多発性硬化症の視力低下にてんかん薬フェニトインが効果

Pocket

発性硬化症(MS)の視力低下にてんかん発作の予防に使われるフェニトインが効果があるという研究を米国神経学会(AAN)が発表したそうです。

急性視神経炎の発症後2週間以内の患者86人を対象に三ヶ月フェニトインを投与したところ、網膜損傷が平均30%少なく、黄斑容積は34%大きいことが分かったそうです。

多発性硬化症の症状の一つである視神経炎は、視力の低下、視野の異常、眼球の痛みなどを伴い、徐々に回復するものの、再発を繰り返すこともあり、神経と目に損傷を与えるそうです。

てんかん薬が多発性硬化症の失明を防ぐ | Medエッジ はてなブックマーク - てんかん薬が多発性硬化症の失明を防ぐ | Medエッジ

MSの視力低下、フェニトインで予防【米国神経学会】 │m3.com

スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク