【4/23】TBS NスタでME/CFSが取り上げられたそうです

LINEで送る
Pocket

TBSの番組「Nスタ」で筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群(ME/CFS)についての報道があったそうです。m_lさんのブログを見て知りました。全然知りませんでした。

【報道(終了)】4/23(水)TBS Nスタ(まとめ)|「慢性疲労症候群(ME/CFS)」と「制度の谷間」界隈の備忘録【報道(終了)】4/23(水)TBS Nスタ(まとめ)|「慢性疲労症候群(ME/CFS)」と「制度の谷間」界隈の備忘録

内容をまとめてくださっているブログやホームページがありました。

1000人に2、3人「慢性疲労症候群」・ただの疲れじゃなかった?

ただの疲れじゃないかも・疲労外来に集う人々

原因は脳の炎症・理研と大阪市大が解明

「Nスタ」 2014年4月23日(水)放送内容

内容としては以下のものが取り上げられたようです

1.ME/CFS患者の脳内には炎症があるという最近の研究について
   このブログでの解説はこちら
2.市大の疲労外来について
3.ナカトミファティーグケアクリニックについて
   このブログでの解説はこちら
4.患者会「筋痛性脳脊髄炎の会」の活動について

脳の炎症の研究について、渡辺恭良先生が

「脳で時々おこる炎症がだんだん慢性化していき、神経機能が低下したり不全になっていく」

「炎症に対する治療薬はいろいろなものが開発されてきている。予防的にそういうものを用いて慢性疲労にならないようにする可能性が出てくる」

と述べていた、というのは初耳でした。

中富先生によると「慢性疲労症候群になると重症化し元に戻るのが難しい。
早期発見・早期治療が重要」
とのことで、そうならないよう対処するのが、ナカトミファティーグケアクリニックだということのようです。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク