悲惨な家庭環境で育った子どものテロメアは約40%も短い

LINEで送る
Pocket

悪な環境で育った子どものテロメアは短くなっているというニュースがありました。テロメアの長さは細胞の老化や。ストレスの指標になるそうです。

劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体が平均より老化していることが判明 - GIGAZINE劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体が平均より老化していることが判明 - GIGAZINEはてなブックマーク - 劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体が平均より老化していることが判明 - GIGAZINE

記事によると、1回以上の離婚を経験した母親に育てられた子どものテロメアは、1回も離婚していない家庭の子どもより約40%短く、大学もしくは専門学校を卒業している母親に育てられた子どものテロメアは、そうでない母親の子どもより約35%長かったそうです。

9歳という若年ですでに短くなっていることは衝撃的事実だと書かれています。

以前にも、うつ病の人はテロメアが短いというニュースがありました。

【11/13】うつ病の人はテロメアが短い【11/13】うつ病の人はテロメアが短い
【4/10】うつ病は老化の加速を伴う「全身の病気」である【4/10】うつ病は老化の加速を伴う「全身の病気」である
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク