【6/14】不登校の子どもと睡眠時間

LINEで送る
Pocket

どもの睡眠時間をチェックする福井県若狭町三宅小学校の取り組みについて、兵庫県リハビリテーション中央病院子どもの睡眠と発達医療センター特命参与の三池輝久先生がコメントしています。

不登校の原因に睡眠時間の乱れ関係 三宅小で調査、改善指導で減少 社会 福井のニュース :福井新聞不登校の原因に睡眠時間の乱れ関係 三宅小で調査、改善指導で減少 社会 福井のニュース :福井新聞

記事によると、三宅小学校の卒業生は、中学で不登校になる割合が他校に比べて高かったそうです。その原因を探ったところ、平均就寝時間が遅いことがわかりました。睡眠記録をつけてもらい、睡眠改善指導をしたところ、不登校になる子どもが減ったといいます。

三池先生はこう述べています。

睡眠不足の蓄積により脳の働きの低下、疲労が起こり、朝起きられなくなる。目が覚めても心身の活動が始まらず、睡眠の乱れは不登校の大きな原因になる

元校長の前田勉さんが語る「睡眠は目に見えないが、調査表の記入は誰でもできる」という言葉はわたしたちみんなに当てはまると思いました。

今では紙の記録表だけでなく、ウェブ媒体のクラウドサービスやスマートフォンのアプリがいろいろあるので、睡眠時間を記録しやすくなっていると思います。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク