慢性疲労にも効く?上咽頭炎症のBスポット療法(鼻咽腔クロールチンク塗布)

Pocket

性疲労症候群の関連で、以前から何度も目にすることがあって、興味を持っていた治療法に、耳鼻咽喉科によるBスポット療法(鼻咽腔クロールチンク塗布療法)というものがあります。

決して万能な治療法というわけではありませんが、実施している耳鼻科も少数ながら ちらほらと見かけ、さまざまな不定愁訴や、慢性疲労を伴う自律神経失調症、アレルギー性鼻炎、自己免疫疾患、睡眠相後退症候群を伴う不登校などがよくなるといいます。

調べてみたところ、どの程度信頼性のおけるものなのか判然としないため、これまで記事にしてはいなかったのですが、この情報が役立つ場合もあるかもしれないと感じ、簡単に内容をまとめることにしました。

この治療を取り入れるかどうかは、さまざまな情報を調べた上、ご自身の責任で選択するようになさってください。

 

スポンサーリンク

Bスポット療法とは

Bスポットとは、鼻咽腔のことを指しています。東京医科歯科大学耳鼻咽喉科教授の堀口申作先生が、上咽頭の炎症に塩化亜鉛(1.0%クロールチンク)を塗ることで炎症がよくなり、さまざまな疾患が良くなることを発見し、頭文字を取ってBスポットと命名しました。

特に難しい治療ではなく、口や鼻から、のどの上部に綿棒を差し込み、炎症箇所に消炎剤である塩化亜鉛(クロールチンク)を塗るだけであり、金銭的負担も少ないようです。

Bスポット療法について、最も客観的にわかりやすく記載していると感じたのが、大阪の田中耳鼻咽喉科のサイトです。ここでは効能が次のように書かれています。

大阪市福島区 耳鼻咽喉科 田中耳鼻咽喉科 Bスポット療法 IgA腎症 塩化亜鉛塗布 咽頭炎 扁桃炎 喉頭炎 声帯ポリープ はてなブックマーク - 大阪市福島区 耳鼻咽喉科 田中耳鼻咽喉科 Bスポット療法 IgA腎症 塩化亜鉛塗布 咽頭炎 扁桃炎 喉頭炎 声帯ポリープ

万能というわけではありませんが、ある種の頭痛や目の奥が痛い、頑固な鼻づまり、肩こり、浮動感といった症状に著効するケースを数多く経験しています。

また病巣感染症といって扁桃や鼻咽腔に慢性炎症があると皮膚や腎臓、関節など離れた臓器に障害が起こることがありますが、Bスポット療法が掌蹠膿疱症やアトピー性皮膚炎、喘息、めまい、自律神経失調症、膠原病などに効果的という報告もあります。

…あくまで現段階での私見ですが、耳管開放症や耳管狭窄症といった耳管のトラブルを抱えている患者さんには少なからず鼻咽腔炎が隠れている印象があります。

Bスポット療法は、学会など公式の場では認められなかったようですが、その効果に着目した一部の医師たちによって改良や応用が試みられ、現在でも治療に用いている耳鼻科は多数あります。

たとえば、堀口申作先生の助手であった田井宜光先生は、Bスポット療法を発展させた6スポット療法という治療を開発されたようで、その流れを汲む医院もところどころ見かけます。

6スポット治療とは│難病治療の田井アレルギー科耳鼻咽喉科 はてなブックマーク - 6スポット治療とは

 東京医科歯科大学の堀口申作教授が考案したBスポット治療(鼻咽腔炎療法)を基に、さらに発展させた治療法が6スポット治療です。

また1988年に、難病のIgA腎症の根治治療として扁摘パルス療法を考案した堀田修先生がBスポット療法も治療に取り入れ、この治療法が知られるようになりました。

堀田修クリニック | 宮城県仙台市の内科医院。内科疾患全般・腎疾患・生活習慣病治療、臨時透析対応 はてなブックマーク - 堀田修クリニック | 宮城県仙台市の内科医院。内科疾患全般・腎疾患・生活習慣病治療、臨時透析対応

2001年、2002年扁摘パルスにより、早期の段階に治療介入を行えばIgA腎症が治りうる疾患であることを米国医学雑誌(AJKD)に報告。

Bスポット療法が、このブログで取り上げている小児慢性疲労症候群、つまり睡眠相後退症候群を伴う不登校に効く、というのは、以下の精神科医のブログで読みました。

不登校と鼻咽腔クロールチンク塗布療法|kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ) はてなブックマーク - 不登校と鼻咽腔クロールチンク塗布療法|kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)

問題は慢性疲労症候群系の不登校である。彼らは朝起きた時に頭痛、倦怠感、腹痛がなどのはっきりしない症状のため登校できない。診察時も何か病気があるようには見えない。

学校でのいじめなどの状況も、ちょっとはあったりするが、普通、不登校を納得させる程度にはないのである。

この慢性疲労症候群の子供版の不登校こそ、生物学的な背景があり、最も完治しうる不登校と僕は考えている。

また各種の難治性の神経症にも効果があるとして、Bスポット療法を取り入れている精神科もありました。

ハーモニー津心身クリニック | 近鉄江戸橋駅 精神科、心療内科クリニック はてなブックマーク - ハーモニー津心身クリニック | 近鉄江戸橋駅 精神科、心療内科クリニック

自律神経失調症、肩こり、目の奥の痛み、不定愁訴、気圧の変化で頭痛を訴える方、原因不明の不登校のなどの症状のある方、漢方で言う未病の状態に効果があると思われます。

難治性の神経症圏の患者さんはほぼ80%以上の方が点鼻薬の痛みを訴えられ、痛みが減るにつれて上記の症状他、精神症状も改善してきます。

おそらく、上咽頭の炎症症状が免疫系とHPA系を介して自律神経系に関与していることから、消炎の結果、直接的、間接的に脳の負担を減らすことで精神症状を改善するようです。

このように、Bスポット療法はさまざまな不定愁訴や、鼻炎、鼻づまり、耳管開放症や耳管狭窄症といった耳管系のトラブル、自律神経失調症、慢性疲労症候群、難治性の神経症、自己免疫疾患などに効くとされているのです。

とはいえ、魔法の治療法かというとそんなことはなくて、注意点がいろいろあります。

さまざまな注意点

3つの注意点を挙げたいと思います。

1.初回は死ぬほど痛い

Bスポット療法の治療に通っている個人のブログを見ると、必ず書かれているのが、初回は死ぬほど痛いということです。その表現は千差万別ですが、痛くないという人はまず見かけません。

鼻咽腔治療について|青山セントラルクリニック 武蔵小山駅 はてなブックマーク - 鼻咽腔治療について|青山セントラルクリニック 武蔵小山駅

症状の強い方ほど、強い痛みが生じ、綿棒に血がついたり、鼻水が多くでたり、頭痛がしたり、アトピーの方は一時的に皮膚症状がひどくなることがあります。
しかし、治療後数時間は痛いものの、その後で症状が改善するケースが多くみられます。「鼻が通るようになった」「肩が軽くなった」 「目のかすみがとれた」と言う方もいます。

Bスポット療法を実施する医師によると、初回に痛みが強く、血が多く出るほど炎症している証拠であって、治療の効果も期待できると言われています。

痛みは、炎症が治まるにつれて、徐々に引いていくそうです。炎症が取れれば、Bスポット療法をしてもまったく痛みを感じなくなるという人もいます。

中には、この痛みに配慮してくださる医師もいるようで、先に挙げた大阪の田中耳鼻咽喉科では次のような取り組みがされています。

月刊 「医薬経済」連載記事ご紹介/① Bスポット療法にEBMを|荒川区の歯科・歯医者なら、相田歯科クリニック はてなブックマーク - 月刊 「医薬経済」連載記事ご紹介/① Bスポット療法にEBMを|荒川区の歯科・歯医者なら、相田歯科クリニック

田中氏が行っているBスポット療法は、塩化亜鉛を使用する。

1%塩化亜鉛と滅菌精製水で0.2%に希釈したものの2種類を使い分け、当初からBスポット療法を希望する患者には1%塩化亜鉛を使用する場合もありますが、多くの場合は0.2%希釈液を使用し、治療を続けるうちに出血せず痛みを伴わなくなってから1%に切り替えます。

治療に伴う痛みを軽減し、Bスポット療法を普及させるための配慮でもあるわけです。

2.かなり長い間通い続ける必要がある

田中耳鼻咽喉科の説明によると、Bスポット療法は週に1~2回で、「15~16回程度を目安」に行うとされています。別の耳鼻咽喉科では、炎症が強い場合は、週に1~2回のペースで、合計10回程度の治療回数が必要とされています。

週に1-2回の通院で10回以上ですから、1ヶ月~数ヶ月は定期的に通う必要がある、ということになります。

このように長期戦を覚悟しなければならないため、たとえば地元にBスポット療法を実施しているクリニックがないため、遠くの病院を受診するのは得策とはいえません。

3.再発しやすい

残念ながら、Bスポット療法によって治療する上咽頭炎は、再発しやすいそうです。

岡山県 岡山市 みやはら耳鼻咽喉科 Bスポット療法 はてなブックマーク - 岡山県 岡山市 みやはら耳鼻咽喉科 Bスポット療法

鼻の奥、のどちんこの上に上咽頭(じょういんとう)という部分があります。ここは呼吸をする時に一番始めに空気が体内に入ってくるところなのです。そのため、外部からのホコリやばい菌の影響を受けやすく、たびたび炎症(赤く腫れること)を起こしたりするのです。

この記述から分かるとおり、この部分は炎症が起きやすい場所です。はっきりしたことはわかりませんが、いろいろな記述を読んでいると、むしろ炎症が起こっていないほうが珍しいのでは?と疑問を感じることもあります。

体験者のブログなどを見ても、しばらく通って治したけれど、期間が空くとまた同じ症状が出てきたというような話もありました。

個人的には、もし上咽頭炎が治っている状態を持続させたいなら、ずっと耳鼻科に通ってBスポット療法を続ける必要があるのではないだろうか、という感想を持ちました。

Bスポット療法で慢性疲労症候群は治るのか

わたし自身、いろいろ興味を持ってBスポット療法について調べてみましたが、慢性疲労症候群に効果があるのか、という点になるとよくわかりません。

少なくとも調べた範囲では、Bスポット療法で慢性疲労症候群が治った、という報告は見かけませんでした。

Bスポット療法を始めたというブログ記事はあっても、経過報告がなく、治っていないようなブログはちらほらありました。

また、喉の痛みなど、一部の症状は良くなったものの、慢性疲労そのものは残っているような人も見かけました。病気の原因を治療しているのではなく、あくまで症状の一つに対処療法を行っているだけではないか、という印象があります。

不登校に効くという記述は、Bスポット療法の成果なのかどうかはわかりません。

いずれにしても、論文や統計があるわけではないので、過度な効果は期待しないほうがよいかもしれません。

しかし、アレルギー性鼻炎や、後鼻漏、耳管狭窄症・耳管開放症などの耳鼻科系疾患を持っているのなら、それらの不快感を治すために試してみる価値はあるのかもしれません。

▼2016/06追記
堀田修先生らによる論文、内科疾患における上咽頭処置の重要性: 今, またブレイクスルーの予感 で、正式に慢性疲労症候群などの機能性身体症候群に効果がみられる、ということが発表されていました。

この論文の中では、いわゆる機能性身体症候群(FSS)としてくくられる慢性疲労症候群、線維筋痛症、化学物質過敏症、過敏性腸症候群、心的外傷後ストレス障害、過換気症候群、月経前症候群、顎関節症などの病気で慢性上咽頭炎が見られ、Bスポット療法などによる治療で改善すると書かれています。

中でも慢性疲労症候群, 過敏性腸症候群などの機能性身体症候群における慢性上咽頭炎の関与は重要であり, 充分な上咽頭処置により全身症状の軽快が得られることが多い.(p99)

また、近年医学界で大きな論争を巻き起こしている子宮頸がんワクチン副反応とされる症状についても、上咽頭炎を介した全身症状であるとする独自の解釈が展開されています。

副反応の患者に例外なく激しい慢性上咽頭炎を認め,上咽頭炎改善に伴い症状が軽快する事実は慢性上咽頭炎がHPVワクチン副反応と密接な因果関係にあることを示唆している.(p101)

そして、今後、慢性疲労症候群や過敏性腸症候群では上咽頭炎の治療が根本治療として認められるのではないか、という大胆な見通しまで展開されています。

耳・鼻・咽頭という既存の常識の枠を越え,全身を咽頭とのつながりから俯瞰することにより,様々な疾患の本質にたどりつくことが期待される.慢性疲労症候群や過敏性腸症候群が疑われたら,先ず耳鼻咽喉科医に紹介される日がいずれ到来するかも知れない.(p105) 

正直なところ、どの程度まで真に受けてよいのか慎重にならざるを得ない内容です。

上咽頭炎を治療すれば症状が改善するというエビデンスがあるのであれば、強い痛みを伴い、再発も生じうる前時代的なBスポット療法に代わって、もう少し近代的な方法が開発されてもよさそうな気がします。

興味深い治療法ではあるので、もう少し系統立った調査研究や、上咽頭炎を治療するBスポット療法以外の方法の開発などが進んでほしいと思います。

▼関連書籍
Bスポット療法(鼻咽腔クロールチンク塗布療法)について書かれている関連書籍には以下のようなものがあります。

まずこちらは、Bスポット療法の発案者である、東京医科歯科大学耳鼻咽喉科の、故堀口申作先生による著書です。

 

次に挙げるのは、IgA腎症をBスポット療法で治療しておられる堀田修クリニック-HOC-の堀田修先生のものです。

もう一冊、内容は確認していませんが、AmazonでBスポット療法について検索すると、大阪府守口市きたにし耳鼻咽喉科の北西剛先生の本が出てました。北西先生もBスポット療法を行っておられます。

 

 

主に個人で上咽頭炎を対象とした鼻うがいを行う場合、痛みの少ないミサトール リノローションというものがあるそうです。

リノローション詳細│AdaBio株式会社リノローション詳細 はてなブックマーク - リノローション詳細

 

スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク