【1/23】パソコンのブルーライト対策にf.lux

LINEで送る
Pocket

マートフォンやタブレット、パソコンの就寝前の使用は睡眠を妨げることが、米ハーバード・メディカルスクールの研究者らの研究で明らかになったそうです。チャールズ・ツァイスラー教授によると、特に発光ダイオード(LED)が睡眠リズムを乱しています。

就寝前のスマホ 睡眠リズム阻害 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)就寝前のスマホ 睡眠リズム阻害 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

そこでブルーライト対策のひとつとして、次のようなフリーソフトが挙げられています。

ウェブアルバム「ピカサ」(04年にグーグルが買収)の生みの親、マイケル・ハーフ氏(38)が開発した、時間帯で画面の色温度を自動調整する無料アプリ「f.lux」も役に立つかもしれない。

このアプリはハーフ夫妻が08年に開発して以降、800万回ダウンロードされており、夜間には最も強い覚醒波長を70~90%カットしてくれるという。

このブログでも、以前に紹介しました。わたしも快適に使っています。

色温度を変更し、ブルーライトをカットできるフリーソフトf.lux色温度を変更し、ブルーライトをカットできるフリーソフトf.lux

米疾病対策センター(CDC)はによると、睡眠不足は今や公衆衛生上の流行病の域に達しているそうです。

睡眠不足は「慢性的な睡眠障害は肥満や糖尿病、心臓病、がんといった疾患に関連している」のでしっかり対策を講じておくべきだと思います。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク