【12/20】AD/HD治療薬コンサータが成人適用

LINEで送る
Pocket

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)治療薬コンサータが成人適用されたというニュースがありました。

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬 「コンサータ(R)錠」 18歳以上の成人期への適応拡大 承認取得のお知らせ - MSN産経ニュース注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬 「コンサータ(R)錠」 18歳以上の成人期への適応拡大 承認取得のお知らせ - MSN産経ニュース
▼関連ニュース

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬 「コンサータ®錠」36mg 剤型追加承認取得のお知らせ|ヤンセンファーマ株式会社のプレスリリース

コンサータは、以前乱用が問題となったリタリンと同じ成分、メチルフェニデートの薬です。しかし、リタリンのようにすぐに効いてすぐ切れるのではなく、徐々に吸収されてゆるやかに効く徐放剤なのだそうです。

これまでは子どもにのみ処方が許可されていましたが、このたび、成人適用もされることになりました。成人のAD/HDの治療薬はこれまでストラテラがありましたが、コンサータとストラテラは効き方が違う薬なので、選択肢が増えたことになります。

慢性疲労症候群でもときどきメチルフェニデートが効いたという話があります。もともとAD/HDの素地があるために症状が出ている人もいるそうなので、もしかするとコンサータの処方でよくなる人もいるのかもしれません。

慢性疲労症候群とAD/HDの関わりについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

【3/20】ADHDの子どもは慢性疲労症候群になりやすい?【3/20】ADHDの子どもは慢性疲労症候群になりやすい?はてなブックマーク - 【3/20】ADHDの子どもは慢性疲労症候群になりやすい?
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク