【12/8】多発性硬化症の症状と相関する診断マーカーが見つかる

LINEで送る
Pocket

浜市立大学 先端医科学研究センターによると、多発性硬化症の病状に伴って脳脊髄液中で変動するマーカーとして、神経回路形成因子であるLOTUSを特定したそうです。

多発性硬化症の診断マーカーを発見-横浜市立大 - QLifePro 医療ニュース

▼関連ニュース

横浜市立大学 先端医科学研究センター 研究成果

多発性硬化症は再発を繰り返すので、病気の状態と関連した診断マーカの発見が待ち望まれていました。今まではMRI 検査や問診で再発の兆候を確認するしかありませんでしたが、今回、脳脊髄液中のLOTUS濃度を測定する方法を確立したので、早期対応が可能になるかもしれないと書かれていました。

多発性硬化症の患者ではLOTUS濃度が低下し、症状の悪化や改善にともなって増減するそうです。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク