脳脊髄液減少症と闘病して声優を目指す高校生

Pocket

を出して本を読むことを生きがいに、脳脊髄液減少症と闘病している高校生 佐香穣さんについての経験談が載せられています。

朗読は生きる喜び 闘病生活乗り越え高校県代表に はてなブックマーク - 朗読は生きる喜び 闘病生活乗り越え高校県代表に

桜さん、佐香君が最高賞 東北高校放送コンテスト はてなブックマーク - 桜さん、佐香君が最高賞 東北高校放送コンテスト

入学直後の2012年5月、転んだ後から頭や関節などの激痛のため、歩くことさえ困難になったそうです。唯一の楽しみは声を出して本を読むことで、声優になる目標を持っていました。

12月になって脳脊髄液減少症と判明し、東京で治療を受けて回復しましたが後に再発して通信制に移られたそうです。その後、県高校放送新人大会朗読部門で69人中1位に輝いたとのこと。

脳脊髄液減少症という難病と闘いながらも、夢をあきらめずに頑張っておられる姿には励まされます。

子どもの脳脊髄液減少症について詳しくはこちらをご覧ください。

頭痛で学校に行けない子どもの脳脊髄液減少症―よく似た起立性調節障害(OD)と区別するポイントとは?
不登校の一因である子どもの脳脊髄液減少症についてまとめました。同じ起立性頭痛を特色とする起立性調節障害(OD)と見分けるポイントや、LUP testと呼ばれる検査方法、治療法につい
スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク