抗疲労製品・サービスを生み出すプロジェクト「疲労☆バスターズ」とは


の疲れどないかしたいねん!!疲労☆バスターズ(@busters_master)のサイトが10/16にリニューアルされていました。

その疲れどないかしたいねん!!疲労☆バスターズ

疲労☆バスターズとは、『「疲労」という社会問題に歯止めをかけるため、新たな製品・サービス開発をめざす企業や、開発をサポートする大学や研究機関、サービス提供者、施設運営者など、様々なプレイヤーが集まるネットワーク』だと書かれています。

イロモノな雰囲気なため、ぱっと見では引いてしまいがちですが、じつのところは、疲労研究のエキスパートが集う、抗疲労の専門機関です。

研究者には、渡辺恭良先生、倉恒弘彦先生、梶本修身先生、片岡洋祐先生、田中雅彰先生、田島世貴先生、福田早苗先生ら、CFS患者なら一度は聞いたことのある方が名を連ねています。

これらの先生方のインタビューや、疲労対策に取り組む企業の一覧を見ることができるので、ときどき覗いてみるとよいかもしれません。

疲労バスターズの成果のひとつである、疲労回復に役立つ緑の香り、日々の疲れを解き放つ緑の香り「グリーンリフレッシャー」については以下のエントリで書いています。

日本の疲労研究が明らかにした「慢性疲労に陥るメカニズム」と対処法まとめ
慢性疲労症候群研究の第一人者、倉恒弘彦先生の講座「慢性疲労に陥るメカニズムと評価・対処法」を参考に、日本の疲労研究の歴史や、慢性疲労の原因などをまとめました。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
archives