いくら寝ても疲れが取れない「非回復性睡眠」(NRS)―身体のあちこちで炎症反応


に情報のある記事ではありませんが、非回復性睡眠(NRS)という用語を初めて知ったので書いておきます。

いくら眠っても疲労感がとれないことを「非回復性睡眠(NRS)」といい、それ以外の不眠症状がある男性よりも全死亡率が悪化したそうです。

「NRSの患者は若年層に多く、身体のあちこちで炎症反応が亢進している」とも書かれています。Googleで検索したところでは、慢性疲労症候群や線維筋痛症との関わりも示唆されている用語でした。

眠れない、疲れがとれない… 特定の症状が死亡リスクに|カラダご医見番|ダイヤモンド・オンライン

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
その他の睡眠障害