【11/3】「脳科学から見た子ども虐待」タイチャー先生の国際交流講演会(福岡市)


岡市の福岡女学院大学で、2015/11/3に、マーチン・H・タイチャー(Martin.H.Teicher)先生による「脳科学から見た子ども虐待」という国際交流講演会が催されるそうです。

【発達教育学専攻】専攻開設記念国際交流講演会のお知らせ|News&Events|福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部

ハーバード大学医学部のタイチャー先生というと、このブログでも取り上げた、いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳を福井大の友田明美先生と執筆された方で、脳科学から見た子ども虐待の研究の第一人者です。

子ども虐待の脳科学は、虐待やネグレクトによる愛着障害第四の発達障害や、後遺症として残ることもある境界性パーソナリティ障害とも関係しています。

講演会のチラシには次のように解説されています。

これまで虐待の影響は主に心理的な問題と考えられてきました。

しかし近年、虐待が子どもの脳に対し、重篤な影響を及ぼすことが示されてきました。

子どもの脳は身体的な経験を通して発達していきます。

この脳の発達に重要な時期に虐待を受けると、厳しいストレスにより脳の構造や機能に消すことのできない傷が刻み付けられてしまうといいます。

この衝撃的な事実の解明に、先駆的な役割を果たしてきた研究者であるタイチャー氏を講師に招き、講演会を開催致します。

この講演会はFOUR WINDS乳幼児精神保健学会特別セミナーであり、青森県で行われる学術集会とともに福岡市でも講演していただくことになりました。

日時や費用などの詳細は以下のようになっています。

開会:2015年11月3日(火)13:30〜
場所:福岡女学院大学 ギール記念講堂(福岡市南区3-42-1)
定員:500名
参加費:無料

申し込みは上記のサイトからどうぞ。 チラシには、申し込み方法や交通アクセスなども書かれています。

いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳に関するこのブログでのまとめはこちらです。

だれも知らなかった「いやされない傷 児童虐待と傷ついていく脳」(2011年新版)
子どもの虐待は、近年注目を浴びるようになって来ました。しかし、虐待が脳という“器質”にいやされない傷を残すことを知っている人はどれだけいるでしょうか。友田明美先生の著書「いやされな
スポンサーリンク

スポンサーリンク
愛着障害