慢性疲労症候群は20-40代の女性に多い。専門家の山口浩二先生


なたの健康百科byメディカルトリビューンに慢性疲労症候群(CFS)の記事が載せられ、山口浩二先生のコメントが書かれていました。

【健百】若い女性に多い「慢性疲労症候群」―突然疲れやだるさ襲う | あなたの健康百科

CFSの記事としては、タイトルにあるとおり、「ある日突然」が強調されているように思います。また、疲れているのに眠れず、朝起きることができなくなる点も繰り返し書かれています。

20-40代の女性に多いとのことですが、確かにわたしの知り合いでも、20代半ばに発症したというわたしより年上の女性が多いように思います。

治療法としては、ビタミンCや漢方薬、睡眠導入剤や痛み止めといった対症療法を施し、軽い有酸素運動や手洗い、うがいの指導と書かれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
archives