【6/7】眠育による不登校予防の取り組みがテレビで紹介されました

LINEで送る
Pocket

庫県立リハビリテーション中央病院の小児神経科医・三池輝久先生がテレビに出たそうで、いろいろなところで内容がまとめられていました。

現代型不眠と呼ばれる、新しい不眠のメカニズムと対策の現場を取材したという内容で、報道特集で放送されたそうです。

中高生のネット依存の問題や、交代勤務がWHOによってタバコに次ぐ発ガン性と分類されたこと、山口大学の明石研究室による体内時計の研究などが扱われ、最後に眠育による不登校予防が扱われました。

睡眠ログをつけることや、睡眠授業などの眠育を取り入れて、不登校数が0になった福井・若狭町の三宅小学校をはじめとして、全国の7施設で実施されていることが紹介されていました。

内容は以下の幾つかのウェブサイトで説明されていましたので、リンクを貼っておきます。

三池輝久特命参与 | 報道特集 | TVでた蔵三池輝久特命参与 | 報道特集 | TVでた蔵

“眠育”で不登校予防を(テレビ報道1件/週)

報道特集【新国立競技場問題・現代型不眠症】 2014.06.07 | Mediacrit

価格.com - 「報道特集」で紹介された情報 | テレビ紹介情報はてなブックマーク - 価格.com - 「報道特集」で紹介された情報 | テレビ紹介情報

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク