【7/9】痛みと神経 両面から調査をー子宮頸がんワクチン

LINEで送る
Pocket

宮頸がんワクチンで線維筋痛症や慢性疲労症候群に似た症状が起きている問題で、「痛み」中心の愛知医科大学・牛田班と「神経」中心の信州大学・池田班のうち、池田班が外されたことについて書かれています。

「子宮頸がんワクチン、厚労省の新たな体制案に批判も」 News i - TBSの動画ニュースサイト「子宮頸がんワクチン、厚労省の新たな体制案に批判も」 News i - TBSの動画ニュースサイトはてなブックマーク - 「子宮頸がんワクチン、厚労省の新たな体制案に批判も」 News i - TBSの動画ニュースサイト

痛みが改善しても、慢性疲労症候群などの問題が残るので、神経内科の協力も不可欠だと論じられています。

難しい問題ですが、症状に苦しむ方たちの体調が1日も早く和らいでくれたらと思います。

▼関連医療機関

痛みセンター | 愛知医科大学病院

信州大学第三内科 内科一般、脳神経内科、リウマチ・膠原病内科

▼関連ニュース

子宮頸がんワクチン勧奨中止なお継続 | 医療介護CBニュース

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク