怠けてなんかいません!

LINEで送る
Pocket

の病気は見た目に元気そうに見えちゃうので、周りからは努力すれば動けるんじゃない? と言われているような気がして、辛い時もありますよね

猫とこれはわたしが慢性疲労症候群(CFS)と診断されたその日に知り合った、CFSの先輩からもらった手紙の一文です。

慢性疲労症候群の人にとって、「努力しようとしていない」「怠けている」と言われること、あるいはそう言われているように感じることは、病気の最も辛い面のひとつです。

そのような批判的な言葉を投げかけられると、自分でも、心のなかで、「もしかしたらわたしは怠けているだけなんじゃないだろうか、頑張ればもっとできるのではないだろうか」という気持ちがわきあがってくることがあるかもしれません。

そう感じてしまうのはなぜでしょうか。不幸にも自分を責めてしまうとき、どのような考えが助けになるでしょうか。

CFSのもとで、「自分は怠けているのだろうか」と考えてしまう理由を3つ取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

「怠けているのだろうか」と思ってしまうのはなぜ?

「もしかしたらわたしは怠けているのだろうか…」。そう思い悩んでしまうのは、CFS患者特有の現象だそうです。

不登校外来―眠育から不登校病態を理解するにはこう書かれています。子どものCFSについての文章ですが、大人のCFSにもあてはまるところがあります。

彼ら自身全く理解できない自己矛盾状態にある。「なぜ学校に行かないの?」という周囲の素朴な質問に自分自身でどうしても答えることができない。

したがって、一般の人々の「怠け、勉強嫌い、学校不適応」などという非難・中傷にも、「そのとおりかもしれない」とうなずいてしまうのである。

…小児慢性疲労症候群(CCFS)としての“不登校”は自らのコントロールタワー(脳機能)が混乱する病的状態を中心としているため、何が起こっているのか本人自身にも皆目わからないという“自己矛盾状態”を主訴とするのであるからややこしい。(p22)

慢性疲労症候群は脳のコントロールタワーの病気です。自分自身の状態についてさえ正しく判断できなくなり、「もしかしたら怠けているのかもしれない」と思ってしまうというわけです。

価値観に責められていませんか?

自分を責めてしまう理由はほかにもあるでしょうか。 学校を捨ててみよう!―子どもの脳は疲れはてている (講談社プラスアルファ新書)という本によれば、わたしたちが持ち合わせている価値観も関わっているかもしれません。こんなエピソードがあります。

T君が、外来を受診したのは彼が高校に入学してまもなくの15歳のときである。T君が全寮制のその高校に入学したのは、進学率の高い有名校であるからだという。

「いい高校に入って、いい大学を卒業し、いい会社に入って給料を多くもらう生活を目指している」と得意げに告げた彼は「それができないやつは負け犬だ」と切り捨てた。

T君は、思い通りに高校には入学できたが、まもなく、眠れず朝起きできない状態となり登校できなくなって、彼が軽蔑しているその負け犬になりつつあった。

彼の戦いは今振り返ると彼自身との戦いであったように思われる。これまでにつちかった学校社会を中心に据えた彼の価値観に基づいた生活が壊れようとしているとき、果たして彼は彼自身を許すことができるであろうか。 (p73)

わたしたちは、「わたしはこうあるべきだ」という価値観を持っていないでしょうか? 良い子でいなければならない、いい成績を取らなければならない、仕事をしていなければ居場所がない…etc。

自分の立場や成績、できたことの量で、自分の価値を推し量っていないでしょうか。自分の価値をそれらのもので測るとしたら、いつか必ず破綻します。

人の価値は、そうした狭量なもので決まるのではないはずです。わたしたちは10センチしかない物差しで川の長さを測るでしょうか。できたことや社会的立場で自分の価値を測ろうとするのは、それと同じほど愚かなことです。

英国の詩人ジョン・ミルトンは、優れた才能ある人物でした。しかし40代という若さで失明し、何もできない自分には価値がない、という思いに苦しめられました。

やがて彼は自分の辛さをソネット第19番(On His Blindness)に書き表します。その感動的な詩の結びで、彼は、ただじっと立って待っているだけの人も役割を果たしているのだ、と語っています。たとえ何かができなくても、あなたはそこにいるだけで価値があるのです。

なかなかそう思えないかもしれませんが、わたしたちは、たとえ自分ひとりだけでも、自分自身の価値を認めてあげられるよう、自分を説得する必要があります。

人への思いやりを自分にも向けていますか?

CFSと長年付き合っている人の多くは、もはや、さきほど出てきたT君のように、尖った考え方はしていないかもしれません。

病気になって自分の限界を知った人は、他の人には優しくできるようになっていることでしょう。仲間の患者に対しては、上に書いたように、「あなたはそこにいるだけで価値があるよ」と言ってあげられるかもしれません。

しかし自分に対してはそうは思えない、ということはないでしょぅか。

身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価という本には、長年 線維筋痛症やその他の病気を患ってきたコリーンという患者が登場します。

彼女は、他の人には優しい人でしたが、自分のことは“大きくぶよぶよしたもの”と考えて卑下していました。それで著者は彼女にこうアドバイスしています。

あなた自身に関してそういう考え方ができないのは、人には無条件に与えている思いやりを自分にだけは与えていないということですよ。

…あなたにいちばん大切なのは、自分に思いやりを持つことだと思いますよ。がんばってやってみてください (p384-385)

わたしたちは、人に向けている思いやりを自分にも向けているでしょぅか。

世の中では、自分に厳しく他の人には優しい、という人格が美徳とされることがあります。しかし本当にそうでしょうか。

最もバランスがとれた見方は、自分にも、他の人にも同じ規準を当てはめることではないでしょうか。他の人に優しく、自分にも優しくできてはじめて、本当の意味で道理のわかった人になれるとわたしは思うようになりました。

「怠けてなんかいません!」

ここまで、「もしかしたら自分は怠けているのかもしれない」、と自分を責めてしまう3つの理由を考えました。

まずCFSでは脳のコントロールタワーがダメージを受けているので、自分自身について正しく判断することができません。

加えて、それまで育んだ価値観のため、できたことの量で自分を判断しているなら、自分は怠けていると思ってしまうかもしれません。

最後に、他の人には無条件に与えている思いやりを自分には与えることができていないなら、やはり自分を責めてしまうことでしょう。

いずれにせよ、どうやら、怠けているわけではなく、誤って不当に厳しく考えているらしいことがわかります。

慢性疲労症候群はなかなか他の人からは理解してもらえず、ひどいことを言われる場合もあります。しかし少なくともわたしたち自身が、病気のもとでもめげない自分を信じ続けてあげることはとても大切だと思うのです。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク