【12/1】現代の難病は微生物不在の環境がもたらした


レルギーや自己免疫疾患が増えた理由について、興味深い本の書評があったので、紹介します。

共生者の「不在」がもたらす現代病 アレルギーと自己免疫疾患への新たなアプローチ 『寄生虫なき病』 - 東嶋和子

寄生虫なき病』 - 黒の過剰か、白の不足か   | HONZ現代ビジネス | 現代ビジネス [講談社] はてなブックマーク - 『寄生虫なき病』 - 黒の過剰か、白の不足か   | HONZ現代ビジネス | 現代ビジネス [講談社]

日本語タイトルは「寄生虫なき病」、原題は「AN EPIDEMIC OF ABSENCE」。訳せば「不在の流行」という本だそうです。

寄生虫、細菌、ウイルス。彼らを駆逐する公衆衛生の向上によって、確かに感染症は激減した。

しかし、一部の科学者たちは、まるでそれと反比例するように新たな病が増えていることに気づいていた。

花粉症、喘息、アレルギー、そして自己免疫疾患。これらの病は、果たして「寄生者不在」によるバランスの乱れが原因なのだろうか?

自らも自己免疫疾患を患う著者は、あらゆるジャンルの膨大な研究とインタビューから、「寄生者不在の病」の全貌に迫ってゆく。

そして、ついには自ら寄生虫を腸内に感染させる治療法に挑んだ。果たしてその結末は?

人類は、公衆衛生を向上させ、清潔さを追い求めて、さまざまな微生物を根絶する環境を作ってきました。その結果、ある種の感染症は撲滅されましたが、アレルギーや自己免疫疾患といった病気が増えてきました。

微生物を根絶することがかえって、「内なる生態系」である腸内環境を乱し、アレルギー疾患や自己免疫疾患、慢性疲労症候群、メタボリック症候群、心臓病、ある種のがん、発達障害、うつなどを発生させていると主張する本だそうです。

最近、腸内環境を正常化する糞便移植によって慢性疲労症候群が改善するといった報道もありましたが、そうした療法にも触れられているようです。

以前読んだ「免疫の反逆」では、増加する化学物質が自己免疫疾患の原因だとされていましたが、微生物などの生態系を破壊し、代わりに化学物質による「清潔な」環境がもたらされてきたことを考えると、着目点は似ているといえるかもしれません。

腸内環境が、自閉症に関連している可能性は、最近のニュースでも触れられていました。

自閉症とリーキーガット症候群(LGS)のつながり―腸内フローラの改善が大切
マウスの腸管壁浸漏を治療すると、自閉症様の症状が改善されたそうです。

うつ病もまた腸内毒素症および腸管壁浸漏症候群(リーキーガット症候群)における炎症と関係があるかもしれません。

うつ病は感染症である?新たなる仮説が提唱される(米研究) : カラパイア はてなブックマーク - うつ病は感染症である?新たなる仮説が提唱される(米研究) : カラパイア

今まで、まったく別個の病気のように考えられていた、精神神経疾患、自己免疫疾患、アレルギーなどは、腸内環境と微生物という共通の原因が関わっている可能性があるのです。

機会があれば読んでみたい本です。

▼読んでみました
まとめはこちら

自閉症や慢性疲労症候群の脳の炎症は細菌などの不在がもたらした?―寄生虫療法・糞便移植で治療
感染症の減少と同時に増加してきているアレルギー、自己免疫疾患、自閉症。その背後には、抗生物質の乱用や衛生改革がもたらした、微生物の生態系のバランスの崩壊による人体の免疫異常があるの
スポンサーリンク

スポンサーリンク
カテゴリ外