チャールズ・ラップ博士を招いた慢性疲労症候群シンポ 「不登校の子供にも患者」


レビ東京TXN Newsにて、慢性疲労症候群シンポ 「不登校の子供にも患者」というニュースが報道されました。

慢性疲労症候群シンポ 「不登校の子供にも患者」:TXNニュース:テレビ東京

以下のような内容で、子どもの慢性疲労症候群について伝えています。

全国に患者が30万人いるとされる慢性疲労症候群(CFS)についてのシンポジウムが、今日、東京文京区で開かれました。

この病気は極度の倦怠感が特徴で、外出にも困難を伴います。アメリカの専門医は10代の子どもについて報告し、日本の不登校の子どもたちにも、慢性疲労症候群(CFS)の患者がいるはずだと指摘しました。

患者会では正しい診断と治療法の確立を強く望んでいます

このシンポジウムは東京文京区の東京大学弥生講堂会議室にて「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群は ここまで解明された!」というテーマで行われたそうです。

ノースカロライナ―洲のハンター・ポプキンズ・センター長であり、国際ME/CFS 学会の理事・CDC(米国疾病管理予防センター)の顧問でもあるCharles Lapp博士を招いて行われました。

大好評だったアメリカの専門医によるシンポジウム! | NPO法人 筋痛性脳脊髄炎の会(ME/CFSの会)はてなブックマーク - 大好評だったアメリカの専門医によるシンポジウム! | NPO法人 筋痛性脳脊髄炎の会(ME/CFSの会)

 大人の慢性疲労症候群(CFS)は患者会の方たちの活動もあって、名前が知られるようになってきたように思いますが、子どもの慢性疲労症候群(CCFS)が置かれている状況はそれよりはるかに深刻です。

こうして子どもの慢性疲労症候群(CCFS)を取り上げてくださり、いくばくかでもニュースで報道されたことをとても嬉しく思います。

子どもの慢性疲労症候群(CFS)について日本での研究・治療体制については以下をご覧ください。

子どもの慢性疲労症候群(CCFS)とは (1)どんな病気か?
子どもの慢性疲労症候群(CCFS)とは何でしょうか、どんな独特の問題があるのでしょうか。子どもたちの不登校は果たして“心の問題”や“家庭の問題”なのでしょうか。「学校を捨ててみよう
スポンサーリンク

スポンサーリンク
子どもの慢性疲労