線維筋痛症の山中さんと患者仲間12人の作品展

Pocket

者団体「慢性疼痛患者の集い『今を生きる会』関西」の山中裕介さんが企画した作品展が大阪市阿倍野区の「aimaカフェ」で開かれているというニュースがありました。

線維筋痛症の山中さんが油性ペンやボールペンで描いた作品や、線維筋痛症や慢性疲労症候群などの患者仲間12人の写真や絵、文章などが展示されています。

作品約30点には患者の不安や孤立感が表現されていて、病気への理解につなげたいという思いがこめられているそうです。

山中さんは「同じような症状に悩む人には『ひとりじゃないよ』と伝えたい」と話しています。

絵や文で「病気理解して」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) はてなブックマーク - 絵や文で「病気理解して」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

  「慢性疼痛患者の集い『今を生きる会』関西」のウェブサイトはこちらのようです。

慢性疼痛患者の集い「今を生きる会」関西-top はてなブックマーク - 慢性疼痛患者の集い「今を生きる会」関西-top

線維筋痛症の山中さんは、以前にも絵の個展を開いておられましたね。

線維筋痛症の山中裕介さんが絵の個展
線維筋痛症の方が大阪で個展をされているそうです。
スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク