きっと克服できる「回避性愛着障害 絆が希薄な人たち」

LINEで送る
Pocket

田尊司先生の新刊、「回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)」を読み終わりました。

要約すると、次のような内容です。

「現代の子どもたちは家族と過ごす時間が減り、メディア依存の傾向が高まっている。そのため回避型の愛着スタイルを示すことが増えている。

回避型の愛着スタイルを示す人は、社交や責任を嫌うため、モラトリアムの青年期を送り、ときには引きこもりになりやすい。しかしどこかで覚悟を決め、社会に飛び込み、チャンスに積極的に応じなければならない。」

病気によるとはいえ、現在引きこもりに近い生活を続けているわたし自身にとって、とても参考になる内容でした。この書評では、回避性愛着障害とはなにか、それを克服するにはどうすればよいかを扱います。

スポンサーリンク

これはどんな本?

この本は、本来、虐待やネグレクトを受けた子どものみに見られるとされていた愛着障害の定義を広げ、いわゆる機能不全家庭でもある程度の愛着障害が生じる、と考えておられる岡田尊司先生の一冊です。

愛着障害を扱った既刊については、このブログで以前取り上げました。愛着障害とはなにか、という基本的な点についてはそちらをご覧いただけたらと思います。

長引く病気の陰にある「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」長引く病気の陰にある「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」
発達障害と似て非なる「愛着崩壊 子どもを愛せない大人たち」発達障害と似て非なる「愛着崩壊 子どもを愛せない大人たち」

この本の目的は、「回避型愛着スタイルの方が、いかにそのデメリットを克服し、自分のもてるものを活かした、その人にもっともふさわしい人生を送ることができるかということである」そうです。

このシリーズを追ってきたのは、医師から、わたし自身が愛着障害の傾向を持っていると言われたからでした。

確かに、わたしも機能不全家庭で育ちました。愛着形成が不十分であるという点は納得がいきます。それでも、どのあたりまで、自分のこととして受け止めて良いのか、なかなか理解しがたい部分もあります。

それで、この本から回避性愛着障害の特徴や克服の方法を調べてみました。

回避性愛着障害の特徴

回避性愛着障害は、不安定な愛着スタイルの一つです。

愛着スタイルは「0歳のときの親の関わり方のちょっとした違いが、その人の行動パターンや対人関係のあり方に生涯続くような影響を及ぼす」ものです。その事実はオランダのファン・デル・ベームらの実験で裏付けられました。(p22)

子どものときに確立した愛着スタイルは、しだいに固定化し、容易には変わらなくなります。その人の性格となるのです。

回避型の愛着スタイルは、子どものとき、親から示される関心が乏しかった場合や、厳しい家庭に育った場合にみられます。最もひどいケースはネグレクトですが、そこまでいかずとも、さまざまな共感にとぼしい家庭で見られるとされています。

回避型愛着スタイルを持つ人たちは、人との関わりが苦手で、責任を負うこともおっくうです。

たとえば次のような傾向があります。

■人に頼れず、体を壊す。(p37)

■とっさに言葉が出てこない。(p42)

■過去は文学や小説、現代においてはネットやアニメの世界に避難する。(p66,p154)

■テレビやネットに依存する。(p81,p84,216)

■現実の人物より、理想像を愛する。(p117)

■自分の感覚や感情がよくわからない失感情症(アレキシチミア)が見られる。(p70)

■関わりを制限し、外界への窓口を小さくすることで自分を守る。(p118)

■PFスタディ(絵画欲求不満検査)では「無責」、「要求固執」が多くなる。(p146)

■否定されるのは不快だが、褒められたり期待されたりするのも居心地が悪い。(p164)

■働かないで暮らせることが理想。(p165)

■モラトリアム人間として過ごす。(p171)

■回避性パーソナリティ障害だけではなく、どのパーソナリティでも回避型の愛着スタイルと重なる場合がある。(p45-52)

■自閉症スペクトラムでも、愛着スタイルが安定している人もいれば、そうでない人もいる。(p53-54)

回避型の人はその典型であるエリック・ホッファーの次の言葉に同意できるでしょう。

歩き、食べ、読み、勉強し、ノートをとるという毎日が、何週間も続いた。残りの人生をずっとこうして過ごすこともできただろう。

しかし、金が尽きたらまた仕事に戻らなければならないし、それが死ぬまで毎日続くかと思うと、私を幻滅させた。

今年の終わりに死のうが、十年後に死のうが、いったい何が違うというのか。

…この通りに終わりがなければ……疲れもせず、悩みも不満もなく、このままずっと歩いていければいいのに。エリック・ホッファー自伝―構想された真実

回避性愛着障害を克服するには

この本には、回避性愛着障害を克服し、主体的な人生を送るためのアドバイスが多数載せられています。

■何かに挑戦する

可能性を試すこと自体が、回避から一歩踏み出すことである。社会に出ることを回避したとしても、それはもっと大事なものに自分の可能性を賭けているという意味で、回避ではないからだ。それが社会のレールから脱落することであっても、むしろ自分自身の道を見出すことになるだろう。(p168)

■モラトリアムの期間を活かす

モラトリアムの期間は、決して無駄なことばかりとはいえず、それが必要な時期もある。大事なことは、その期間をいかに使うかということだ。

…内面を豊かにするような作業を試みたり、ある面では回避しつつも、他の面では新たなチャレンジを行なうということがなされていれば、その時間は種まきのための時間として重要な意味をもつだろう(p177)

■自分が逃げていることに気づく

回避を脱する上でカギを握るのは、自分が問題から逃げていることに気づき、もう逃げないと覚悟を決めることである。立ちはだかっている課題に向かっていこうと決心することである。(p194)

■コミットメントする

コミットメントとは、自分の意思をはっきりと表明することだ。「こうなりたい」「こうしたい」「このことを目標に掲げる」「こうなることを決意する」など、自分の決心、覚悟を明確な形で述べる。

日々の生活の中でもコミットメントし、明確な意思決定や強い覚悟を形成することが、その人の人生を切り開き、動かしていく。(p281)

■症状に向かい合い、逃げるのをやめる
森田正馬(まさたけ)は不安神経症(森田神経質)に悩まされていたが、「どうせ死ぬのだから」と思って死に物狂いで勉強に取り組むと、さまざまな身体症状が消失した。(p208)

こうした心理的な操作は、エクスポージャー(暴露療法)といって、不安や恐怖といった囚われを克服して、回避を突破する技法の一つだ。(p202)

神経症は症状を治そうとしても治らないが、肝心なことに集中していれば、しぜんになくなってしまうのだ(p209)

■同好の集まりを活用する

回避型の人が、豊かな人生をもつ上で、同好の士と交歓の場をもてるかどうかが、一つの重要な要素になるように思える。(p218)

■よい治療者との出会い
重症のうつ病患者に対して、抗うつ剤や認知行動療法などいろいろな治療を施したところ、16週間後、効果を左右していたのは、どの治療法を選択したかではなく、治療者との関係の質であることがわかった。(p230)

結局、小手先の治療技法や薬物には、それほど大きな意味はなく、その人の安全基地となることが、何よりも大きな治療効果をもたらしたということをこの事実は示しているといえるだろう。(p230)

■マインドフルネス認知療法

マインドフルネスとは、物事を価値判断するのではなく、ありのままに受け入れて、豊かな気づきを得ることである。

…マインドフルネスでは、認知療法のように、受け止め方が「偏っている」とか「正しい」とかいうことは問題にしない。

…まったく逆に、症状を受け入れ、それをコントロールすることを目指すものである。奇妙なことに、それが本当の意味で回復することにつながるのだ。(p260-262)

■チャンスに積極的に答え応じる

思いがけないチャンスが、自分の努力とは無関係に訪れることもある。そしてチャンスの大部分は、そうした形で訪れる。大事なのは、そのとき、チャンスに対して尻込みせずに、それを積極的に活用できるかどうかである。(p268)

自分にあてはめてみて

愛着スタイルという概念があまり知られていないため、回避性愛着障害という概念をどれほど受け入れればよいのか判然としないところがあります。海外の論文からも多数引用されているため、荒唐無稽な概念ではないということはわかるのですが…。

わたしについて言えば、回避型の愛着スタイルを持っていることはおそらく確かと思われます。この本に書かれていた回避性愛着障害の特徴は、かなり自分に当てはまると感じました。このまとめで取り上げた部分は特にそうです。

先日PFスタディを受けましたが、確かに無責・要求固執の回答が多かったように思います。問題に対し、「だれのせいでもないよ」「すぐに解決しましょう」といった反応のことです。

しかし、わたしの体調の悪さがいわゆる回避性愛着障害のみの結果として生じている森田神経質、つまり現実に立ち向かうことで治る神経症かといえば、そうではないでしょう。

慢性疲労になる人は、その人の性格のような素因が関わっているとされています。専門家も、『まず性格を含めた「素因」は非常に重要です。そして発症に至るには何らかのきっかけがありそうです』と述べています。

慢性疲労の発症に性格が関与しているという概念は患者の一部から反発を招いていますが、以前取り上げた書籍でも指摘されていたように、これはその人のせいで病気になったという意味ではありません。

『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』を読んで口で「ノー」と言えなければ身体が「ノー」と言うようになる― 抑圧された感情が招く難病と慢性疾患│いつも空が見えるから

その人の性格は、愛着スタイルに起因し、愛着スタイルには親の育て方や環境が関わっていて、さらにそれらの要素には幾世代も前の親の性格や、どうにもならない要素が絡んでいるからです。

わたしの場合も、根底に愛着障害という素因があり、極度の過労というきっかけによって体調不良を発症したと、主治医は考えているようです。確かに、今のところ筋の通った説明なのかもしれません。

わたしの問題は、回避性愛着障害だけではないので、それを克服するための本書のアドバイスが役立つかといえば、限度があります。しかし、自分の可能性を見つけるために、これらのアドバイスを活用し、挑戦する心を保っていきたいと思います。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク