【9/13】連載「疲労に勝つ」

LINEで送る
Pocket

「疲労に勝つ」という4回にわたる連載に、渡辺恭良先生や疲労度計について書かれています。一週間ごとの掲載でしょうか。続きを読んだころに追記するかもしれません。

疲労に勝つ(1)度合い測り病気予防に : わいず倶楽部 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)疲労に勝つ(1)度合い測り病気予防に : わいず倶楽部 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 

連載の(2)では、慢性疲労症候群について書かれていました。

疲労に勝つ(2)悪玉酸素の増加 脳に影響 : わいず倶楽部 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)疲労に勝つ(2)悪玉酸素の増加 脳に影響 : わいず倶楽部 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

究極の慢性疲労状態である「慢性疲労症候群」の患者の脳を磁気共鳴画像法(MRI)で観察すると、前頭前野に萎縮がみられます。また、癒やされる時に分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が、脳内で減っていることもわかってきました。

連載(3)では必要な栄養成分やサプリメントについて書かれています。

疲労に勝つ(3)食事や暮らし 見直しを : わいず倶楽部 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)疲労に勝つ(3)食事や暮らし 見直しを : わいず倶楽部 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ビタミンB1やα―リポ酸は、ごはんやパンなどの炭水化物をエネルギーに変えるのに欠かせません。アミノ酸結合体のイミダゾールジペプチドは、たんぱく質などをさびつかせる<悪玉酸素>を取り除く作用があります。効率良くエネルギーを作るうえでは、健康食品としても売られているコエンザイムQ10やクエン酸が活躍します。

連載(4)疲労に勝つ(4)生活の質向上 寿命延ばすでは、抗疲労ビジネスについて書かれていました。

また同時期に、疲労度計についての話も別の所に掲載されていました。

疲労を数値化できる装置とは – ガジェット通信疲労を数値化できる装置とは – ガジェット通信
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク