【8/29 レディス4】『夏バテ解消!疲れない体を作る“抗疲労食”』まとめ


8/29放送のレディス4: テレビ東京で『夏バテ解消!疲れない体を作る“抗疲労食”』 というテーマの特集があったそうです。大阪市立大学で疲労を研究されている梶本修身教授が出演されました。

概要は「疲労の原因となる活性酸素の働きを抑え、代謝に必要な栄養素を効果的に摂れるという今話題の「抗疲労食」。夏バテ解消さっぱりスープや赤い(秘)寿司など絶品メニューをご紹介」と説明されていました。

スポンサーリンク

常識を覆す疲労研究の第一人者

以前、知っておきたい3つの疲労対策―8/21放送「みんなの家庭の医学 夏バテの原因は脳が錆びることにあった!」まとめ で取り上げたように、梶本教授の研究分野は、倉恒先生たちのCFS研究班とは異なり、健常者の疲労が対象です。

それでも、解き明かされた疲労のメカニズムは、慢性疲労症候群(CFS)のような病的な疲労にとっても参考になる内容です。

例えば、この研究により、疲労についてのさまざまな常識がくつがえりました。乳酸は疲労の原因物質ではありませんし、疲労は筋肉ではなく脳で感じるものです。

「抗疲労食」、もうひとつの選択肢

番組では疲労回復に関係のある7つの栄養素がとりあげられました。また抗疲労食のレシピが幾つか紹介されました。

ぜひ、疲労の本格的な研究によって効果が実証されてきた抗疲労食を、一つの選択肢として取り入れてみてはいかがでしょうか。

以下の二冊の書籍には、疲労のメカニズム抗疲労食のレシピが非常に詳しく取り上げられています。

間違いだらけの疲労の常識 だから、あなたは疲れている!
…疲労研究の最先端の成果がとても分かりやすく学べる本。慢性疲労症候群(CFS)患者のみならず、疲労対策を考えている人すべてにお勧めします。

抗疲労食―毎日の食事が疲れに効く!
・・・疲労研究班の研究によって科学的に効果が実証された、疲労に効くレシピ集。食事を楽しみながら疲労に対処したい方に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
archives