ボディクロック(体内時計)研究会が発足

LINEで送る
Pocket

ディクロック研究会という団体が発足したそうです。ボディクロックは「体内時計」のことで、特に子どもの睡眠を守り、睡眠教育を推進することを目的とした専門家によるグループだそうです。

ボディクロック研究会が発足~体内時計の改善による睡眠衛生を促進~ | マイナビニュース

 

【健百】受験成功のコツは"体内時計"の改善?―研究会発足 | あなたの健康百科 はてなブックマーク - 【健百】受験成功のコツは

 

公式サイトによると、

山口大学 時間学研究所 明石真教授

愛媛大学医学部附属病院 睡眠医療センター 岡 靖哲センター長

久留米大学医学部 環境医学講座 松本悠貴助教授

久留米大学医学部 内村直尚医学部長

有限会社Sleepeace(スリーピース) 三橋 美穂代表

といった方々が中心となっているようです。特に明石真教授は、髪の毛の根元に付いている毛根細胞の時計遺伝子を調べることで、体内時計の乱れが分かる検査法を開発されたことで、このブログでも取り上げました。

“勉強や仕事開始の3時間前に起床する”ことでボディクロックを朝型に

“起床時に朝日を浴びる”ことでボディクロックをリセット

“朝食を毎日食べる”ことでボディクロックをスタート

“10分程度の昼寝を午後3時までに取る”ことでボディクロックの微調整

“平日・休日の起床時間を一定にする”ことでボディクロックのズレ防止

ということをパフォーマンス向上のボディクロックルールとして提唱しています。

また、(1)不眠による経済損失3.5兆円の削減に貢献 (2)子どもの体力向上を支援し、東京オリンピックでのメダル獲得に貢献 (3)子どもの学力世界1位の達成を支援 の3つのビジョンを定めています。

ほかにも、睡眠の質、量に加え、位相(リズムの乱れ)という三要素で睡眠を評価する「3DSSによる睡眠の評価」が、公式サイトで受けられます。

「良好型」「不規則型」「短眠型」「質低下型」「不規則・短眠型」「不規則・質低下型」「短眠・質低下型」「不良型」という8タイプで診断され、説明文が読めるようになっています。ちなみにわたしは「不規則型」でした。都市部に住む人や20代以下の若い人に多いそうです。

子どもの睡眠の啓発団体というと、神山潤先生の早起き 早寝 生活リズム | 子どもの早起きをすすめる会 はてなブックマーク - 早起き 早寝 生活リズム | 子どもの早起きをすすめる会を思い起こさせますが、独自性については今後の活動を見ないと分からないと思います。

朝型や早起きが理想とされていますが、米国小児科学会によると、ティーンエージャーが夜型化するのは、生理的現象なので、むしろ学校の始業時間を遅くしたほうがいいと言われているそうなので、それが最適なのかどうか、少々疑問に思います。

オリンピックのメダルや学力世界一という文言は、成果至上主義を思わせて、わたしはあまりいい印象は持ちませんでした。もちろん、睡眠を整えると、四当五落のような方法より学力が上がる、ということを言いたいのかもしれません。

社会の夜型が進んで、子どもの睡眠時間が削られていることは確かなので、専門家の観点からの啓発活動に期待したいところです。

ボディクロック研究会

 
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク