発達障害(AD/HDやアスペルガー)と慢性疲労症候群は関係があるのか

LINEで送る
Pocket

々から気になっていて、このブログでも何度か取り上げている問題に、発達障害と慢性疲労症候群は関係があるのか。というものがあります。

この場合の発達障害というのは、主に、高機能なタイプの自閉症スペクトラム症(たとえばアスペルガー)と、注意欠如多動症(AD/HD)です。また慢性疲労症候群というのは、生涯のある時点から突然現れる著しい疲労のことで、物心ついたときから続く疲労感は除外されます。

最初に結論を言ってしまえば、両者の関係性を指摘するような情報はごくわずかであり、一見関係なさそうです。少なくとも、大半の慢性疲労症候群と、自閉症スペクトラムは特に関係していないように思います。

発達障害側の研究を見ても、かなりいろいろ本を読みましたが、それらしい話は出てきません。まだ研究が進んでいないという見方もできますが、少なくとも現時点では関係がないようだと言わざるを得ません。

しかし、子どもの慢性疲労症候群の分野では、因果関係があるかどうかはともかく、発達障害に関わる情報はいろいろ出ています。そのため、こちらはまったく無関係ともいえない状態です。

大人になってから慢性疲労症候群になるのは、ほかの病気と同様、不幸な出来事だったと考えられますが、まだ子どものうちに慢性疲労症候群になるというのは、発達障害などの脳の脆弱性を持っているからではないか、という推測が成り立ちます。

この記事を書くには時期尚早な気もしますが、とりあえず、現時点での情報のまとめとして、記事にしておきたいと思います。今後何かわかったら、追記するかもしれません。

スポンサーリンク

知能低下は二次的なもの?

慢性疲労症候群と発達障害の関係についての文献としては、わたしが読んだ書籍の中では、不登校外来―眠育から不登校病態を理解するがあります。

この本は、子どもの慢性疲労症候群を扱っている兵庫県立リハビリテーション中央病院の三池輝久医師による本ですが、慢性疲労症候群を伴う不登校の原因として、アスペルガー症候群をおおむね否定しています。こう書かれています。

DSM-ⅠⅤでチェックを入れ診断する医師が後を絶たず、不登校状態の子どもたちに様々な診断名がつきはじめている。

「うつ」は併存する確率も高いのでまだ許せるとしても、「PDD」「Asperger症候群」の病名が目立つ。そう簡単にこのような病気を作られてよいとは思えない。

…なぜなら、治療により回復した彼らから発達障害と診断する根拠が消えることが少なくないのである。

…このような誤解から不登校の背景に発達障害の存在が小さくないという誤った情報が流れてしまうことになった。(p82)

これらの睡眠問題が若者たちの脳機能にアンバランスを生じさせ、おかしなことに児童生徒期に及んではじめて“発達障害”の診断を受けるものが急増しているのである。(p97)

このように、慢性疲労症候群の状態における発達障害的な症状は一時的なものであり、生来の広汎性発達障害やアスペルガーではないとされています。

要は、睡眠障害が強い不登校の状態の子どもたちに知能検査をさせると、知能低下(20以上)が見られるので、各項目の開き(ディスクレパンシー)からして発達障害に見えるが、治療で回復するので発達障害ではない、ということのようです。

AD/HDは関係あり

いっぽうで、AD/HDについては

それでもAD/HDと不登校は無関係ではないと考える方もあるであろう。(p82)

として、読み方によっては一定の関係が示唆されているようにも見えます。とはいえ全体的に、発達障害に関する話題は、この本であまり大きなウェイトを占めていません。

このAD/HD(特にADD)と慢性疲労症候群については、ネット上を見ても関係を示唆する資料がそれなりにあるので、人によっては慢性疲労症候群の原因となっていることは確かです。

ADDがなぜ慢性疲労症候群の原因となりうるのかは定かではありませんが、ひとつには、不快刺激を隔離する力が弱いために、疲労や痛みに敏感になってしまうのではないかと推測されています。

ADDと子どもの慢性疲労症候群の関連は、三池先生の兵庫県立リハビリテーション中央病院の臨床でも示唆されていて、ある調査では、子どもの慢性疲労症候群の6割以上がADDの傾向を示しました。その点は、以下の記事にまとめています。

【3/20】ADHDの子どもは慢性疲労症候群になりやすい?| いつも空が見えるから

併存することはある

ここまで、アスペルガー症候群について、子どもの慢性疲労症候群とはあまり関わりがなさそうだという意見について書いてきました。

しかし、去年の疲労学会では、「自閉症スペクトラム障害を合併する小児慢性疲労症候群における自律神経機能の検討」という話が行われていましたし、併存することはあるようです。

慢性疲労症候群の診断時に除外するものとして自閉症スペクトラム障害は含まれてはいません。

有名人を例にとってみても、自閉症スペクトラム障害と慢性疲労症候群の両方をもっていたと考えられる人に進化論で有名なチャールズ・ダーウィンがいます。

アスペルガーの2つのタイプ「天才と発達障害 映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロル」 で少し触れましたが、ダーウィンは強烈な映像記憶の持ち主であり、ディスレクシアや手のパタパタ運動などがあったことから、自閉症スペクトラム障害だったと考えられています。(p61)

同時に、ダーウィンは生涯のある時点から原因不明の疲労感を死ぬまで抱え、現在ではナイチンゲールとともに、慢性疲労症候群の有名人として、引き合いに出されることがあります。

もちろん彼の発達障害的な特徴が慢性疲労症候群の発症と関係していたかはだれにも分かりません。ここで挙げたのは併存であり、原因と結果ではありません。

ただ一般論として、発達障害があると二次的な問題を抱えやすくなります。どのような要素があるのでしょうか。いくつかの点を取り上げてみます。

ストレスが多くなる

ひとつは発達障害があるとストレスを溜め込みやすいという点です。まわりになじめず、生きづらさを感じるので、日常生活から感じるストレスも多くなるでしょう。ほかの人が簡単にできることが大仕事ということもあります。

発達障害があると、脳機能の脆弱性もあるので、前述のストレスとの相乗効果もあって精神疾患や心身症への耐性が低くなってしまうようです。

ほかの人がなんとも思わない、あるいは耐え難いとまでは言わないストレス環境でそうした疾患になってしまったとしたら、環境以外にストレスを増幅している要素として、生来の脳のストレス耐性の低さが関係している場合もあるでしょう。

治りにくいさまざまな精神疾患や心身症の裏に未診断の大人の発達障害があるケースは「重ね着症候群」として注目されているようです。(治りにくい病気の背後にある大人の発達障害、「重ね着症候群」とは)

睡眠の問題を抱えやすい

不登校外来―眠育から不登校病態を理解するは、慢性疲労症候群と発達障害の関係については否定ぎみですが、両者に睡眠障害が関わっていることを示唆する記述があります。

この状態[慢性疲労症候群の脳機能]をこの時点で評価すると、発達障害との診断になるかもしれないが、先に述べたようにこの状態は二次的に併存するものであり、いわゆる生来の発達障害理解とは異なる。

あるいは発達障害とよばれる病態そのものが睡眠障害にはじまる脳機能低下の二次的産物かもしれない可能性が示唆されている。(p85)

その後の研究によると、乳幼児のころの睡眠障害は発達障害に、そして学生のころの睡眠障害は慢性疲労症候群の契機になりやすいという見方がされています。

その点については発達障害や慢性疲労症候群と関わる「子どもの夜ふかし脳への脅威」にまとめました。しかしこの本でも、発達障害と慢性疲労症候群に関係があるとは一切言われていません。言及しようと思えばいくらでもそうできるはずですが、あえて関係付けしていないものと思われます。

睡眠障害が発達障害と関係があるという見方は、いろいろ裏付けがあり、体内時計の調節を担っているホルモンはバソプレシンかもしれないという話がありました。バソプレシンは自閉症スペクトラム障害との関係も注目されているホルモンです。(体内時計を薬で止めるカギはバソプレシン? )

それで、生まれつきの発達障害→概日リズム睡眠障害になりやすい→慢性疲労症候群発症 という経過は場合によってはあるのかもしれませんが、断定を避けるのは賢明です。

脳の使い方が独特

脳の使い方が独特であることが子どもの慢性疲労症候群の一因になっているという話もありました。

神戸新聞|社会|「慢性疲労症候群」の子 脳機能多く使用か 理研によると、「2種類の作業を同時に行う場合、健康な子どもが文字の読み取りなどを担う左脳だけを使うのに対し、直感力や独創力をつかさどる右脳も使うため疲れやすい」とされています。

これは一見すると、慢性疲労症候群の子どもには発達障害が多い、ということにように思えます。わたし自身そのように解釈したほうがわかりやすいと思っています。

しかし、ニュースの表現からすると、「本来の脳機能を取り戻せる」ことについても書かれていますので、医師の立場からは、生まれつきの脳の特性として考えられているわけではないのかもしれません。

感覚異常

自閉症スペクトラムの人はさまざまな感覚異常をもっています。いくら疲れていても疲労感を感じないとか、痛みに過敏、あるいは鈍感であるとか、寒さや暑さを感じにくいなどです。

もし疲労感を感じないなら、知らず知らずのうちに過労に陥って、体調を壊してしまうこともありうると思います。逆に易疲労性があるという人もいます。周囲に過剰適応してしまって慢性疲労を感じている自閉症スペクトラム障害の人もいるようです。

後者の、感覚異常によって、子どものときから、疲労を感じている例は、慢性疲労症候群とは診断されません。その点は危ない!「慢性疲労」 (生活人新書)に書かれています。

特に幼少期から疲労を訴える場合、訴えている疲労が本当に病的なものなのか、神経過敏による感覚異常の疲労によるのか、判別が困難です。

そうした理由によって、現在のところは子どもの疲労(物心がついた時からの疲労)については、慢性疲労症候群の診断から外すことになっています。(p96)

問題は、もともと感覚異常があって、その上で、ある時期から慢性疲労症候群になったという例です。

日本大学板橋病院の村上正人医師によると、慢性疲労症候群(CFS)の患者は、「感情の認知や的確な表現が失われている失感情症、疲労や空腹などを十分に認知できず、体の声を聞くことができない失体感症」を抱えているとされています。

それらの失感情症(アレキシサイミア)失体感症(アレキシソミア)と自閉症スペクトラムが関わっているのかどうかは分かりません。

しかしカサンドラ症候群 - Wikipedia はてなブックマーク - カサンドラ症候群 - Wikipediaには「自閉症スペクトラムのおよそ85%がアレキシサイミア(失感情症)だと言われている」とあります。

また自閉症スペクトラムが アレキシサイミア傾向に 与える影響という研究資料には 、「 近年,アスペルガー障害を含む自閉症スペクトラムとアレキシサイミアとの間には概念的な オーバーラップがあることが議論されている」とあり、心身症と結びつけられています

このようなわけで、現時点では、慢性疲労症候群と自閉症スペクトラム障害は併存することがあるとはいえ、両者の因果関係は不明です。AD/HD(おもにADD)については現時点でも、それなりに関係が示されています。

今後何かわかれば、改めてこのブログで取り上げたり、ここに追記したりするかもしれませんが、今のところはこれ以上のことはわからないというのが正直なところです。

▼追記1:仮面うつ、身体表現性障害、心身症との関連

慢性疲労症候群は概念的に、仮面うつや身体表現性障害や心身症として扱われることもあるので、そちらと発達障害の関連についても検索にかけてみましたが、やはり特に関係を示唆するような資料はありませんでした。

しかし、上記のとおり、発達障害だとアレキシサイミアのため、心身症になりやすいという話は散見されました。感情表現が苦手な分、ストレスが身体的なものとして現れやすいという説明がされています。(『発達障害』って何?:第52回~「発達障害と心身症について」 )

▼追記2:若年性線維筋痛症の場合

若年性線維筋痛症の場合は、しばしば素因として自閉症スペクトラムが見られるとする記述がありました。その場合は発達障害に応じた治療も必要なようで、発症と無関係とはいえなさそうです。

慢性疲労症候群と線維筋痛症は近縁の疾患であり、同じような発症メカニズムがあるものと思われます。

子供の体の痛み「若年性線維筋痛症(JFM)」とは? 原因と治療法 | いつも空が見えるから

また、慢性疼痛には、自閉症と似た仕組みがあるかもしれないというニュースもありました。どちらも脳の免疫細胞ミクログリアの活性化が関係している可能性があるそうです。

線維筋痛症と自閉スペクトラム症には免疫細胞ミクログリアの活性化が関係している? | いつも空が見えるから

▼追記3 子どもの慢性疲労症候群の病院についてのニュース(2015/04/17)

ニュースによると、子どもの睡眠と発達医療センターに、睡眠障害で入院する子どものうち、2/3が自閉スペクトラム症だと言われています。

この病院は、上記のとおり子どもの慢性疲労症候群を診ている病院で、入院患者の一部は慢性疲労症候群の診断を受けていると思われます。

子どもの睡眠と発達医療センター、睡眠障害で入院する子どもの2/3が自閉スペクトラム症 | いつも空が見えるから

記事で取り上げたように、三池輝久医師は睡眠障害の不登校児(小児慢性疲労症候群)をアスペルガーと診断するのは不適切ではないか、としていましたが、このニュースの発表はそれと矛盾するように思えます。もしかすると、見解が変わったのかもしれません。

 この新しい報告に基づけば、やはり子どもの慢性疲労症候群の素因として、ADHDのみならず、自閉スペクトラム症も少なくないのではないかと思います。

つまり、慢性疲労症候群や線維筋痛症になる子どもは発達障害の素因を持っている可能性がある程度高いということです。

今のところの個人的な意見として、大人になってから慢性疲労症候群や線維筋痛症を発症する場合はともかく、まだ若い時期にこれらの病気になるとしたら、何らかの発達障害による脳の脆弱性が背後にある可能性はそれなりに高いのではないかと思っています。

▼追記4 最新版 (2015/11)

三池輝久先生らによる最新の書籍で、慢性疲労症候群と発達障害との関わりが明言されていました。最新の内容はこちらをご覧ください。

慢性疲労症候群の子ども(CCFS)には発達障害が多いー治療にはADHDや自閉スペクトラム症の理解が不可欠 | いつも空が見えるから

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク