色温度を変更し、ブルーライトをカットできるフリーソフトf.lux

LINEで送る
Pocket

間帯によって色温度を変化させ、ブルーライトをカットしてくれるフリーソフトがあるそうです。jMatsuzakiさんのブログで紹介されていました。

PCメガネはもういらない!?チカチカと目に痛いパソコンのブルーライトを楽々カットできる無料のフリーソフト「f.lux」!! | jMatsuzakiPCメガネはもういらない!?チカチカと目に痛いパソコンのブルーライトを楽々カットできる無料のフリーソフト「f.lux」!! | jMatsuzakiはてなブックマーク - PCメガネはもういらない!?チカチカと目に痛いパソコンのブルーライトを楽々カットできる無料のフリーソフト「f.lux」!! | jMatsuzaki
スポンサーリンク

わたしも早速、f.lux: software to make your life betterから導入してみました。色温度が高いPC画面は最初は違和感がありますが、すぐに慣れてきます。目に対する刺激が和らいでいると思います。

色温度

そのほかのいろいろな工夫

ただ、パソコンを使っていて、眼が疲れたり、睡眠が乱れたりするのは、ブルーライトだけの問題ではないそうです。

疲労の医学 (からだの科学primary選書2)によると、

■明るさ
ブルーライトをカットしても液晶の輝度(明るさ)の影響は残る。周囲の環境とディスプレイの明るさの差によって目が疲れるので、設定から輝度を調節し、明るさの差を小さくする。(p88)

■グレア
グレア(ギラギラしたまぶしさ)を防ぐ。照明に対するディスプレイの位置を調節する、グレア防止のディスプレイを使う、間接照明を使う、などにより対策できる。(p88)

■位置
ディスプレイを眼より低い位置に置く。高い位置に置くとまぶたが上がるので、眼球の露出面積が広くなり、目が乾く。

まぶたが下がり気味の東洋人は、まぶたを上げるとミュラー筋が刺激されて、交感神経が強く働くようになる。(p89) (詳しくはまぶたで健康革命―下がりまぶたを治すと体の不調が良くなる!?も参照)

■まばたき
意識してまばたきする。リラックスしているときは毎分22回まばたきするが、VDT作業をしているときは毎分7回、ディスプレイの文字が読みにくいときは毎分2回、ページをスクロールしているときは0回になる。(p93)

などの点が挙げられていました。

Windowsでディスプレイの文字が読みにくい場合は「MacType」 - Windowsのフォント表示をなめらかに、美しくできるソフトというフリーソフトがおすすめです。

日が落ちてからはパソコンを使わないのが理想ですが、もし使う場合には、色温度を調節するフリーソフトのf.luxや、上に挙げた工夫を凝らして、体調への影響を抑えたいところです。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク