【2/13】大人のADHDとコンサータ

LINEで送る
Pocket

人のADHDとコンサータに関する記事がありました。大人の引きこもりの中には、ADHDと診断される人もおり、昨年12月に適応拡大された薬コンサータが注目されているという内容です。

ちなみにコンサータ(メチルフェニデート)は、ウィキペディアによると「慢性疲労症候群といった症状に対しても効果があるとされる」と書かれています。

「大人の発達障害」でも服用を認められた待望の薬への期待と問題点|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンライン「大人の発達障害」でも服用を認められた待望の薬への期待と問題点|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンラインはてなブックマーク - 「大人の発達障害」でも服用を認められた待望の薬への期待と問題点|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンライン

ADHDは、少なく見積もっても人口の1.65%ほどいて、日本医科大学の齊藤卓弥准教授によると、世界的平均からみても「水面下には、日本にも300万人くらい埋もれているだろう」と書かれています。

その薬として、昨年12月大人に適応拡大されたのがコンサータですが、効果があるのは、ストラテラアトモキセチン)とともに、5割から6割くらいではないかとされています。

大人の発達障害」のための「ネッコカフェ」の金子磨矢子さんは、食欲減退や睡眠しにくい状態、翌日に疲れが出るなどの副作用があることも指摘しています。

大人(成人)発達障害のための就労支援施設 Necco(ネッコ)大人(成人)発達障害のための就労支援施設 Necco(ネッコ)はてなブックマーク - 大人(成人)発達障害のための就労支援施設 Necco(ネッコ)

最後のページには大人のADHDの簡易診断リストも載せられているので、参考にできるかもしれません。

大人の発達障害はあいクリニック神田で診ているそうです。

医師紹介|東京都千代田区の心療内科・うつ病・カウンセリング医師紹介|東京都千代田区の心療内科・うつ病・カウンセリング あいクリニック神田

それとは別に、以下のような記事もありました。コンサータの歴史について図にまとめられています。

大人のADHDも使用可に治療薬コンサータ 医療新世紀 - 47NEWS(よんななニュース)大人のADHDも使用可に治療薬コンサータ 医療新世紀 - 47NEWS(よんななニュース)はてなブックマーク - 大人のADHDも使用可に治療薬コンサータ 医療新世紀 - 47NEWS(よんななニュース)
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク