柳沢正史教授が体内時計のペースメーカー細胞を発見

Pocket

波大の柳沢正史教授らとテキサス大の共同研究チームによって、体内時計のペースメーカー細胞が見つかったそうです。

時事ドットコム:体内時計のペースメーカー細胞特定=睡眠障害治療に期待-筑波大など はてなブックマーク - 時事ドットコム:体内時計のペースメーカー細胞特定=睡眠障害治療に期待-筑波大など

体内時計を調節する細胞、筑波大などが特定  :日本経済新聞 はてなブックマーク - 体内時計を調節する細胞、筑波大などが特定  :日本経済新聞

筑波大学など、体内時計を調節するペースメーカー細胞の存在を証明 | マイナビニュース

体内時計つかさどる細胞を特定 筑波大と米大学チーム - 47NEWS(よんななニュース)

体内時計の“タイムキーパー”見つけた! 脳内の細胞、筑波大チームが特定 - 産経ニュース

毎日のクリニック:体内時計を制御する細胞特定 筑波大、米科学誌に発表 睡眠障害の治療に期待 - 毎日新聞

金沢大、体内時計の安定に関わる神経細胞を発見 | マイナビニュース はてなブックマーク - 金沢大、体内時計の安定に関わる神経細胞を発見 | マイナビニュース

体内時計つかさどる脳の細胞で発見続々 | マイナビニュース はてなブックマーク - 体内時計つかさどる脳の細胞で発見続々 | マイナビニュース

そのペースメーカー細胞とは、時計機構の中枢がある視交叉上核(SCN)に存在し、そこの神経細胞の約40%を占め、神経ペプチド「ニューロメジンS」(NMS)を作る働きをしているNMS細胞群だそうです。NMS細胞群の時計遺伝子の働きを乱すとマウスの体内時計のリズムがなくなりました。

しかし、ニューロメジンSの産生を妨げても体内時計のリズムがなくなることはなく、体内時計に重要な役割を果たす神経伝達物質はまだ明らかになっていないそうです。

柳沢正史教授というと、櫻井武教授と共にナルコレプシーの原因であるオレキシンを発見した方です。その研究成果は、オレキシン受容体拮抗薬ベルソムラ(スボレキサント)という薬の開発につながりました。

今回の研究も、睡眠障害の治療に役立つ可能性があるとのことですが、もし体内時計に関わる神経伝達物質がわかれば、概日リズム睡眠障害の治療法が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク