抗がん剤のリツキシマブで慢性疲労症候群(CFS)の症状が緩解―ノルウェーの研究

Pocket

前から、抗がん剤のリツキシマブが慢性疲労症候群(CFS)に効果があるとしてノルウェーで研究されているという情報がありましたが、最近の進展に関するニュースが翻訳されていました。

【科学ニュース】抗体の消滅で慢性疲労症候群が緩解 | お知らせ | 科学検定 はてなブックマーク - 【科学ニュース】抗体の消滅で慢性疲労症候群が緩解 | お知らせ | 科学検定

Antibody wipeout found to relieve chronic fatigue syndrome - health - 01 July 2015 - New Scientist

リツキシマブでCFSが長期間緩解

CFSの症状がある29人を含む最新の研究では、リツキシマブを繰り返し投与したところ、リツキシマブの服用開始から4~6カ月後に緩解し始め、対象患者18人のうち11人は、3年たってもまだ緩解期で、一部は5年後の今でも症状が出ていないそうです。

この成果からすると、CFS患者の少なくとも一部は、(感染症などが原因で)、体内に破壊的な自己抗体が生じることが原因なのかもしれないと書かれています。

現在、対照群を伴う150人規模の研究が進行中だそうです。

詳しい体験談は元記事をご覧ください。

日本でも用いられている抗がん剤

リツキシマブは、日本ではリツキサンという名前で、抗がん剤として使用されています。

今のところ適応があるのは悪性リンパ腫で、2013年1月には、自己免疫性疾患である「発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症;GPA)」と「顕微鏡的多発血管炎(MPA)」(いずれもANCA関連血管炎)、2014年8月には、腎臓の病気である「難治性のネフローゼ症候群(頻回再発型あるいはステロイド依存性を示す場合)」に対しても効能が追加されたそうです。

こうした異なる分野の薬が慢性疲労症候群に効果があることが発見されたのは意外に思えます。そもそも、ノルウェーでリツキシマブが注目されたのは、がん治療を受けたCFS患者の改善したという偶然からでした。

今回の記事では、アメリカの専門医のナンシー・クリマス(Nancy Klimas)氏などもノルウェーの研究に注目していると書かれているので、治験の結果によっては各国も動くのかもしれません。続報が気になります。

リツキシマブの慢性疲労症候群に対する効果については、戸田克広先生のブログでも、以前に紹介されていたのでリンクを貼っておきます。

慢性疲労症候群での生物製剤の効果 : 腰痛、肩こりから慢性広範痛症、線維筋痛症へ           ー中枢性過敏症候群ー  戸田克広 はてなブックマーク - 慢性疲労症候群での生物製剤の効果 : 腰痛、肩こりから慢性広範痛症、線維筋痛症へ           ー中枢性過敏症候群ー  戸田克広

スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク