大阪市大、高濃度水素水に抗疲労効果があることを発表


康科学イノベーションセンターや大阪市立大学によると、抗疲労製品の臨床評価ガイドラインに従い、高濃度水素水「水素たっぷりのおいしい水」に、日常生活の抗疲労効果が認められたことが、「第11 回 日本疲労学会」で発表されたそうです。

“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証 — 大阪市立大学 はてなブックマーク - “高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証 — 大阪市立大学

高濃度水素水に日常生活の疲労を改善する効果があることを確認―大阪市大 | サイエンス - 財経新聞 はてなブックマーク - 高濃度水素水に日常生活の疲労を改善する効果があることを確認―大阪市大 | サイエンス - 財経新聞

この調査は、健康な人26名(女性13名、男性13名、34.4±9.9歳)を対象としたものだそうですが、4週間の期間、それぞれ高濃度水素水と、水素を含んでいない同組成の水を飲んでもらい効果を比較しました。

すると、次のような効果が出たそうです。

■睡眠の質改善、メンタルヘルス改善
…ピッツバーグ睡眠質問票による睡眠の質が改善

■安静時の交感神経の抑制
…疲労度計を用いた自律神経機能検査で交感神経が低下

■意欲向上
…認知機能検査の反応速度が早くなった。

あくまでも日常生活の疲労を対象とした研究であって、病的な疲労に効くかどうかはわかりませんが、水素に抗疲労効果があるというのは興味深いですね。

この水素水はメロディアン株式会社の商品だそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
archives