【6/6】機能性ディスペプシア(FD)初の薬アコファイドが発売

LINEで送る
Pocket

「食後の膨満感、早期飽満感(飽満感)、心窩部痛、心窩部灼熱感などの消化器症状を訴えるが、原因となる器質的疾患が見当たらない疾患」である、機能性ディスペプシア(FD)の初の薬が発売されたそうです。

これによって「機能性ディスペプシア」が保険上の正式な診断名になりました。

ゼリアとアステラス 新規保険病名「機能性ディスペプシア」の治療薬アコファイド錠を新発売 | 薬食審・薬価収載 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnlineゼリアとアステラス 新規保険病名「機能性ディスペプシア」の治療薬アコファイド錠を新発売 | 薬食審・薬価収載 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline
▼関連ニュース

【新製品】FD治療剤「アコファイド」 ゼリア新薬、アステラス製薬 : 薬事日報ウェブサイト

機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド®錠100mg」 新発売のお知らせ│2013年ニュースリリース|アステラス製薬

ゼリア創薬の機能性ディスペプシア治療剤~世界に先駆け発売開始 | 個別株 - 日本インタビュ新聞社

ようやく登場,機能性ディスペプシア適応のアコチアミド/上腹部膨満感,食後膨満感などを改善:医師のための専門情報サイト[MT Pro]

スポンサーリンク


機能性ディスペプシアの世界初の薬

機能性ディスペプシアとは、平たく言えば、検査で異常が出ないのに、胃の不快感が生じる病気です。以前のニュースでは、腸内細菌叢の状態や、線維筋痛症に似た知覚過敏が関係しているようだと書かれていました。

最近のニュースでは機能性ディスペプシア方の具体的な経験談も載せられていました

見えない胃腸病(1)吐き気続いても「異常なし」 : 医療大全 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)見えない胃腸病(1)吐き気続いても「異常なし」 : 医療大全 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

「胃の運動機能障害や胃・十二指腸の知覚過敏などによって引き起こされ、ストレスが関わることも多い。現時点で特効薬はなく、治りにくい」という説明が、CFSと似たメカニズムであることを感じさせます。

今回発売された薬アコファイド(アコチアミド塩酸塩水和物)は、消化管運動に関係する神経伝達物質であるアセチルコリンを分解する酵素を阻害することにより、特に食後膨満感や早期満腹感を改善させるそうです。

機能性ディスペプシアについては以前に詳しくまとめたのでそちらもご覧ください。

繰り返す胸やけや痛み、膨満感「機能性ディスペプシア(FD)」にどう対処するか検査で異常が出ない胃の不快感「機能性ディスペプシア(FD)」にどう対処するか 続・繰り返す胸やけや痛み、膨満感続・検査で異常が出ない胃の不快感「機能性ディスペプシア(FD)」にどう対処するか
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク