【1/17】和温療法の解説

LINEで送る
Pocket

「疼痛や潰瘍で歩行困難な閉塞性動脈硬化症、慢性疲労症候群や線維筋痛症など、難治性疾患に効果を発揮する」和温療法について、開発者が紹介している記事がありました。開発した経緯などが書かれています。

定義は「ほぼ均等の60℃に設定された遠赤外線乾式サウナ室で全身を15分間温めて、出浴後さらに30分間の安静保温を追加して、最後に発汗に見合う水分を補給する治療法」だそうです。

和温療法:高齢社会における全人的医療 - Medicals-i(メディカルズアイ)和温療法:高齢社会における全人的医療 - Medicals-i(メディカルズアイ)
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク