【12/21】生きる意味を感じられて幸せ

LINEで送る
Pocket

性疲労症候群と闘いながら、モデル活動を続ける塚本明里さんについてニュースに出ていました。

「生きる意味、仕事で感じた」「生きる意味、仕事で感じた」 岐阜・可児の塚本さん:朝日新聞デジタル

普段ならブログに書かないような短いニュースなのですが、難病と闘いながらも「幸せ」といえる理由を見つけておられることに励まされました。

仕事することで、自分の役割を認識でき、生きる意味を感じられて幸せ

今できることを、今やることが大事

一人でも多くの人に笑顔になってもらえるように仕事を続けたい

じつはわたしも、多分塚本さんと同じ年のころ(ちょっと前ですね)は、「CFSでも幸せ」と言っていました。

塚本さんのようなりっぱな仕事はありませんでしたが、それなりに自分にできる仕事も与えてもらっていて、居場所がありました。

ところがここ数年で、環境が大きく変わって、病気を抱える自分の力ではついていくことができず、症状も悪化して、引きこもり生活に逆戻りしてしまいました。

そのおかげでこうしてブログを作れたともいえるのですが、自分を見失ってしまい、試行錯誤が続いています。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク