WordPressを導入する近道


れまで無料のブログサービスを使っていた人にとって、WordPressをはじめるのは敷居が高く感じるでしょう。なんといっても、まず自分でレンタルサーバーを借りる必要があるのです。それでもぜひ挑戦したいと思うなら、何が必要でしょうか。

スポンサーリンク

「WordPressことはじめ」を参照してインストールする

他人任せになってしまい申し訳ないのですが、WordPress(ワードプレス)ナビゲーター・ドット・コムさんの「WordPressことはじめ」がとてもよくできています、これさえ読めば、どれほど経験がなくても、WordPressを始められるでしょう。

第1章 レンタルサーバーを借りる – 『WordPress ことはじめ』 | WordPress(ワードプレス)ナビゲーター・ドット・コム

この「WordPressことはじめ」に書かれていることですが、WordPressをはじめるには、独特の作業に慣れなければなりません。その一つがFTPソフトによるファイルのアップロード・ダウンロードです。これを使いこなして初めて、後々解説するテーマ「Twenty Eleven」のカスタマイズができるようになります。「WordPressことはじめ」の手順に従えば、だいたい慣れることができます。遠回りに思えますが、FTPソフトの使い方は知っておく必要があります。

基本的なことを設定する

ここまでがかなり長いとは思いますが、「WordPressことはじめ」があれば、順調に進めるでしょう。無事ダッシュボード(WordPressの基本画面)にたどりついたら、まず何をするべきでしょうか。

これも、わたしが書くまでもなく、優れた記事を書いておられる方がいらっしゃいます。こうした方々のおかげで、はじめて扱うソフトウェアでも迷うことなく使えるのは本当にありがたいことだと思います。

WordPressを初導入したら まず最初にやるべき24の設定 - ワードプレステーマTCD

ここに挙げられている設定の中でも特に大切なのは、以下の3つだと思います。

■ニックネームを設定する
「ユーザー」→「あなたのプロフィール」から自分の基本情報を設定します。ここで登録したニックネームが、ブログ上で表示される投稿者の名前となります。

■テーマをインストールする
「外観」→「テーマ」から設定します。数多くのテーマから気に入ったものを追加するには、右上のタブを「テーマのインストール」に切り替えます。しかし、自分好みにカスタマイズしたいなら、「利用可能なテーマ」にはじめから登録されている「Twenty Eleven」を使うようお勧めします。

■プラグイン「Akisnet」を有効にする
スパム対策のプラグインです。まず、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」から「Akisnet」を探し、「有効化」を押します。その後、画面上に赤字で警告が出て、APIキーを入力するよう求められます。

このAPIキーは、WordPress.comのアカウントを作成すれば、無料で使えます。WordPress.comとは、今サーバーにインストールしたWordPressとは違うものです。FC2ブログなどのような無料のブログサービスとなっています。それに登録すると、無料ブログを使わないにしても、APIキーを入手できるわけです。

さて、これらの設定が終われば、いよいよWordPressをカスタマイズしていくことになります。次のエントリから、具体的なカスタマイズ方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
WordPress