「シックハウス保証」つき無添加住宅が登場


9/28付のPRリンクに、化学物質による健康被害防止を目指す住宅業界初の試み 「シックハウス保証」つき無添加住宅第1号が完成 というプレスリリースが掲載されました。

化学物質による健康被害防止を目指す住宅業界初の試み 「シックハウス保証」つき無添加住宅第1号が完成 - PRリンク

化学物質を使わない住宅の普及を目指す建築会社 無添加住宅による、「シックハウス保証」つき住宅第1号が、広島市南区で完成し見学会が行われるそうです。

スポンサーリンク

2つの特徴

この住宅の特徴は、「無添加」と「シックハウス保証」だそうです。

無添加

接着剤・塗料にいたるまで徹底して化学物質を排除した家づくり。接着剤には食べても安全な「米のり」や「にかわ」、防蟻剤には柿渋、断熱材には炭化コルク、内装にはオリジナルしっくいや無垢フローリングを使用したそうです。

シックハウス保証

「建物全体」を対象に、新築後3年間、シックハウス症候群が発症した場合、症状が改善されるまで無償メンテナンスが約束されるようです。ただし、もともとシックハウス症候群や化学物質過敏症の疑いがある場合は適用されません。

体にやさしい環境づくりの糸口になるか

この取り組みは、すでに化学物質過敏症(CS)を発症している人を対象にしたものではありません。ひとたび発症してしまうと家以外の点も問題になるので、あらかい健康キャンプ村など、特別の環境での治療が必要になると思います。

現状では、記事のとおり「誰にでも発症のリスクがあるとされるシックハウス症候群や化学物質過敏症に対する顧客の不安緩和に貢献」する程度でしかないのかもしれません。

今後、化学物質を極力使わないことが標準になり、こうした取り組みが普及することを期待しています。

人類は化学物質を合成して生活を豊かにしてきましたが、次なるステップはその豊かさを保ちつつ、自然にとっても人間にとってもやさしい技術を確立することではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
archives