場合、時差ぼけよりずっと重症でやっかい」です。(p59)

p44や49の図によると、その違いは以下のようにまとめられます。

シフトワーク(フクロウ型生活) 時差ぼけ 慢性疲労症候群
(フクロウ症候群)
睡眠時間 普通 短い 長い
一日の体温のリズム 正常 時間帯がずれているが数日で治る ずれているだけでなく、メリハリがなくなっている
一日のホルモンの分泌リズム 正常 時間帯がずれているが数日で治る 各ホルモンの分泌時間がばらばらになっている

全身の様々な異常

フクロウ症候群の子どもたちは、通常の検査では異常が認められませんが、特殊な検査では、さまざまな異常がみられるそうです。

特に初期には自律神経症状が目立ち、レーザードップラーフローメーター、皮膚発汗テスト、心電図、眼科的検査などで交感神経が強くなっていることがわかります。いつもまぶしさを感じるのも、目の副交感神経が抑制されているためと考えられるそうです。(p69-73)

ほかにも、血糖値とインスリンが高くなっている、エネルギーの代謝にかかわるフリーカルニチンが低くなっている、脳梗塞のように脳にコリンが蓄積し、血流が低下しているといった異常がみられます。(p82)

最大の問題は疲労

「著しい疲労感や疲れやすさはフクロウ症候群でもっとも重要な症状」だそうです。(p103)

生体リズムが乱れたために昼夜逆転になってしまった人たちのうち50%以上に、最終的に疲れやすい状態(易疲労性)が残り、しかも数年から数十年持続してしまうようです。ときにはトイレにいくのも苦労するほどの疲労です。(p88-89)

疲れやすさのために何事もつづけることができず、挫折を繰り返し、疲労が蓄積すると再びリズムが乱れるという悪循環に陥るそうです。(p50)

この本で用いられている、睡眠に注目した「フクロウ症候群」という言葉はやがて使われなくなりましたが、疲労に注目した慢性疲労症候群という名前はずっと使われていますから、疲労という問題がいかに大きいかがわかります。

原因は夜型生活?

ここまで、フクロウ症候群とは何かを見てきました。育ち盛りの子どもが、激しい疲労を感じ、生活が昼夜逆転してしまうのはなぜでしょうか。

ある人たちは原因は夜型生活にあると考えてきました。夜遅くまで起きているから、朝起きることができず、ダラダラと過ごしているので体調が悪くなるというのです。

本当にそうなのでしょうか?

著者はこう問いかけています。

それでは生体リズムを壊すのは、蛍光灯がちりばめられている現代社会の夜の明るさが原因なのでしょうか。

社会に生きている私たちの環境がいかに昼夜をわかたず明るくなっているとはいっても実験室にいるわけではありませんから生活の時間を知らせる情報はさまざまにあるはずです。つまり、そう簡単に生体リズムが混乱してフリーランしてしまうとは考えられません。

しかし若者たちの身体に生体リズムの混乱がおこっているのは事実ですからフリーランがおこるような何か強い因子が彼らの生活環境にあらわれていると考える必要があるということができます。(p93)

続くエントリでは、「フクロウ症候群」の原因をまとめます。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク