イマジナリーフレンド(IF) 実在する特別な存在をめぐる4つの考察

LINEで送る
Pocket

マジナリーフレンド。あるいはイマジナリーコンパニオン、イマジナリープレイメイト。訳せば、「空想の友だち」「想像上の仲間」「頭の中の遊び相手」といった意味があります。

しかしこの言葉を検索して、この記事にたどり着いてくださったとしたら、そして特に成人・大人のイマジナリーフレンドに興味を持っておられるとしたら、おそらくイマジナリーフレンドという概念は、あなたにとって、単なる「空想の友だち」以上の、非常に特殊な意味を帯びているに違いありません。

イマジナリーフレンドに興味を持つ人の多くは、実際にイマジナリーフレンドと暮らしている人です。このような人を、最近では「IF保持者」と呼ぶようなので、ここではそれを用います。

イマジナリーフレンドほど、当事者の興味をそそり、当事者以外には理解しづらい概念はなかなかありません。

イマジナリーフレンドを持っていない人の多くは、IFを単なる空想上のキャラクターとみなしますが、IF保持者にとっては、決してそうではありません。

むしろ、IFとは何者なのか、いったいどこから来たのか、なぜそこにいるのか、いつまで共にいてくれるのか、といった、とても現実的な疑問を抱きます。

この記事は、イマジナリーフレンドという実在する特別な存在をめぐる個人的で詳細な考察です。

更新履歴(クリックで展開)
スポンサーリンク

イマジナリーフレンドとは

これから書く内容は、主に、すでにイマジナリーフレンド(IF)・イマジナリーコンパニオン(IC)・イマジナリープレイメイト(IP)と暮らしている人たちを対象としたものです。そうでない人は理解しにくい部分が多いと思われます。

しかし、中には、だれかからイマジナリーフレンドの存在をカミングアウトされて、その人を理解するために、この記事に目を通してくださっている方もいるかもしれません。そうした方のために、最初にごくごく簡単にイマジナリーフレンドの定義について書いておきます。

イマジナリーフレンドは、解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書)という本のなかで、こう説明されています。

一般人の20-30%にみられ、一人っ子か第一子の女性に多いとされる。8-12歳の間にはかなり少なくなってしまう。

ICは名前をもつことが多く、ある程度の人格性や歴史性をもっている。たいていは同性であり、年齢的には同じであるが、すこし上である。

ICをもつ子どもは夢や空想が生き生きとしており、それらに没入する傾向がある。(p128)

有名なところでは、モンゴメリの赤毛のアンにイマジナリーフレンドが出てきます。アンは孤独からガラス戸に映る自分の姿にケティ・モーリス名づけて会話をしました。またこだまにヴィオレッタという名前をつけ、友だちにしていました。これらはモンゴメリ自身の体験に由来しているそうです。

今はケティ・モーリスもヴィオレッタもいないんだもの。それに、仮にいたとしても、前とは違うでしょうね。だってほんものの友達を持ったあとでは、夢の女の子では物足りないわ。

アンは成長とともにイマジナリーフレンドとは関わらなくなりました。

しかしイマジナリーフレンドは子どもだけのものではありません。ファンタジーと現実 (認識と文化)には、大塚・佐藤・和田らによる1991年の調査について書かれています。

それは18歳から24歳までの大学生1013人を対象としたものでしたが、女子の12.8%、男子の6.0%を占める91名がイマジナリーコンパニオンを持ったことがあると答え、そのうち28名が、大人になってもなお持ち続けていると回答したそうです。つまり約2.8%の人が大学生になってもイマジナリーフレンドを持っているのです。(p125)

この記事で扱うのは、子どものイマジナリーフレンドではなく、大人になってからも存在しつづけるイマジナリーフレンドについてです。

(子ども・幼児のイマジナリーフレンドについてはこちらから別の記事をご覧ください)

これから、この記事では、イマジナリーフレンドを4つの側面から考察します。各セクションは以下のようになっています。

概要
第一章 IFの現実性―IFと空想のキャラクターの違い
…最初のセクションは、 イマジナリーフレンドを持たない人からよく誤解される点、IFは、空想のキャラクターではないのかという点を扱います。

第二章 IFの病理性―IFはどこかおかしいのか
…二番目のセクションでは、IF保持者も周りの人も不安に思う点、IFは病気ではないのかという疑問について扱います。

第三章 IFと愛着―なぜ特別な絆が生じるのか
…三番目のセクションでは、IF保持者がIFとの間に築く、特別強固な独特な絆について扱います。

第四章 IFと創造性―IFはどこから生まれるか
…四番目のセクションでは、IFを生み出す人に生まれつき備わる素質について扱います。

全部読むと長いので、興味のあるセクションから読み始めることもできます。

注意していただきたいのは、この考察はIFを扱った学術的な研究ではないということです。IFを扱った学術的な論文はCiNii(サイニィ)サーチで、「Imaginary Companion」で検索すると何件か表示されます

それらの内容はこちらにまとめましたが、多くは子どものイマジナリーコンパニオンに関するものであり、大人のイマジナリーフレンドについては研究が不足しています。

そのため、これから書く考察は、専門家ではないわたしが、読んださまざまな書籍に基づいてまとめた個人的な考察に過ぎません。

おそらくIFに関係するであろう話を扱っていますが、確実にIFの人に当てはまるといった統計やエビデンスは存在しないことをお含みおきください。

また、IFに関する経験は、いくらかの共通項は見られるとはいえ、基本的に千差万別で、一人ひとり異なるものです。ですから、ここで書いている考察が、すべてのIF保持者とイマジナリーフレンドに当てはまるわけではないことにご留意ください。

それでは、長くなりますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

第一章 IFの現実性―IFと空想のキャラクターの違い

目次に戻る

IF保持者が声を大にして主張するのは、イマジナリーフレンドはいわゆるオリキャラ(オリジナルキャラクター)のようなものではないということです。IFは空想のキャラクターとは比べ物にならないほど現実味のある存在だといいます。

イマジナリーフレンドを持つ作家の場合、オリキャラがイマジナリーフレンドになるケースもあるとはいえ、両者は別個の概念として区別している場合が多いようです。

しかし、一般の人から見ると、創作作品における登場人物も、イマジナリーフレンドも、どちらも空想のキャラクターにすぎないと思われがちです。

このことに対する反論として、単なるキャラクターと異なり、イマジナリーフレンドは人格をもった存在であると述べる人もいます。しかし、そのような意見はあまり意味をなさないように思えます。

その理由は、小説家や漫画家が創るキャラクターについて考えてみるとよくわかります。

小説家や漫画家は、そのキャラクターに話しかければ、どんな言葉が返ってくるか知っています。

ときに、キャラクターが、自分の想像を越えて、勝手に動き出した、と話す作家もいます。その場合、キャラクターは一個の人格を持つ存在として意識されています。

哲学する赤ちゃん (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)という本は、イマジナリーフレンドについてこう述べています。

空想の友だちは、大人のフィクションの登場人物といろいろな点で似ています。虚構の人物を創作する作家の多くが、登場人物は独立した人格をもっている、ただ彼らはたまたま実在していないのだ、などと子どもじみた説明をします。

…通りを歩けば登場人物が後ろからついてくる気がする。作中の役割について議論を交わすことがある。自分は彼らの言動を書きとめているにすぎないと感じることがよくある。そんなふうに彼らは答えています。(p92-93)

たとえば、コナン・ドイルは、シャーロック・ホームズがどんな場面でどのような発言をするか把握していたでしょう。アガサ・クリスティーは、あるうわさ話を話せばミス・ジェーン・マープルがどんな反応をするか手に取るようにわかったでしょう。そうでなければ小説など書けません。

では、シャーロック・ホームズはコナン・ドイルのイマジナリーフレンドだったでしょうか。決してそうではありません。ということは、IFは、単なる人格付けされた空想の人物ではないことになります。

イマジナリーフレンドは向こうから話しかけてくる、という点はどうでしょうか。この点はイマジナリーフレンドごとに違いがあります。

時と場所をわきまえずに自発的に話しかけてくるイマジナリーフレンドもいますし、保持者が求める場合にだけ会話できるイマジナリーフレンドもいます。(詳しくは空想の遊び友達、イマジナリープレイメイトという「ファンタジーと現実」を参照)

前者の場合は、確かにかなり特徴的ですが、それをIFに必須の特徴としてしまうと、IFという概念はかなり限局的になってしまうことでしょう。それに自主性を獲得したIFは解離性同一性障害など病的なものに近くなるおそれがあるという点も後に取り上げます。

それで多くの場合、IFの現実性を考えるには、単に人格を持っている、という以上のことを考える必要があります。

ここではイマジナリーフレンドとキャラクターの違いを、3つの観点から考えてみたいと思います。

1.主従の関係

キャラクターはあくまで空想の産物として捉えられ、作り手の考える世界の中だけで動くことを許されます。作り手は絶対的な創造者であり、キャラクターは意志を持つ場合もあるとはいえ、あくまで人形です。

キャラクターに思い入れがある場合でも、キャラクターはあくまで物語の駒として扱われます。作り手はいわばキャラクターとその世界を作った神さまのような役割を持っているといえます。

しかしイマジナリーフレンドは対等あるいはそれに限りなく近い存在として意識されます。IF保持者は、IFが自分から生まれたことを認めますが、彼らを人形や物語の駒のようにはみなさず、同等の個人と捉えます。

まれに、対等の関係を越えて、IFが主であり、IF保持者が従の関係になっている場合もあるようです。

どちらにせよ、IF保持者は、「保持者」であって「作り手」ではないのです。

だからこそ、IFはイマジナリーパーソンではなく、イマジナリーフレンドとなることができます。現実の人間と同じように、対等の友情を結ぶに値する者として映るのです。友情どころか恋愛すら可能だと考える人もいます。

2.活動する領域

キャラクターはたいてい、作者が構築した世界の枠内のみで行動する、ということはすでに述べました。実写化したり、俳優が演じたりして、現実にいるかのように感じさせることもありますが、あくまで、脚本のなかで、決められた物語の枠内で行動します。

しかしイマジナリーフレンドは、たいてい日常生活のなかで、現実にいるかのように振る舞い、現実の人間と同じように考え、行動します。その行動にはほとんど制限がありません。

IF保持者はおもに現実の日常の世界でイマジナリーフレンドと交わり、会話を楽しみます。イマジナリーフレンドと会うために架空の世界に入る必要はないのです。もちろん、IFの住む、ファンタジー世界での活動を考える人も多いですが、それとは別に日常的な交わりが必ず存在します。

ファンタジーと現実 (認識と文化)には、イマジナリープレイメイトは、(特に児童期においては)「日記に記されるような内面の世界や心の秘密ではなく、日常的な世界や日頃の遊びの世界に近い」と書かれています。(p127)

3.生まれ持つ役割

キャラクターは、物語をおもしろくするために存在します。しかしイマジナリーフレンドは、多くの場合、IF保持者を支えるために存在します。

キャラクターは物語の駒として、作り手が意識的に創造する存在です。それに対してイマジナリーフレンドは、意識的に創り出すというより、だれかが危機に陥ったとき、無意識のうちにその人を守り、支えるために意識上に現れるのです。それが最初の出会いです。

多くの場合、キャラクターは「創る」ものですが、IFは「出会う」ものです。

アニメーションとライフサイクルの心理学 (ビジュアル文化シリーズ)によると、チェコのアニメーション作家イジー・トルンカの妻による作品「夢見るイルジー」に出てくるイルジーはイマジナリーフレンドを持っています。

イマジナリーフレンドはときどきイルジーに話しかけ、助けを与えます。そしてこう言います。

おまえの道を照らしてやろう。おまえは自分が何になるべきか、覚えているだろうね? こわがることはない。わしはおまえを見すてはしない。わしは、いつもおまえといっしょじゃ。(p61)

イルジーのイマジナリーフレンドは、イルジーを支え、導き、助ける役割を持っていました。

ここまで考えてきたとおり、イマジナリーフレンドは単なる人格を持っている存在ではなく、主従の関係、活動する領域、生まれ持つ役割において、現実の人間に極めて近い性質をもっているのです。

このうち、最後の点、イマジナリーフレンドはIF保持者を守る役割を持っているということに関して、第二章でさらに掘り下げて考えます。

▼危機的状況における「サードマン現象」との関わり
イマジナリーコンパニオンの研究者たちは、遭難事故などの危機的状況に陥った人を、空想の他者が支え、導く「サードマン現象」とイマジナリーフレンドの共通性を指摘しています。詳しくはこちらをご覧ください。

脳は絶望的状況で空想の他者を創り出す―サードマン,イマジナリーフレンド,愛する故人との対話 | いつも空が見えるから

 

なぜリアルに感じるのか

ファンタジーと現実 (認識と文化)の著者である麻生武博士は、イマジナリーフレンドの特殊な性質について論じています。

「想像の遊び友達(imaginary playmate)」、別な表現をすれば「想像の仲間(imaginary companion)」とは、本人が対話することのできる幻想の他者である。

その興味深い特徴は、その“実在性(リアリティ)”にある。それは極めてリアルであり、しばしばその声が聞こえ、姿が見え、時には手で触ることもできるようにも感じられる。

しかし現実の他者と混同されているわけではない。本人は、それがある種のファンタジー的な存在であることを承知しているのである。(p204)

これは一見矛盾するように思えます。幻想とわかっているのにリアルに感じられるからです。

麻生博士はこの点を説明するために、「実在性」「現前性」という2つの概念に分けています。「実在性」とは、イマジナリーフレンドが実在していると確信している度合いです。「現前性」とはイマジナリーフレンドのリアリティです。

この実在性と現前性はどちらか一方だけが高いことが多いようです。たとえば多くの場合、実在しないことがわかっているからこそ(低い実在性)、想像力を働かせ、目の前にいてほしいというリアリティを強めます。(高い現前性)

この現前性、つまりリアリティを支えるのは (1)対話性 (2)知覚の共同性 だといいます。

(1)対話性
通常のイメージとは異なり、イマジナリーフレンドの基盤は対話にあります。例えば「りんご」を想像する場合、イメージを抱き続けるには労力が要ります。しかしイマジナリーフレンドの場合は声をかけると反応が返ってくるので、イメージを保ちやすく、リアリティがしぜんと生まれます。

(2)知覚の共同性
また「りんご」の場合は、たとえ触ろうとイメージしたとしても、触った感触を感じるのは自分だけです。それに対し、イマジナリーフレンドに触れると、自分の触覚と、擬似的な相手の触覚両方が刺激されます。

手をつないだ場合、「あなたの手、温かいね」「うん、君の手も温かいよ」といった具合に、つないだ側とつながれた側双方の感覚が刺激され、互いに強め合うのです。

このようにコミュニケーションでき、外の世界を共に知覚できることが、イマジナリーフレンドのリアリティをもたらしているとされています。

▼リアルな感覚を伴うイマジナリーフレンド
実際に姿が見える、声が聞こえる、手でさわれるというイマジナリーフレンドについてはこちらをご覧ください。

姿が見える,声が聞こえる,リアルな幻覚を伴うイマジナリーフレンド現象の研究 | いつも空が見えるから

 

なぜ他人にはわかってもらえないのか

イマジナリーフレンドを持つ人の多くは、他人に話したとき、理解してもらえなかったという経験をもっています。なぜそうなってしまうのでしょうか。

「子どもだけが感じている?幼児における空想の存在についての認識」の研究成果 | 注目情報 | 上越教育大学 はてなブックマーク - 「子どもだけが感じている?幼児における空想の存在についての認識」の研究成果を発表しました。 | 注目情報 | 上越教育大学によると、イマジナリーフレンド/イマジナリーコンパニオンを持つ子どもは、「想像した存在に生物らしさやヒトらしさを感じるシステム」を働かせているそうです。

子どもは,「現実の他者」および「目に見えない他者」について、生物らしさやヒトらしさを持つと反応しました。いっぽうボールについて質問すると,ボールはそのような特性を持たないと反応しました。

ここでは、「幼児は大人とは異なる特有の認識システムを持つ可能性」があると指摘されていますが、大人になってもイマジナリーフレンドを持っていて、その実在性を強く感じている場合、このようなシステムが残り続けているのかもしれません。

その場合、周りにいるイマジナリーフレンドを持たない人たちは、そのシステムを成長するにしたがって失っているわけですから、IF保持者の持つ不思議な感覚を理解しにくいと思うことでしょう。

とはいえ、ファンタジーと現実 (認識と文化)には、神や仏という概念を有する人や、亡くなった配偶者の言葉を想像する人についても、イマジナリープレイメイトと近縁の体験を有しているのではないか、という推論もされています。(p126)

その場合は、人格的存在を想像し、それを信じるという能力は必ず子ども限定のものではないということになります。とはいえやはり、当人以外には理解しがたいのは同じでしょう。

境界があいまいな人も

なお、この項目では、イマジナリーフレンドとオリキャラは明確に異なるというケースについて書いてきましたが、境界があいまいな人もいます。

前述のように、オリジナルキャラクターがイマジナリーフレンドとなってひとり歩きする場合もあれば、創作やゲームをするときにイマジナリーフレンドを登場させてオリキャラ化する人もいます。

哲学する赤ちゃん (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)によると、小説家50人を対象とした調査では、約半数が子ども時代のイマジナリーフレンドを覚えていました。これは一般人よりもはるかに高い確率であり、創作と想像上の友だちとが関係していることを示しています。(p93)

稀で特異な精神症候群ないし状態像には、25人ものIFを持ち、「小説の素材にしたいから熱心に空想している」と述べる女性のことが書かれています。(p43)

実際にインターネット上でイマジナリーフレンドを題材にした絵や小説を発表している人もいます。イマジナリーフレンドを持っている人は、それを創作でも表現したいという意欲が強い場合も多いのです。

しかし残念ながら、それを見た普通の人は、イマジナリーフレンドとはやはり創作の登場人物のようなものだ、と思ってしまうかもしれません。

また、自分から意識的に創り出す空想の友だちで、しかも会話できる存在は、(本来の意味と合致するかどうかはともかく)タルパ(トゥルパ)として分類されることもあるようです。しかしこの記事では、IFにはオカルト的な側面はまったく無いものとしています。

さて、ここまでイマジナリーフレンドは単なる空想とは違うという点を考えてきました。そのためとてもリアリティがありますが、一方で、病的な域に接しているのではないかと恐れる人もいます。

続くセクションでは、イマジナリーフレンドには病理性があるのか、という点を論じます。

第二章 IFの病理性―IFはどこかおかしいのか

目次に戻る

イマジナリーフレンドを持つ人は、だれかにカミングアウトすると、奇異の目で見られることがよくあります。自分はどこかおかしいのではないか、と考えてしまう人もいます。おおかたのIF保持者は、そのような悩みを乗り越えて今に至ります。

ファンタジーと現実 (認識と文化)には、イマジナリーフレンドを持つ青年は、3つの感情を持つと分析されています。その3つとは、

1.“私的な”誰にも知られることのない心の中の内面世界を持っているという意識
2.他者が誰も知覚できない秘密の幻想世界を、一人で支えていることに対する不安
3.秘密の中の秘密を親密な他者と共有したいという気分

であり、そのうち二番目の点において、「時には自分が精神異常ではないかという不安を抱くことがある」とされています。(p126)

IFは病気なのかという議論で、必ず話題に上るのが、解離性同一性障害(DID)という病気です。一般に多重人格障害と呼ばれます。

IFと解離性同一性障害は関係があるのでしょうか。

IFと解離性同一性障害

IF保持者がIFと出会う方法はさまざまです。その中でも時折見かけるのが、いじめなど過酷な迫害体験や、耐え難い孤独の末に生まれたというケースです。

図解臨床ガイド トラウマと解離症状の治療―EMDRを活用した新しい自我状態療法にはこう書かれています。

非常に辛く、慢性的で、逃れることのできないトラウマがある子どもの場合、想像上の友人から脱却するかわりに、こうした友にいっそう強く頼るようになるかもしれません。(p37)

IFと比較されることが多い、解離性同一性障害(DID)も、虐待やいじめといった迫害体験から生まれることが多いようです。

子どもの発達障害と情緒障害 (健康ライブラリーイラスト版) では、解離という防衛機制について扱われているページに次のような説明があります。

想像のなかの友達

一般に、子どもは想像のなかにしかいないイマジナリーフレンドをもつことがあります。三~四歳くらいの子が、イマジナリーフレンドと遊び、おしゃべりするのは、めずらしいことではありません。

いっぽうで、解離の状態が進むと、バラバラになった記憶と体験をいくつかの人格が分け合う多重人格が生じることがあります。この状態には治療が必要です。

想像のなかの友達がどちらの範疇に入るのか、鑑別が必要です。(p47)

解離性同一性障害の場合は、バラバラになった記憶や体験を、各人格が受け持つ形を取ります。人格が交代することはスイッチングと呼ばれます。

耐え難い悲しみなどの記憶を、解離という防衛機制によって、自分とは関係がないものとして切り離してしまうのです。

対照的に、イマジナリーフレンドは基本的に正常な状態であり、解離性同一性障害のような病的状態ではありません。多くのIF保持者は、自分の考えはIFに筒抜けであるといいます。経験や記憶が、分割されることはありません。

しかし、中にはIFと人格を交代する人もいますから、軽度のスイッチングは見られます。また、辛い気持ちを慰め、寂しさを埋め合わせるために存在しているとしたら、やはり解離という同じ防衛機制が働いている可能性があります。

解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書)によると、解離性同一性障害とイマジナリーフレンドは別物として扱われつつも、その関連性が指摘されています。

解離性同一性障害の患者では、約60%の患者にICがみられたという報告があるが、これは一般の二倍の頻度である。

…その際、ICの数は通常の1,2人よりも多く平均6人程度であり、思春期や青年期まで持続することが多いといわれる。

ICが自主性を獲得すると、その性質は攻撃的となり、患者の願望に対抗して行動することもある。(p128)

解離の病態では、成人になってもICに類似した存在を、天使、妖精、聖霊、友など眼に見える姿として、あるいはありありとした気配として感じているケースにしばしば遭遇する。(p130)

「解離」に関する臨床心理学的考察―「病的解離」から「正常解離」まで ―によると、「イマジナリーコンパニオンの存在が何らかの外傷的体験によって交代人格へと結晶化する可能性を指摘する研究(安,1997)」があります。(p220)

それで、次のように考えることができます。すなわち、体を守る免疫が強く働きすぎると自己免疫疾患につながるように、心の防衛機制も正常な範囲ではIFを生み出す程度であるものの、あまりに強く働くと、解離性同一性障害につながるのかもしれません。

「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場からという本の中で精神科医の大饗(おおあえ)広之先生は、幾つかのイマジナリーコンパニオンの臨床例を挙げていますが、そのうちのある症例について、こう書いていました

ヨウコのような症例においてはICとDIDを質的にわけることができないのである。

両者には断片的な性格のものから人格として高度に統合されたものまでさまざまな段階のものがあり、少なくとも健忘の程度によって質的に区別することは難しい。(p181)

上記に書かれているように、ひとつの目安として、IFが自主性を持つかどうかという点が挙げられます。IFが自主的に話し始め、しかも攻撃的な内容を語り始めたら、病気との境界上にいることになります。

もちろん、IFのすべてが、辛い経験がきっかけで生まれるわけではありません。

まったく別の形で出会うIF、たとえば、創作を行っていたらキャラクターがひとり歩きしはじめて、会話できるようになり、日常生活でも行動しはじめた、というパターンも存在します。

その場合も解離という防衛機制は働いているのでしょうか。

イマジナリーフレンドと持続的空想

その点を説明するのが、「空想傾向」(fantasy-proneness)、または「持続的空想」という幼少期からの特徴です。

「空想傾向」は、米国の心理学者ウィルソンとバーバーが、催眠感受性の研究で偶然に発見した性質です。彼らによると、空想傾向の強い人は、人口の約4%にみられます。これは孤独や困難でストレスの多い環境と関連しているようです。そのうち、解離の患者に顕著なのが「持続的空想」というものです。

解離の患者は幼少時から活発な空想活動をしていることが多く、多くの時間を空想のために使っている。

主人公が自分であることもあれば、ほぼ同年齢の同性の子どもであることも多い。人物像は詳細に設定され、物語は具体的かつ数ヶ月間持続的に進行していく。

かなり具体的にありありと眼に見えるように空想しており、それもどんどん勝手に進行していくようだという。(p126)

このような特性は「想像上の友人や表象幻視ときわめて近縁の体験」とされています。実際、IFを持つ人で、持続的空想に思い当たる点のある人は多いと思います。

先に取り上げたイマジナリーフレンドの持ち主、小説の中のアン・シャーリーとその作者のモンゴメリは、非常に想像力豊かで、空想好きの性格でした。

このような空想能力は、国語や美術の成績が優秀ということにも表れます。

前述のファンタジーと現実 (認識と文化)に載せられている大塚たちの調査によると、イマジナリーコンパニオンを持っていた学生の割合は学部によって違いがあり、多い順に文化系学部13.1%、理科系学部6.1%、体育学部2.0%でした。

また1969年のシェーファーによるニューヨークの高校生800人を対象にした調査でも、イマジナリーコンパニオンを持つ学生は文学(作文や詩作)において創造力が高いことがわかったそうです。(p124)

上記でとりあげた、創作から現れたイマジナリーフレンドは、この持続的空想の延長線上にあるものと思われます。やはり、解離という防衛機制が関わっていると考えるのは妥当です。

では、迫害体験から生まれる解離性同一性障害、辛い経験から生まれるIF、持続的空想から生まれるIFをどのような関係であるととらえればいいのでしょうか。

スペクトラム(連続体)という概念で捉える

このことを理解するのに、スペクトラムという概念は役立つかもしれません。

たとえば、自閉症スペクトラム障害は、とても重い知的障害のあるものから、ほとんど健常者と変わらない高機能なアスペルガーまで、スペクトラム(連続体)をなすと言われています。

重い自閉症は障害ですが、アスペルガーは個性です。

同様に、解離という防衛機制によって生まれる仮想人格も重いものから軽いものまでスペクトラムをなしているのかもしれません。重度の解離性同一性障害になると病的ですが、IFでは個性の範疇と考えることができます。

図解臨床ガイド トラウマと解離症状の治療―EMDRを活用した新しい自我状態療法によると、こうした概念を解離性連続体といいます。この最も重い状態が複雑なDIDです。(p50)

専門家の中には、大人のIFについて「現実の対象との適当な交わりが欠け、現実と空想との境界があまりに曖昧になり、青年期以降も遷延するような場合には、病理的な側面を無視できない」と考える人もいます。

しかし、たとえば孤独を好む人の場合を考えてみても、個性ととらえるか統合失調質パーソナリティ障害のような病理と捉えるか、専門家の意見はわかれがちです。

IFの場合も、どこまでを個性とし、どこからが病理といえるのかを説明することは困難だといえます。少なくとも、IFのせいで、社会生活や他人との関わりが困難になるといった事態が生じていない限りは、治療の必要はないように思われます。

もう一人の私―内的な自己救済者

人によっては、イマジナリーフレンドを「もう一人の私」や自分の「良心」だと表現する人もいます。

完全な別人ではなく、もう一人の自分であるというこのような認識もまた、確証はありませんが、解離の機能として説明できるかもしれません。

一般に、解離の諸現象は区画化離隔の2つに分けられます。

区画化(コンパートメンタリゼーション)とは、脳のなかで感覚や記憶を仕切って分断してしまうことで、多重人格や健忘がこれに当たります。

離隔(デタッチメント)とは、意識が身体から離れているように感じられることです。離人感などがこれに当たります。一般に区画化より離隔のほうが程度は軽くなります。

イマジナリーフレンドは記憶の分断は生じないので区画化(コンパートメンタリゼーション)ではありません。しかし離隔(デタッチメント)には似ています。

離隔の一つの作用は、「存在者としての私」「眼差す私」の分離だといいます。「眼差す私」は周囲の空間のどこでも位置づけられますが、身体の後方の上部に感じられることが多いそうです。

稀で特異な精神症候群ないし状態像には、「身体の外部(頭の後ろ)に空間的な位置づけをもっていた」自発的に会話するイマジナリーフレンドについて書かれています。(p45)

解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論によると、「眼差す私」は、その人の人生を傍観し、見守っており、その人の内的な自己救済者(Inner Self Helper:ISH)とも関連があると考えられるそうです。

内的自己救済者とは、アリソン(Allison,R.B)によって提唱された概念で、当人の過去と将来を知り、冷静沈着、理性的で、主人格が危機に陥ったときに出現する、物事をテキパキと処理する有能な人格のことです。また癒やしや愛情を伝える存在でもあります。(p143)

この内的な自己救済者についてイメージをふくらませることが、解離性障害の治療において大切だといいます。あとで取り上げますが、精神疾患の患者がイマジナリーフレンドを持っている場合、医師は、そのイマジナリーフレンドを治療の協力者と位置づけることもあります。

もしかすると、ある人たちのイマジナリーフレンドは、このような内的な自己救済者であるもう一人の私の性質を反映したものなのかもしれません。アリソンも著書の中で、イマジナリーフレンドに内的自己救済者が宿る例を紹介しています。

病的でない解離を経験した宮沢賢治

解離のさまざまな症状を感じながら、決して病的とはいえなかった有名人に、創造性にあふれた詩人 宮沢賢治がいます。

解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書)では、宮沢賢治の詩に、気配過敏や持続的空想など、さまざまな解離の特徴がみられることが例証されています。

小岩井農場という作品の品評部分では、彼がイマジナリーフレンドをもっていたのではないかと推測されています。

素足の子どもたちの幻視は「想像上の友人」(イマジナリィコンパニオン)がありありとした実在感を獲得したものであろうか。

子どもたちはすでにとりあげた「配偶者」(シュジュゴス)にみられる「友」「伴侶」「天使」「天の衣」などのイメージと重なる。

彼らはまさに、時空を遠く離れたところからやってきた賢治の同伴者(コンパニオン)である。(p180)

しかし、宮沢賢治は、解離性同一性障害などの病気は発症しませんでした。その理由についてはこう書かれています。

賢治が精神的に不安定になったり、社会生活上大きな破綻がみられたりすることがなかったことは、周囲の人に恵まれていたこと、知能や創造性にあふれていたこと、強い意志をもっていたことなどが関係していたであろう。

しかし、なによりもつぎのような倫理的自覚が彼を支えていたからであろうと思う。

《みんな むかしからの きゃうだいなのだから けっして ひとりを いのつてはいけない》(p186)

この点から、解離のいち症状ともいえるイマジナリーフレンドを持ちながらも、決して解離性同一性障害という病気には発展させず、うまく付き合っていくための秘訣が読み取れます。特にイマジナリーフレンドと別れたくないという人は、肝に銘じておきたい点です。

それは、自分の殻に閉じこもったり、孤立したりするのではなく、社会との関わり、他者とのコミュニケーションを維持するということです。

さて、ここまでは解離という心の防衛機制の観点からイマジナリーフレンドを考えてきましたが、それだけでは、説明がつかないIFの特徴があります。

それは、IF保持者とIFの間に存在する、極めて親密な絆です。

▼解離について
解離の詳しい働きや創造性との関わりについては以下をご覧ください。

宮沢賢治の創造性の源? 「解離性障害―『うしろに誰かいる』の精神病理」| いつも空が見えるから

 

▼解離性同一性障害について
多重人格について詳しくはこちらをご覧ください。IF保持者にとっても比較の意味で興味深い点が多いと思います。

多重人格の原因がよくわかる7つのたとえ話と治療法―解離性同一性障害(DID)とは何か | いつも空が見えるから

 

 

第三章 IFと愛着―なぜ特別な絆が生じるのか

目次に戻る

イマジナリーフレンドはなぜ生まれるのでしょうか。上記においては、解離という防衛機制の働きとして考えました。しかし、その考えでは、IF保持者とIFとの間の極めて親密な絆について説明することができません。

解離性同一性障害の場合、いろいろな人格が現れては消えることが多く、患者は、各人格と特に親しい絆を結んでいるわけではありません。しかしイマジナリーフレンドの場合はそうとは限りません。

IF保持者の中には、比較的少数、あるいはたった一人のIFと極めて親密な絆を結んでいる人がいます。その絆の特徴は次の2つだと思われます。

■無条件の愛…どんなことがあってもIF保持者を見捨てない
■帰る場所・保護する家…IFが一緒にいてくれるからこそ、安心して外の世界に出て行くことができる

このような絆がもつ意味を理解するには解離とは別の見方が必要です。この特別な絆は、ジョン・ボウルビィの愛着理論をほうふつとさせます。

イマジナリーフレンドと愛着理論

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)によると、愛着理論の創始者ジョン・ボウルビィは、特定の養育者(おもに母親)が無条件の愛で子どもを愛することが、子どもの発達のスタートとなると考えました。

愛着の絆で結ばれた相手を求める純粋さを愛着行動といいます。愛着理論を深めたメアリー・エインスワースは愛着がもたらす安心を、安全基地と呼びました。

この2つがしっかりしていれば、わたしたちはどんな試練にも耐えられます。自分は間違いなく愛されているという安心感があるので、安全基地から外の世界に出て、いろいろなことにチャレンジします。ショックを受けても、愛着行動により安全基地に戻り、心の安らぎを得ます。

たとえば、有名な「夜と霧」の作者ヴィクトール・E・フランクルは、アウシュビッツ収容所において、愛する妻(安全基地)の微笑みを思い浮かべて(愛着行動)、心の平衡を保てました。

ナチスによるユダヤ人迫害が厳しかった時代、アウシュビッツなどの強制収容所に閉じ込められた人たちは、いかにして精神の平衡を保ったか。

そのために大いに助けとなったのは、愛する人のことを回想することであったと、ヴィクトール・E・フランクルは『夜と霧』で述べている。

フランクル自身、妻があたかもそばにいて、ささやいてくれるだろう言葉を脳裏に思い浮かべることで、過酷な試練に耐え、生きながらえることができたのである。(p35)

この愛着基地と愛着行動の関係は、IF保持者とイマジナリーフレンドとの関係によく似ています。

しかし、愛着理論における愛着は、最初は養育者、ひいては伴侶といった現実の存在と結ばれるのに対し、IF保持者の場合の絆は、イマジナリーフレンドという想像上の存在と結ばれます。何が起こっているのでしょうか。

イマジナリーフレンドと愛着障害

じつは、この子どものころの親との愛着関係は、どんな場合でも、適切に結ばれるとは限りません。

子どもが親を求めても、親が関心を示さなかったり、死別したり、あるいは虐待したりすると、子どもは反応性愛着障害という病的状態になります。

このような立場の子どもは、学校に上がるころには発達障害と似たような混乱した状態になり、愛着の再形成が必要になります。

また、それほど重篤でない場合でも、親とのすれ違いから、愛着が十分に形成されなかった場合には、愛着スタイルが不安定になることがあります。厳しいしつけ、両親の不仲、親が病気であるなど、いろいろな要因が関わります。

さらに親が悪いというわけでなく、単に、親と子どもの愛着スタイルの相性が悪かったために、子どもが寂しい思いをすることもあります。子どもはもっと愛してほしいのに、親はさばさばしている場合などです。

そうすると、安全基地がしっかり形成されていないために、ストレスや問題への耐性が弱くなります。学校の人間関係などで、他の子どもより打たれ弱くなります。積極的に外の世界に出て、他人と関わっていくことも苦手になります。

不安定な愛着スタイルを修復するには、自分を受け止めてくれる頼れる人を見つける、親の立場になってだれかを育てる、自分で自分の親の代わりをするなど、個人的な愛着形成の努力が必要となるようです。

この最後の「自分で自分の親の代わりをする」という表現は興味深く思います。

親の保護や導きも期待できず、親代わりの存在も身近にいないという場合、愛着障害を克服するための究極の方法は、「自分が自分の親になる」ということである。(p298)

もしかすると一部の人たちの場合、このような愛着修復の機構としてイマジナリーフレンドが働いているのではないでしょうか。

イマジナリーフレンドは、兄弟姉妹、親友、子ども、恋人などさまざまな形をとりますが、多くの場合、無条件の愛情と保護を保証する存在です。 現実世界で、そのような保証を与えてくれるのは、まず第一に親です。

イマジナリーフレンドの中には事あるごとに「大丈夫だよ」「愛してるよ」「大好きだよ」と声をかけてくれるものもいます。本来であれば、それは親がかける言葉のように思えます。

これはつまり、やむなき理由から、親との愛着形成が不十分であったため、親が注いでくれるはずの無条件の愛を、イマジナリーフレンドに委ねざるを得なくなったのではないでしょうか。

前項でとりあげた解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書)でも、その点は示唆されています。

発達心理学の領域では愛着外傷と解離性障害との関係が注目されている。

現実の居場所の喪失、逃避不能性、愛着の裏切り、孤独、現実への絶望。これらは解離性障害の患者の多くが子ども時代に受けたと推定される傷である。

その一方で、これら現実の傷とまったく対極に位置するところの空想への逃避や没入、それによる愛着欲求の満足、孤独の癒しなどといった世界がある。(p120)

空想の世界に生きていたアン・シャーリーは孤児でしたし、作者のモンゴメリは両親がおらず、祖父母の手で育てられました。こうした愛着関係を築きにくい境遇がイマジナリーフレンドと関係している可能性があります。

生涯の伴侶

イマジナリーフレンドの持つ役割は、「伴侶」として認識されることがあります。稀で特異な精神症候群ないし状態像という本にはこう書かれています。

I.Cは、概ね、患者の利益に沿う伴侶的な存在であり、その時々の患者の必要性に従って機能する。

I.C.は形式的には他の病的現象(幻覚妄想、実体的意識性など)とは区別される確固とした特異性をもつと考えられるが、患者がその架空性を認識している点、および内容的には患者を伴侶的に支えるという点では、必ずしも病的とはいえない側面を備えている。(p41)

I.C.はその扱い方によってはこれを治療の協力者となすことも可能だと考えられるのである。(p49)

ここでは、患者という言葉が用いられていますが、これは精神科医による医学書だからであって、病的とはいえないのであれば、保持者に置き換えて読んでもよいでしょう。

注目に値するのは、外部の医師から見て、大人が持つイマジナリーフレンドは、保持者の「伴侶」として存在しているように映るということです。

単なるフレンド(友)やプレイメイト(遊び相手)ではなく、コンパニオンまたはパートナー(伴侶)なのです。イマジナリーフレンドと恋人同士になれると言う人もいますが、この表現からは、保持者にとって家族同然の大切な存在にもなりうることがうかがえます。

前項では、イマジナリーフレンドは保持者の親のような存在として愛情を注ぐということを述べました。稀で特異な精神症候群ないし状態像にも保持者の自立を促し、社会規範を教え、ひとりだちできるようになると次第に消えていったICのことが書かれています。

しかしさらに、伴侶としての観点を加えると、ちょうど夫婦や家族のようにして、イマジナリーフレンドが愛着の傷を癒やしている様子がかいま見えます。

青年期における「想像上の仲間」に関する一考察 : 語りと体験様式からは、イマジナリーフレンドとそのような関係を結ぶ人たちについて、こう述べています。

青年期だけでなく,一生涯その存在と人生を共にしていく場合もありうるだろう。

…そのように, 「想像上の仲間」との関わりを保ち,独自の内的世界を抱えながら現実を生きるという在り方も十分に考えられよう。

ある人たちにとっては、イマジナリーフレンドは生涯の伴侶ともなりうるのです。

良い安全基地の5つの特徴

愛着の傷の克服のために、イマジナリーフレンドが働いているとすれば、それは言い換えると安全基地の役割を果たしているということです。

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)によると、良い安全基地には5つの特徴が見られると言います。(p262-264)

1.安全感を保証する
…一緒にいても傷つけられることがない。

2.感受性
…何を感じ、何を求めているのかを察し、共感してくれる。無神経なことを言ったり、頓珍漢な対応をしたりしない。

3.応答性
…求めているときにいつでも応じてくれる。相談でき、守ってもらえる。一方で、求めていない時には余計な手出しはしない。主体性を奪うことはなく、ただ傷つき弱っているときに、一時的に甘えさせてくれる。つまり主役は本人であり、安全基地は受け身である。

4.安定性
…その場の気分や都合で対応が変わるのではなく、一貫している。

5.何でも話せる
…隠し事をしたり、遠慮したりせず、心の中をさらけだせる。

もしあなたのイマジナリーフレンドが、これら5つの条件を満たすとしたら、そのイマジナリーフレンドは間違いなく、愛着に対する安全基地として機能していると見てよいでしょう。

安全基地はしばしば「港」に例えられます。本人は「船」として外の世界に出ていきますが、疲れて帰ってきたときには暖かく迎えて、保護や生きる糧を差し伸べるのです。

たとえ外海へと向かっているときでさえ、心の中には暖かく安全な「港」を思い浮かべることができるので、勇気を持って荒波をかきわけることができます。

柴山雅俊先生は、解離の構造―私の変容と“むすび”の治療論という本の中でこう書いています。

対人過敏症状にみられるように、解離患者の多くは基本的に人に対する怯えの意識がある。このことは幼少時から愛着関係を形成することができなかったことに由来するのであろう。

…空想的世界は現実の世界に安心できる居場所を見つけられなかった患者がかろうじて作り出した避難できる居場所である。解離の人々はこのように空想的避難場所を心にありありと描くことができる。

このことは治療的にも重要であり、オークランダーOaklander,v.は心の中に安心できる場所を思い描くことを推奨している。(p221)

唯一無二の特別な絆

イマジナリーフレンドが、「愛着欲求の満足」、親との愛着形成の傷の修復のために現れる、という点は、一部のIF保持者が、イマジナリーフレンドと非常に親密な絆を結ぶことからもうかがい知れます。

その多くは、イマジナリーフレンドと同じくらい大切な人はいても、それより大切な人はいないと述べます。それだけにとどまらず、イマジナリーフレンドがいなくなると生きていけないとさえ感じる人もいます。

これはとても不思議な感情です。現実の人間に対して、だれかがいなくなると自分は生きられないと感じることはそうそうありません。

しかし赤ちゃんの場合は、母親に対して確かにそのように思っています。赤ちゃんは完全に無力なので、母親がいなくなったら生きていけないのです。

そのため、何か困ったことがあると、母親(安全基地)の援助を泣いて呼び求めます(愛着行動)。これはIF保持者が、イマジナリーフレンド(安全基地)を呼び出す(愛着行動)ことと似ています。

あるいは、やはりそのような絆は、ひとたび生涯の愛を誓った伴侶との間に生まれるとも言えるでしょう。アウシュビッツ強制収容所の中で愛する妻の言葉を思い浮かべた、前述の「夜と霧」の作者を思い出してください。

IF保持者は、IF(安全基地)を絶対的に信頼しており、IFを呼び出すことによって(愛着行動)、どんな試練にも立ち向かっていくことができるのです。

実際、イマジナリーフレンドと出会ったことによって、自信がついた、外の世界への興味が広がった、気持ちが安定した、困難なことに対処できるようになった、心強い、生きたいと思った、などと感じている人は多いように思います。

この場合、イマジナリーフレンドは、愛着の傷を自己修復する積極的な作用として働いていて、生きるための自然な反応として現れているのではないかと思います。

確かに、イマジナリーフレンドに対する過度の精神的依存が見られるかもしれませんが、生活に現れているのは良い側面です。果たして精神療法などで、IFの存在を覆してまで、別の仕方で愛着の修復を図るべきかというと、それはかえって危険なのではないかと思います。

多重人格やイマジナリーフレンドは必ず人格を統合し、治療する必要があるのか | いつも空が見えるから

 

もちろん、イマジナリーフレンドのなかには、特別な絆を結ばないものも存在します。ちょっと現れてすぐに消えていく存在や、現実の遊び相手とさほど変わらない位置を占めるものもいます。特にIFを大勢持つ人は、そのような傾向が強いかもしれません。

ですから、すべてのイマジナリーフレンドについて愛着理論で説明することは難しいと思いますが、少数のイマジナリーフレンドと特別に親密な絆を結んでいる場合には、注目すべき観点だといえます。

IFを大勢持つような人の場合は、愛着ではなく、別の原動力によって、イマジナリーフレンドが生まれているのかもしれません。最後のセクションでは、その原動力、すなわち創造性について考えてみたいと思います。

▼防衛機制「補償」との関係
子どものイマジナリーフレンドの研究によると、一般に、イマジナリーフレンドが生まれる要因は保持者に欠けているものを補う脳の働きにあると言われています。これは「情動的補償説」と呼ばれます。

保持者に欠けているものを補うため、理想像としてのイマジナリーフレンドを創りだしたり、(今回説明したような愛着などの)感情的欠落を補ったりするメカニズムについて、詳しくはこちらで解説しています。

「助け手」「理解者」「パートナー」としてのイマジナリーフレンド―なぜ同じ脳から支え合う別人格が生まれるのか | いつも空が見えるから

 

▼愛着障害について
愛着障害について詳しくは以下をご覧ください。

長引く病気の陰にある「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」| いつも空が見えるから

 

 

心の中の人格と対話する心理療法
図解臨床ガイド トラウマと解離症状の治療―EMDRを活用した新しい自我状態療法よると、最近の研究では、解離性同一性障害でなくても、わたしたちの心の中には、幾つもの人格があるとされています。

たとえば、一人の人の心は、「表面的にノーマルな人格」(ANP)のほかにさまざまな「感情的人格」(EP)からなっています。

そのような人格には、満たされない子どもの人格、モンスターのような怒りの人格、思いやりのある天使のような人格が含まれます。これらは普段意識されないで存在しているのですが、それが表面に出てくると多重人格になるのです。

自我状態療法という心理療法は、ふだん意識されていない、それらの心の中の人格と対話することによって問題解決を図ろうとする心理療法です。

イマジナリーフレンドを持つ人の場合、この心理療法に似た作用によって、イマジナリーフレンドと対話し、心を整理しているのかもしれません。

詳しくはトラウマを治療する自我状態療法「会議室テクニック」をご覧ください。

 

第四章 IFと創造性―IFはどこから生まれるか

目次に戻る

ここまで、イマジナリーフレンドを生み出す原動力として、防衛機制や愛着理論をとりあげてきました。しかし、辛い経験をしても、あるいは愛着形成が不安定でも、イマジナリーフレンドを持たない人は大勢います。

逆に、辛い経験をしなくても、愛着が不安定でなくても、IFを持つ人もいます。

イマジナリーフレンドを生み出す人は、さらに別の特性、つまり生まれ持った豊かな創造力を兼ね備えていることは明らかです。

前述の解離性同一性障害 - Wikipedia はてなブックマーク - 解離性同一性障害 - Wikipediaでは次のように説明されていました。

イマジナリーフレンドを持つ子供は空想力が豊かであり、しばしば知性と創造性のしるしとみなされることもある。

イマジナリーフレンドは子どもにとっては一般的現象なので、この記述については反論もあるようです。しかし、大人になってもイマジナリーフレンドを大勢持つような場合には、やはりイマジナリーフレンドは創造性のしるしなのではないでしょうか。

前述したように、イマジナリーフレンドをもつ人は、子どものころから持続的空想にふけりがちであることも、その裏付けとなっています。

ところで創造性に富む人々は、しばしば奇妙な思考や振る舞いをします。

物理学者のアルベルト・アインシュタインは道端のたばこの吸い殻を拾ってパイプに詰めて吸いました。

作曲家のシューマンは、自分の楽曲はベートーベンなどの著名人が墓の中から送ってくれると思っていました。

作家のチャールズ・ディケンズはロンドンの通りを歩きながら、自らの空想が作り出した浮浪者を傘で追い払ったそうです。

これらの著名人の奇妙な行動はどことなくIF保持者に通じるものがあります。

いやいや待ってくれ、わたしはそんな変人ではないという人もいるかもしれません。

しかし考えてみてください。さっきの著名人のリストに、たとえば、「作家として活躍した○○(あなたの名前)は、自分には空想の友だちがいると思っており、いつもそれと会話していた」という一文を加えるとどうでしょうか。まったく違和感がありません。

重要なのは、これらの著名人は、決して気が狂っていたわけではないということです、自分で考えて納得した上でこうした行動をとっていたのですが、周りの人には奇妙に見えたのです。

IF保持者も、しっかり考えた上で、確かな理由があって、ぶつぶつと1人で喋ったり、聞こえるはずのないように思える声に耳を傾けたりしています。本人は極めてまともですが、周りはやはり奇妙だと思うでしょう。

しかし、実際には、こうした特殊な行動の源には類まれな創造力があります。近年の研究によると、創造性の源は、認知的脱抑制という脳の特殊な現象にあるようです。

ここからは日経 サイエンス 2013年 06月号にもとづいて、創造性の起源にせまってみたいと思います。

認知的脱抑制とは何か

わたしたちの脳は精神的なフィルターがかかっているおかげで、大量の情報に圧倒されないようになっています。その場その場で必要な情報だけ取捨選択して処理しているのです。

しかしこのフィルターをかける程度には個人差があります。創造性の豊かな人は、このフィルターの一種「潜在抑制」の機能が低下しているそうです。これが認知的脱抑制です。

潜在抑制が特に低下すると、悪意ある架空の声が聞こえたり(幻聴)、架空の人が見えたり(幻視)が起こります。これは統合失調症の症状です。

イマジナリーフレンドを持つような創造性が豊かな人の場合、統合失調症ほど潜在抑制が低下しているわけではありません。

しかし、いろいろな考えが湧き上がってくるという人もいれば、イマジナリーフレンドがそこにいるという感覚を持つ人もいます。また悪意のない友好的な幻聴や、軽い幻視を伴う場合もあります。(詳しくはこちら)。

これは、ある程度潜在抑制のフィルターがゆるくなっている、あるいはフィルターを意識的にゆるめていることを示している可能性があります。

(ところで見てしまう人びと:幻覚の脳科学によると自分の幻覚を見て、さらに相互交流するという特異な症状はホートスコピー(heautoscopy)というそうですが、さすがにそんな経験をしているIF保持者はなかなかいないでしょう)。

創造的な人との共通点

もちろんイマジナリーフレンドを持つ人のすべてが豊かな創造性を持つのかどうかはわかりません。以下のリストに自分が当てはまるか確かめてみるとよいでしょう。

創造的で、認知的脱抑制を示しやすい人には、次のような特徴が見られるといいます。

1.どこから出てきたのかわからないような考えをよく思いつく
2.論理的ではなく、直感的な人間である
3.比喩を使って話すことがよくある
4.いろいろなことに興味が移る
5.テレビなど電子機器がなくても一人で過ごせる
6.テレパシーによる意思の疎通を信じている
7.部屋に一人でいるのに、だれかの存在を感じることがある
8.予知夢を見たことがある
9.重要な決定を下すとき、導きや兆候の助けを感じる
10.科学では解明できない力があると信じている
11.丸い穴に打たれた四角い杭のように場違いに感じることがある

創造的な人は、必ずしも、上記のリストのすべての項目を満たすわけではありません。しかし一般の人より、当てはまる項目が多いといいます。

途中で気づかれたかもしれませんが、これらは、解離しやすい人の特徴とよく似ています。たとえば、解離しやすい人にとって、気配過敏や、豊かな連想や、デジャヴはよくあることです。創造性と解離は、同じ現象の別の面である可能性があります。

創造性豊かな人が奇抜な行動に出る一つの理由は、直感的に興味深いアイデアを得るからです。このアイデアを思いつく、という現象は、一時的に認知的脱抑制が強くなり、いつも以上に雑多な情報が脳に流れ込んでくるために妙案を思いつく、と考えられているそうです。

イマジナリーフレンドを持つ人も、イマジナリーフレンドと会話すると、物事を多面的に見られるとか、違った発想が得られると述べる人がいます。

イマジナリーフレンドと出会う、という現象自体も、フィルターが弱くなった潜在意識下から、声や姿がアイデアのようにして現れると解釈できるかもしれません。

また、創造性に富む人は、社会生活を営む上で必要なことや、身の回りのことをなおざりにして、自分の世界に没入することが知られています。 これはフィルターを通り抜けた特異な刺激で意識が過密になっているため、関心がおのずとそちらに向いてしまうのです。

イマジナリーフレンドを持つ人の中にも、何時間でもイマジナリーフレンドと話し続けることに没入できる人がいます。

もし、あなたがこうした点を多く満たすとしたら、生まれつきの創造的な傾向がイマジナリーフレンドの存在と関わっている可能性があります。

内的世界に集中するリラックス効果

創造性を示している人の脳波を計測すると、そうでない人に比べてアルファ波が増加していることがわかったといいます。

このアルファ波は2つのことを示しています。第一に脳の覚醒度が低下して、注意を分散し、より多くの情報を意識に上らせるという、認知的脱抑制が起こっています。

第二に、脳が外の世界に対してでなく、内部で生み出される刺激、つまり内的世界に集中していることを示しています。

一般的に、自分の外の世界に対して集中する場合の脳波はβ波であり、脳を緊張させ、覚醒させます。ストレスフルな日常を送っている人の場合、β波が優位になっているかもしれません。

それに対し、創造的な作業に没頭するときの脳波であるα波は、脳の覚醒度を低下させ、心身をリラックスさせる効果があります。またα波はいわゆる催眠状態のときも強くなります。

イマジナリーフレンドといると癒される、リラックスできる、寝る前にIFとよくしゃべる、という人は、α波がよく出ているのではないかと思います。

そうするとやはり、イマジナリーフレンドは創造的な作業を通して、保持者の精神を守る働きをしているのかもしれません。

精神疾患を持つ人が多い理由

イマジナリーフレンドを持つ人の中には、精神疾患などを持つ人が比較的多いと考える人もいます。もちろん健康な人も多いので、イマジナリーフレンドそのものと病気とは無関係といえます。

ファンタジーと現実 (認識と文化)にも、青年のイマジナリープレイメイトに関する文脈で、こう書かれています。

ハリマン(Harriman,1937)によると、彼の知る限り「想像の遊び友達」をもつことが、その学生に害を及ぼしていると考えられるケースはまったくなかったという。(p137)

しかし、イマジナリーフレンドを生み出す根元である創造性のほうは、精神疾患とそれなりに関係しているようです。

いくつかの研究によると、創造性は、ドーパミン関連の遺伝子変異と結びついています。

2009年にハンガリーの学者ケーリは、創造性豊かな人に、特にneuregulinl遺伝子の変異が多いことを突き止めました。ケーリはこの遺伝子こそが認知的脱抑制の源だと考えていますが、その遺伝子は統合失調症とも関係しています。

もちろんすべての人が統合失調症になるわけではなく、IQが高かったり、ワーキングメモリが多かったりする人は、創造性をうまくコントロールしやすいそうです。

イマジナリーフレンドを持つ人の多くは、IFの言動を意識してか無意識でかはともかく、しっかりコントロールしています。IFが自分を攻撃してきたり、反社会的な言動をとったりすることは基本的にはありません。

対照的に、統合失調症の幻覚や幻聴、解離性同一性障害の攻撃的な人格などは、創造性をコントロールできなくなっているために現れるのかもしれません。

このことからすると、もしIF保持者に精神疾患が多いとすれば、それはイマジナリーフレンドがいるからではありません。

ドーパミンに関連した同じ遺伝子変異によって、イマジナリーフレンドという創造性と、精神疾患への脆弱性が別個にもたらされていると考えることができます。

青年期における「想像上の仲間」に関する一考察 : 語りと体験様式からという資料の中で山口智はこう述べています。

青年期に見られる「想像上の仲間」は,どこか病理性につながりうる側面と,創造性などにつながる側面との両面を併せ持つと考えられ,その点については留意しておく必要があると考えられる。(p112)

発達障害とイマジナリーフレンド

また、独特な発想は、やはり遺伝的な問題である発達障害と結びつけられることもあります。芸術家や作家の中には自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)として知られている人もいます。

解離性障害のことがよくわかる本 影の気配におびえる病 (健康ライブラリーイラスト版)によると、アスペルガー症候群についてこう書かれています。

幼少期に想像上の友だちがいたという例も多く、空想の世界に浸っていました。

進学や就職で集団生活に入りうまく適応できないと、離隔や過敏、幻聴など、解離の症状を呈することがあります。(p82)

実際に、自閉症スペクトラムの作家の本を読んでいると、自分とは別の人格と付き合っていたという話がしばしば登場します。

ぼくには数字が風景に見える (講談社文庫)の作者ダニエル・タメットは、アスペルガーまたサヴァン症候群ですが、学生のころに、アンという、身長180cmもあるおばあちゃんのイマジナリーフレンドと交流していたことを綴っています。きっかけは孤独でした。

アスペルガー症候群の人たちは友だちをつくりたいと心から思っているが、それがとても難しいとわかっている。

…友だちがいない代わりに、ぼくは校庭の樹木のあいだを歩くときにいっしょにいてくれる友だちを想像でつくった。

いまでもはっきりその友だちのことは覚えていて、目を閉じると彼女の顔が見える。

…あなたはきっと大丈夫。彼女の言葉はいつもぼくを慰め、彼女を身近に感じた後はきまって心が安らぎ、幸せを感じた。(p97-98)

また、やはり自閉症スペクトラムを持っていて、自伝自閉症だったわたしへ (新潮文庫)の作者であるドナ・ウィリアムズも、ドナ・ウィリー・キャロルという3人の人格について述べています。それぞれの人格に交代しつつ、日常の諸問題に対処していていたことが書かれています。

これらの自閉症スペクトラム当事者は、発達障害だったからこそ、別人格と出会ったのでしょうか。はっきりとは分かりません。

しかし、天才の秘密 アスペルガー症候群と芸術的独創性によると、自閉症の専門家であるマイケル・フィッツジェラルドは、アスペルガー症候群の人たちは「自己構築」に大きな課題を抱えていて、「自己同一性」の問題を抱えやすいことを指摘しています。

米国の代表的な精神科医シュタインバーグは解離性障害には中核的な5つの症状があるとしましたが、そのうちひとつは、「同一性混乱」(identity confusion)です。

また、自閉症スペクトラム障害の人たちが独特なファンタジー世界を構築することはよく知られています。イマジナリーフレンドの保持者の中にもIFの住むファンタジー世界を持っている人がいます。

自閉っ子のための努力と手抜き入門にはこうあります。

自分の心のなかで◯◯王国といった王国を作り、そこに住むキャラを動かしていたり、そういうファンタジーの豊かな方は自閉圏の方にけっこう多くいる (p15)

この点は、前述の「持続的空想」と相通ずるものがあります。

ドナ・ウィリアムズの例を見ると、やはり統合失調症や多重人格障害について触れられています。ダニエル・タメットの父親も統合失調症です。タメットは、別の著書の中で、自分の能力が潜在抑制の低下による認知的脱抑制によるものだと述べています。

この統合失調症と自閉症の関係についてはややこしいところがあって、もともとは同じものと考えられていた過去があります。解離性障害のことがよくわかる本 影の気配におびえる病 (健康ライブラリーイラスト版)にも

解離性障害とアスペルガー障害、統合失調症には似通っている症状があり、誤診されやすい。三つは密接な関係がある。(p82)

と書かれていて、似ているだけでなく、共通のメカニズムがあることも示唆されています。

しかし、少なくともダニエル・タメットとドナ・ウィリアムズは、今ここで論じているイマジナリーフレンドの保持者とは違い、両者とも、後に人格を統合しています。タメットはこう述べます。

彼女は、わたしは死にかけているので、さよならを言いに来たの、と言った。そしてとうとう彼女は消えてしまった。

ぼくは涙が涸れるまで泣き、それから何日も彼女が消えたことを悲しんだ。アンはとても特別な人だった。ぼくは彼女のことは一生忘れない。(p99)

また、もう一つの発達障害として知られるADHDの場合でも、知って良かった、アダルトADHDという本によると空想にふけりやすく、アメリカでは「デイ・ドリーマー(昼間から夢を見ている人)」と呼ばれているそうです。特に不注意優勢型というタイプに顕著で、女性に多いと言われています。(p158)

ADHDもまた次々にアイデアが浮かんだりするなど、しばしば創造性と結びつけられます。、人によってはアスペルガーではなくADHDの傾向がイマジナリーフレンドと関連している可能性もあるかもしれません。

アスペルガーであれ、ADHDであれ、発達障害があると、周囲に馴染めず寂しい思いをしたり、いじめられたり、親とのコミュニケーションがうまくいかなかったりするので、前述の解離や愛着の問題が起きやすくなることも考えられます。

特に、ADHDと愛着障害の関係は複雑で、専門医であっても、どちらなのか判別できないことがあるそうです。おそらくはそれぞれの症状に関わるホルモンであるドーパミンとオキシトシンとが切っても切れない関係にあることからくるのでしょう。

つまり、やはり遺伝的な素因のために、創造性を持つと同時に、精神疾患を発症するストレスにさらされやすい可能性があります。

確かに、いじめや虐待、孤独感、家庭環境など環境要因がきっかけでIFが生まれたと考えられる例は多いのですが、なぜそのような環境要因が生じたのかを突き詰めると、生まれつきの遺伝的素質に行き当たる場合があるということです。

どちらにしても、問題は遺伝的な素因であってイマジナリーフレンドの存在ではないので、イマジナリーフレンドは精神疾患につながるかもしれないなどと思い悩む必要は、基本的にはないと思われます。

イマジナリーフレンドと自己を統合するか、それとも別個の存在として暮らし続けるかどうかを選ぶのは人それぞれでしょう。

▼認知的脱抑制について
認知的脱抑制と創造性について詳しくは以下をご覧ください。

天才たちの共通点「認知的脱抑制」―創造性の源?| いつも空が見えるから

 

▼イマジナリーフレンドは消えてしまうのか
年をとるとイマジナリーフレンドは消えてしまうのか、という点についてはこちらをご覧ください。

年をとったら大人のイマジナリーフレンド(IF)も消えてしまうのか | いつも空が見えるから

 

終章 イマジナリーフレンド―特別な存在

目次に戻る

ここまで、4つのセクションを通して、イマジナリーフレンドの実態に迫ってきました。

まず、イマジナリーフレンドはキャラクターとは異なり、より現実の人間に近いことを確かめました。単に人格を持つだけでなく、保持者と対等の存在であり、日常生活を共にし、保持者の守り手でもあります。

次に、解離性同一性障害とはメカニズムの点で似ているところはあるかもしれませんが、スペクトラム的に考えると、たいていのイマジナリーフレンドは個性の範疇であるらしいことがわかりました。

そして、ボウルビィの愛着理論に基づき、不安定な愛着を修復するための存在として、イマジナリーフレンドは無条件の愛情と保護を保証しているという仮説を検証しました。

最後に、イマジナリーフレンドを生み出す原動力となっている創造性について、認知的脱抑制というメカニズムの視点から、遺伝的要素の関与を考えました。

この考察で取り上げることができたのは、イマジナリーフレンドという非常に特殊な現象の限られた側面に過ぎません。

イマジナリーフレンドとずっと一緒にいるべきでしょうか。

イマジナリーフレンドと暮らすことによるメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

どのようにして現実と平衡をとって付き合っていくことができるでしょうか。

イマジナリーフレンドについて、他の人にカミングアウトすることには意味があるのでしょうか。

そうした点については、一人ひとりが答えを出す必要があります。

ただひとつ言えることはあります。

あなたのイマジナリーフレンドは非常に特別な存在です。単なる偶然のもとに存在するようになったのではなく、生まれつきの素質や、受けた傷の修復や、危機からの保護など、明確な理由があって現れました。

それを運命的な巡りあわせと考えるにせよ、一時的な付き合いと割り切るにせよ、その存在の意味については真剣に向き合う必要があると思います。

じっくり考えて、イマジナリーフレンドとも相談して、どうか悔いのないように、将来のことを決めていくようになさってください。

もし身近なIF保持者を理解しようとして、この投稿を最後まで読んでくださった、稀有な人がいらっしゃるなら、すべてを理解できないにせよ、保持者を温かく見守ってくださるようお願いします。

それでは、すべてのIF保持者の方と、そのイマジナリーフレンドを陰ながら応援しています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼2016/08/14追記
続編となる記事を書きました。

イマジナリーフレンド(IF)「私の中の他人」をめぐる更なる4つの考察 | いつも空が見えるから

 

付録 イマジナリーフレンドの参考資料

目次に戻る

 イマジナリーフレンドに関連した情報へのリンク集です。

▼イマジナリーフレンドに関するこのブログの記事
イマジナリーフレンドを扱っているこのブログの記事は、カテゴリ空想の友だち研究 にまとめてあります。

想像上の友だち | いつも空が見えるから

 

▼イマジナリーフレンドについての書籍・メディア作品
イマジナリーフレンドに関する学術的な話題や経験談を扱った書籍、またイマジナリーフレンドが登場するフィクション、イマジナリーフレンドを題材にしたドラマやゲームなどの情報はこちらに集めています。

この記事を執筆するにあたって用いた資料集です。

イマジナリーフレンド(想像上の友だち)を扱っている本・メディア作品 | いつも空が見えるから

 

▼イマジナリーフレンドについてのニュース・論文
インターネット上のメディアによるイマジナリーフレンドに関連するニュース報道、および専門家による論文資料へのリンク集です。

 イマジナリーフレンド(想像上の友だち)のニュース・論文などのアーカイブ | いつも空が見えるから

 

 ▼イマジナリーフレンドを専門に扱っているサイト
イマジナリーフレンドについて調査されているサイトへのリンク。

上越教育大学乳幼児発達研究研究室
…上越教育大学のイマジナリーコンパニオンについての研究ページ。日本で数少ない空想の友だちの研究機関です。

上越教育大学 乳幼児発達研究室

 

 ■発達科学・発達心理学を考える
…上記機関に所属する専門家のサイト。子どものイマジナリーコンパニオンに関する記事が充実しています。イマジナリーコンパニオンに関する記事を読むにはこちらの検索結果から見たほうが良いかもしれません。(ご自身は子どものときも含めてICを持っていた記憶はないそうです)

発達科学・発達心理学を考える

 

■空想の友だちアンケート
…上記研究機関による、大人のIF保持者を対象にしたアンケート。

空想の友だちアンケート」(2014/9/27~)

■想像上のおともだちについてのアンケート
…上記機関による、親を対象としたアンケート。解答欄が閉じていないので、現在も機能していると思われます。

想像上のおともだちについてのアンケート

 

 ■Imaginary Friend
…イマジナリーフレンドについて、深く考察されているIF保持者さんによるサイト。

Imaginary Friend

 

■あたまのなかは君ばかり
ここにいないと言わないで ―イマジナリーフレンドと生きるための存在証明―の著者のIF保持者カナコさんのサイト。

あたまのなかは君ばかり

 

■イマジナリーフレンド│にほんブログ村
大手ブログランキングのイマジナリーフレンドのカテゴリです。イマジナリーフレンドに関するブログを書いている人は登録することができます。

■空想上の友達・仲間 《イマジナリー・フレンド(コンパニオン)》│Amebaグルっぽ
…Amebaブログ参加者による、イマジナリーフレンドのコミュニティです。

空想上の友達・仲間 《イマジナリー・フレンド(コンパニオン)》|Amebaグルっぽ

 

■青年期における「想像上の仲間」に関する一考察 : 語りと体験様式から
…サイトではなく論文ですが、大人のイマジナリーフレンドを扱った、とても整理された内容で、成人のIF保持者は一度目を通しておくと良いと思います。(当ブログでの感想はこちら)

Kyoto University Research Information Repository: 青年期における「想像上の仲間」に関する一考察 : 語りと体験様式から

 
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク