【3/20】脳脊髄液減少症関係者による障害年金のための本

LINEで送る
Pocket

認定NPO法人「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」代表理事、中井宏さんたち社労士チームによる、障害年金のための本「誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント」が発売されるそうです。ろくろさんのブログで知りました。

内容紹介を引用します。

すべての傷病からあなたを守ってくれる、知られざる年金制度「障害年金」(公的年金加入者は受けられる可能性あり! )。

ガン・糖尿病・うつ病・その他の難病・事故によるケガ……etc.
傷病名にこだわらず、要件を満たせば、誰でも受給することができます!

まさに「最強」の「社会保障」である「障害年金」を5名の社会保険労務士チームが体験を交えてわかりやすく解説します!

【「障害年金」が最強の理由】
1.国民年金や厚生年金を払っていれば受給の権利がある。
2.日常生活の心身の不具合を(書面だけで)証明できれば受けられる。
3.最強すぎるから国がPRしていない。知られていないから請求者が少ない。
4.請求してみたら受給できる人数、推定数百万人…!!

最近CFSでは、PS表をつけるようになってから厳しくなったという話を聞きましたが…。

障害年金は患者のほうから医師に話す必要があるので、こうした本で知識をもっておくとよいかもしれません。

▼読んで感想を書きました。
「障害年金というヒント」脳脊髄液減少症の社労士チームによる受給の手引き | いつも空が見えるから

CFSなどの難病と障害年金について詳しい山下律子さんの「山下ねんきん相談室」ホームページにもリンクを貼っておきます。

障害年金は 社会保険労務士 山下律子へ障害年金は 社会保険労務士 山下律子へはてなブックマーク - 障害年金は 社会保険労務士 山下律子へ

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク