【12/5】うつ病はグリア細胞の機能不全で脳が興奮している

LINEで送る
Pocket

つ病の原因について調査したニュースがありました。東京医科歯科大学・難治疾患研究所の研究です。

うつ病に似た行動異常を起こすグリア細胞群をマウスで発見-東京医科歯科大ら - QLifePro 医療ニュース

▼関連ニュース

東京医科歯科大など、うつ状態引き起こす脳神経の状態解明-グリア細胞の活動関与:日刊工業新聞 はてなブックマーク - 東京医科歯科大など、うつ状態引き起こす脳神経の状態解明-グリア細胞の活動関与:日刊工業新聞

人間の脳は主に神経細胞とグリア細胞によって構成されています。グリア細胞は神経伝達物質によって、脳の興奮性を調節する役割があるそうです。

マウスの実験では、脳の一部に存在するグリア細胞の機能不全が、うつ病に似た行動異常および睡眠障害を引き起こしていることがわかりました。

マウスで手綱核のグリア細胞を遺伝子操作したところ、、神経細胞の発火率が上昇して興奮が過剰な状態になり、脳幹部のセロトニンとドーパミン産生が抑えられて、うつ病や睡眠障害の症状が現れたとのことです。

うつ病で手綱核が興奮しているというのは前にも聞いたことがあったように思いますが、メカニズムが除々に解明されてきたといえそうです。

いわゆる精神疾患とされる病気でも、おおもとは脳の機能異常であって「心の問題」や「気にしすぎ」ではないということがよくわかります。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク