【8/9】青色光の調節で睡眠リズム改善

LINEで送る
Pocket

眠リズム障害の治療に、青色発光ダイオードの明るさを時間とともにコントロールできる照明が役に立つというニュースがありました。名古屋大と愛知県立大、愛知県豊川市の照明器具製造「ミヤチ」の研究成果だそうです。

青色LEDはメラトニン分泌と関わっているので、「昼間は青の波長を強めてセロトニンの分泌を助長し、夕方からは徐々に弱めてメラトニンの分泌を促すことで、眠りやすくするように工夫した」そうです。

照明を制御して睡眠リズム改善照明を制御して睡眠リズム改善 名大などが確認  :日本経済新聞

照明制御し睡眠リズム改善 名大、愛知県立大が開発 - 47NEWS(よんななニュース)

照明制御し睡眠リズム改善 名大、愛知県立大が開発(共同通信) - エキサイトニュース

睡眠障害:照明で改善 名古屋大などが開発- 毎日jp(毎日新聞)

つなごう医療 中日メディカルサイト | 新LED照明 青の波長制御で快眠 名大などが開発

名古屋大学エコトピア科学研究所|新着情報

高齢者の睡眠や認知症改善に効果!LEDを使った新たな照明システム 介護ニュース

以下の記事によると、夜間のブルーライトが生活リズムを乱すことから、外国では規制が進んでいたり、逆に大学の教室で、昼間にブルーライトを強くするという取り組みが行われたりしているそうです。

電機業界では不可避の「ブルーライト問題」、医師やデバイス研究者を集めた国際会議が開催 - ディスプレイ - Tech-On!電機業界では不可避の「ブルーライト問題」、医師やデバイス研究者を集めた国際会議が開催 - ディスプレイ - Tech-On!はてなブックマーク - 電機業界では不可避の「ブルーライト問題」、医師やデバイス研究者を集めた国際会議が開催 - ディスプレイ - Tech-On!
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク