子どものADHD、自閉スペクトラム症の症状には親の心理的状態も関係


どもの注意欠如多動症(ADHD)および自閉スペクトラム症(ASD)の症状のレベルと、親の心理的状態が関係しているという研究結果が出ていました。

発達障害には遺伝的要素が大きいのは事実ですが、親の態度という環境要因も症状を和らげる上で大切だといえるようです。

母親の自尊心が高いと子どものADHDの症状が少なかった - MEDLEYニュース はてなブックマーク - 母親の自尊心が高いと子どものADHDの症状が少なかった - MEDLEYニュース

自閉症スペクトラム障害児と両親の心理的状態が連動していることを解明! | 金沢大学 はてなブックマーク - 自閉症スペクトラム障害児と両親の心理的状態が連動していることを解明! | 金沢大学

はじめの研究では、母親の自尊心が高い親子では、子どものADHDの症状のうち、注意欠如行動が少ない傾向があったとされています。

後者では、ASDの子どもの社会性が改善している場合に,両親の共感指数も向上していて、子どもの社会性が低下している場合には、両親の共感指数も低下していることが示されました。

もちろん、これらの研究は、以前言われていたような「冷蔵庫マザー説」、発達障害の子どもの親は愛情が少ないといった荒唐無稽な話を裏づけるものではありません。

むしろ、たとえば障害のある子どもを持つ家庭の場合、両親の自尊心や共感性が子どもを支え、過ごしやすくするように、ADHDやASDの子どもの場合でも、親の態度が影響する、という当たり前のことを述べている気がします。

ADHDやASDの子どもが、まったく親の働きかけに反応せず、どうにもならないロボットのようなものなのではなく、親の自尊心に応じて愛着を向けたり、共感性に応じて不自由なりとも反応してくれるのだ、という励みになる点を示した研究なのではないかと思います。

また、ADHDやASDの子どもを持つ家族への援助も大切である、ということを示しているのではないでしょうか。

発達障害に関する金沢大学のその他の研究についてはこちらもご覧ください。

「自閉症という謎に迫る 研究最前線報告」の5つのポイント
「自閉症という謎に迫る 研究最前線報告 (小学館新書)」という本を読みました。金沢大学子どものこころの発達研究センターという公的機関に所属する幾人もの研究者によって書かれています。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ADHD(注意欠如多動症) / ASD(自閉スペクトラム症)