【5/25】NHKあさイチ!でカサンドラ症候群の特集「どう向き合う?夫の発達障害」

Pocket

2015/5/25(月)午前8:15-9:54のNHK総合「あさイチ!」で、「どう向き合う? 夫の発達障害」が扱われるそうです。番組解説は以下のようになっています。

どう向き合う? 夫の発達障害|NHK あさイチ はてなブックマーク - どう向き合う? 夫の発達障害|NHK あさイチ

「夫婦間の意思疎通がうまくいかない」、「職場でのトラブルが絶えない」などの理由から、「夫は『発達障害(アスペルガー症候群やADHD、学習障害などの総称)』ではないか?」と悩む女性が増えています。

背景には、発達障害の認知度が高まり、意思疎通や、ものごとを計画的に進めることが難しいという障害の特徴が徐々に知られるようになったことがあります。

ことしは「発達障害者支援法」施行10年という節目。「支援センター」への相談件数は4倍に増加しました。

そうした中、アスペルガー症候群と診断された夫をもつ妻が描いた漫画が、10万部売れるベストセラーになったり、妻どうし、あるいは夫婦がそろって参加する自助グループが誕生したり、「発達障害」に関わる動きが広がりつつあります。

同時に、検診などにより早期発見を目指す取り組みも各地で始まっています。発達障害についての最新状況や、周りはどのようにして接すればよいのかを、妻、当事者などの取材を通じてお伝えします。

アスペルガー症候群の夫を描いた漫画、というのは、野波ツナさんの「旦那(アキラ)さんはアスペルガー」シリーズと思われます。

2014年には、ご自身のカサンドラ症候群についての漫画も書いておられます。カサンドラ症候群とは、アスペルガーの夫を持つ妻に生じる心身の不調のことです。

カサンドラとは、ギリシャ神話に登場する、だれからも信じてもらえない王女のことであり、だれからも正当性を認めてもらえないアスペルガーの夫を持つ妻の訴えを比喩的に表わしています。

今回の番組は、発達障害の夫ではなく、カサンドラ症候群の妻に焦点を当てた内容になるのかもしれません。

カサンドラ症候群とは? (放送後追記)

番組では、カサンドラ症候群の特徴について、次のような内容が扱われました。

■自分のせいではないとわかった
2年前にASDと診断された夫と、4人の子どもと暮らす女性は、夫の言動に傷ついてうつ病を発症。しかし夫にASDという診断が下ったことで、「原因が自分にあったわけではなかった」と、悩みから抜け出すことができた。

■カサンドラ症候群とは
2008年にイギリスのカウンセラー、マクシーン・アストンとオーストラリアのトニー・アトウッドが論じた概念。ASDの特徴である「共感性の欠如」に日常的に接し続け、そのことを他人に話しても理解してもらえない苦しさで、パートナーが心身を病んでしまう状態。

■コミュニケーションの仕方
「夫へのお願いを明確な言葉で伝えること」。何を、いつまでに、どの程度やっておいて欲しいのか、期待をするのではなく、明確に「お願いする」。

■役割分担
全体のスケジュールや柔軟に判断する必要があるものに対しては妻が担当し、手順が決まっている書類作成などの細かい作業については 夫が担当する。

■発達障害の原因
睡眠時の「脳波」を測定する方法などの研究が進んでいる。感情の 抑制や物事に集中するときに働く前頭葉の神経に異常をきたしている場合が多い。その結果、通常の睡眠状態を得にくくなり、衝動性や不注意 など、発達障害の特性が強く出てしまう。

■ゲストとして出演したモデルの栗原類の発達障害
米国に住んでいた8歳の時にADDと 診断された。人に合わせられず、決め事やこだわりが強い。家を出る時間をぴったり決める。冷蔵庫の中で、いつもお茶が置いてある場所に違うものがあると気持ち悪くなって置き直してしまう。栗原は、後ろ向きな発言に終始する“ネガティブ過ぎるモデル”としてブレーク。(個人的にはこの話はアスペルガーっぽい気がしますが…)

番組の内容はこちらにまとめられています。

どう向き合う? 夫の発達障害 【番組冒頭】コーヒーは体にいい!? |NHK あさイチ はてなブックマーク - どう向き合う? 夫の発達障害 【番組冒頭】コーヒーは体にいい!? |NHK あさイチ

栗原類、発達障害を告白 8歳の時に判明「人に合わせられない」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 はてなブックマーク - 栗原類、発達障害を告白 8歳の時に判明「人に合わせられない」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

栗原類、注意欠陥障害を番組で生告白/芸能/デイリースポーツ online

夫が自己愛性人格障害の場合

番組の内容とは関係ありませんが、夫がアスペルガーではなく、自己愛性人格障害の場合にも、妻や子どもが心身の疾患を抱える事例が報告されています。こちらは「自己愛性パーソナリティ障害代理症」と呼ばれています。

自己愛性パーソナリティ障害代理症―人をモノ扱いする夫を持つ妻と子どもの苦痛
さまざまなパーソナリティ障害を説明している本、「パーソナリティ障害とは何か」から、自己愛性パーソナリティ障害の特徴や、その周りの人が抱え込む苦痛への対処法について解説しています。

以下の記事で説明したとおり、アスペルガー症候群の人は、自己愛性パーソナリティ障害の人と一部の特徴が表面的には似通っているように見えるため、「カサンドラ症候群」だと思っていたのが、実は「自己愛性パーソナリティ障害代理症」だったということがあるかもしれません。

なぜアスペルガーの人は尊大で怒りやすく見えるのか―人格障害との違い
精神科医の岡野憲一郎のブログで、アスペルガーの自己愛傾向や、さまざまなパーソナリティ障害との違いが説明されていました。
スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク