多発性硬化症(MS)の原因にはエプスタイン・バーウイルスや遺伝的なビタミンD欠乏が関係

Pocket

発性硬化症(MS)についてのニュースがいくつかあったので、まとめておきます。

原因として、エプスタイン・バーウイルスや、遺伝的ビタミンD欠乏が関係しているというニュースと、小児患者で定期的な運動が効果的だったというニュースです。

多発性硬化症(MS)は視神経や脊髄の神経線維を覆うカバーであるミエリンが炎症で壊れ、電気信号がもれることで生じる病気で、若い人によく見られます。わたしの知り合いにも多発性硬化症の人がいます。

症状は多彩ですが、そのうちの一つに極度の疲労があり、外国では、慢性疲労症候群とよく似ている病気の一つに挙げられることもあります。

CFSと似ている外見では分からない難病 多発性硬化症(MS)
海外でときおり慢性疲労症候群(CFS)と比較される多発性硬化症(MS)について、最近のニュース記事をまとめています。

エプスタイン・バーウイルスが関係

大阪大学とハーバード大学によると、免疫疾患のモデルマウスでは、エプスタイン・バーウイルス(EBV)が作り出すたんぱく質(LMP2A)によって、異常な免疫細胞が増え、その一部が自分の体の組織を攻撃していることが確認されたそうです。

エプスタイン・バーウイルスは幼少期に感染して、成人の9割以上が感染していますが、ほとんどは無症状か軽症です。

しかし、「全身性エリテマトーデス」や「多発性硬化症」などの自己免疫疾患を引き起こすこともあるとされていて、今回の実験では、それが確証されました。

この前読んだ寄生虫なき病では、感染する時期の問題ではないかとされていましたね。

つまり、子どものころの柔軟な免疫機構がエプスタイン・バーウイルスに接すると、免疫寛容のため問題が起こりませんが、成長してから初めてエプスタイン・バーウイルスに出会うと、対処法が分からず、自己免疫疾患になるのではないかと。

エプスタイン・バーウイルスは慢性疲労症候群との関係が疑われることもありました。

成人の9割感染「EBウイルス」、免疫疾患起こす原因たんぱく特定 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) はてなブックマーク - 成人の9割感染「EBウイルス」、免疫疾患起こす原因たんぱく特定 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ほとんどの成人が感染している「EBウイルス」、重い免疫疾患を起こすウイルスタンパク質を特定 | バイオの杜

はてなブックマーク - ほとんどの成人が感染している「EBウイルス」、重い免疫疾患を起こすウイルスタンパク質を特定 | バイオの杜免疫疾患の原因たんぱく特定、阪大と米チーム : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) はてなブックマーク - 免疫疾患の原因たんぱく特定、阪大と米チーム : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

【坂口至徳の科学の現場を歩く】誰もが感染ヘルペス…EBウイルスの因子を解明 阪大、自己免疫疾患の治療に道(1/2ページ) - 産経WEST はてなブックマーク - 【坂口至徳の科学の現場を歩く】誰もが感染ヘルペス…EBウイルスの因子を解明 阪大、自己免疫疾患の治療に道(1/2ページ) - 産経WEST

ビタミンDが少ないと発症しやすい?

別のニュースでは、カナダ・マギル大学によると、多発性硬化症の患者1万4498人と健康な人2万4091人のデータを照らし合わせる大規模解析で、ビタミンDの量が遺伝的に欠乏していると多発性硬化症の発症率が二倍になることが明らかになったそうです。

これまでの研究では、室内で過ごすことが多かったりして、太陽光を浴びる機会が少ないと、ビタミンDの欠乏が生じ、多発性硬化症が引き起こされるという見方もありました。

しかし今回の研究では、多発性硬化症に先立つビタミンDの欠乏が、生活習慣の問題ではなく、遺伝的な問題だとわかったそうです。

もともと遺伝的にビタミンDが欠乏している人が、サプリメントなどでビタミンDを補うことで多発性硬化症の発症を抑えられるのかどうかは、今後の臨床試験の結果待ちとのこと。

ビタミンD欠乏で多発性硬化症のリスク増、遺伝学研究で確認 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News はてなブックマーク - ビタミンD欠乏で多発性硬化症のリスク増、遺伝学研究で確認 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

子どもの多発性硬化症には運動が効果的

最後に、全文は読めなかったのですが、米国神経学会(AAN)によると、定期的に運動をしている子どもの多発性硬化症(MS)患者では疾患活動性が低いという研究も出ていました。

小児MSでは運動が疾患活動性を抑制【米国神経学会】 T2領域小さく再発も少ない│m3.com

多発性硬化症の原因や発症メカニズムが早く明らかになって、効果的な治療法が見つかってほしいですね。

多発性硬化症は、落語家の林家こん平さんが闘病しておられることで有名です。

スポンサーリンク
Pocket

▼こちらの記事もおすすめです


スポンサーリンク