慢性ストレスが脳を変える

LINEで送る
Pocket

CiNiiサーチで今朝ひっかかった論文の抄録が少し興味深かったので紹介しておきます。

「持続的なストレスは恒常性の維持機構を破綻させ,精神的あるいは器質的な障害を引き起こす」ことを調べる研究ですが、動物レベルでは機能性身体症候群(FSS)で脳に器質的な変化が見られたそうです。

線維筋痛症や慢性疲労症候群の診断マーカーの確立や,疾患の分子メカニズムの解明に繋がると期待されると書かれています。

CiNii 論文 -  『慢性ストレスが脳を変える』 慢性ストレスによる中枢神経を起点とした恒常性維持機構の破綻CiNii 論文 - 『慢性ストレスが脳を変える』 慢性ストレスによる中枢神経を起点とした恒常性維持機構の破綻

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク