【12/10】若年性パーキンソン病の原因遺伝子2つの働きが解明

LINEで送る
Pocket

年性パーキンソン病の発症メカニズムの一部が解明されたというニュースがありました。わたしの知り合いにも数人、この病気の人がいるので、記事として残しておきたいと思います。

若年性パーキンソン病発症に関わる2つの遺伝子のメカニズムを解明−順大 - QLifePro 医療ニュース

▼関連ニュース

パーキンソン病の2つの原因遺伝子が神経保護する仕組みを解明 | マイナビニュース

記事によると、若年性パーキンソン病は、PINK1Parkinが原因遺伝子だと考えられています。

PINK1とParkinは、不良ミトコンドリアが生じた場合、それを除去する役割を持っているそうですが、PINK1とParkinに傷がついて、うまく機能が働かないと、不良ミトコンドリアが蓄積して、中脳ドーパミン神経が変性して、パーキンソン病を発症してしまうのだそうです。

今回の研究では、PINK1とParkinがどのように協力して不良ミトコンドリアを除去しているのかが明らかにされました。PINK1とParkinが協力して、ミトコンドリア上にリン酸化ポリユビキチン鎖を形成することで、すばやく残りのParkinが呼び寄せられスイッチが入るという効率的なしくみがあるそうです。

ショウジョウバエの実験では、リン酸化ポリユビキチン鎖を人工的に付加することで、同様のことが実現できたといい、予防方法の発展に期待されています。

このブログの若年性パーキンソン病の記事はこちらをご覧ください。

勇気をもらえる本「若年性パーキンソン病を生きる―ふるえても、すくんでも、それでも前へ!」| いつも空が見えるから

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク